Latest news

アドマイヤムーン産駒、ラヴアンドポップが東京ハイジャンプ (J・G2) に勝利!

スプリンター種牡馬として、その名を馳せるアドマイヤムーン。一方で、産駒は障害レースでも活躍するなど、多彩な才能をみせている。週末のJRA開催ではラヴアンドポップが東京ハイジャンプ (J・G2) に勝利し注目を集めている。 10月17日 (日)、東京競馬場で開催された東京ハイジャンプ (J・G2・障害芝3110m) に出走したラヴアンドポップ。前走の東京ジャンプステークス (J・G3) 勝利以来、1年4か月ぶりの長期休養明けとなったラヴアンドポップだったが、スタート後程なく好位につけレースの流れに乗ると、第一障害の飛越を終えた後には、逃げ馬を前に見る2番手でレースを運ぶ。道中もぴったりと折り合ったラヴアンドポップは、持ち前の飛越センスの高さを発揮して難所を次々とクリアし2番手のまま3コーナーを回る。4コーナー手前で後ろからの人気馬に進出を許しながらも、ロスなくコーナーを回った本馬は、最終障害を無難に飛越すると内目から力強く末脚を伸ばし、逃げ切りを図る先行馬との壮絶な叩き合いに持ち込み、交わし切ったところがゴール。1年4か月の長期休養明けを全く感じさせない安定したレース運びで、見事東京ハイジャンプ (J・G2) を制した。 レース間隔が大きく開いたが、東京ジャンプステークス (J・G3)、東京ハイジャンプ (J・G2) と障害重賞を連勝したラヴアンドポップ。確かな能力を示した本馬が今後の障害レース界を牽引し、アドマイヤムーンの新境地を開いてくれそうだ。 ラヴアンドポップは母ラヴィングプライド、母の父Quiet Americanという血統の8歳牡馬。本馬の母ラヴィングプライドはスプリントからマイル路線で活躍、2002年のオマール賞 (G3)、ヤコウレフ賞 (L) など に勝利している。 本馬の半兄にはJRA4勝のエンキンドルがおり、また姪のランドネは現役のJRA3勝馬で福島牝馬S (G3) 3着、愛知杯


アメリカンペイトリオット産駒、ボンクラージュが新馬戦を逃げ切りで快勝!

産駒のブレスレスリーが新馬戦に勝利、産駒JRA初出走初勝利という快挙を成し遂げ、一躍脚光を浴びることとなったアメリカンペイトリオット。週末のJRA開催では、ボンクラージュがスピードの違いで新馬戦に快勝し、その注目度はさらに加速しそうだ。 8月1日 (日)、新潟競馬場で開催されたメイクデビュー新潟 (2歳・新馬・芝1600m) に出走したボンクラージュ。 外枠からスタートを決めたボンクラージュはテンのスピードを生かして先頭へ。自らのペースでレースの主導権を握ったボンクラージュは、絶好の手応えで最終コーナーを周り直線へ。長い新潟の直線をものともせず、しっかりとした脚取りで駆け抜けたボンクラージュは、残り200m手前で後続が迫るとそこから鞍上のムチに鋭く反応。さらに脚を伸ばし、最後は2着に2馬身半差を付ける危なげないレース内容で勝利、見事デビュー勝ちを収めた。 ボンクラージュは母レアファインド、母の父ステイゴールドという血統の2歳牝馬。母レアファインドはJRA勝ち馬、本馬の叔母には2012年のアルテミスS (L) に勝利し、阪神ジュベナイルフィリーズ (G1) 4着のコレクターアイテムがいる。ボンクラージュは母の初仔。なお、本馬は今年の5月21日に開催された千葉サラブレッドセールで2,123万円で取引されていた。 ステイゴールド肌から生まれたボンクラージュ。先日新馬戦に勝利したブレスレスリーもサンデーサイレンスを内包した繁殖牝馬から生まれており、サンデーサイレンス系牝馬との好相性をうかがわせる結果となった。 ボンクラージュ (2019年生・牝・黒鹿) 父アメリカンペイトリオット 母レアファインド 母の父ステイゴールド 馬主 落合 幸弘 様 美浦 矢野 英一 厩舎 千歳市 社台ファーム 生産 アメリカンペイトリオットはアメリカのトップクラスサイアー、ウォーフロントが送る、才能溢れるG1ウィナー。 3歳時にケントS (G3) を制覇し、4歳時にメーカーズ46マイルS (G1) を制覇。


パイロ産駒、ケンシンコウがジュライS (L) に勝利、メイショウハリオは新たなステークスホースに。

ダートで確固たる実績を誇るパイロ。ジュライS (L) で産駒のケンシンコウが勝利。2着にもパイロ産駒のメイショウハリオが入り、パイロ産駒のワンツーフィニッシュとなった。 7月17日 (土)、福島競馬場で開催されたジュライS (L・ 3歳上・ダート1700m) に出走したケンシンコウ。スタート後、先頭集団を前に見ながら中団前目で気分良く自らのペースで道中を運んだケンシンコウは、3コーナー入口でスパートすると、一気に先頭集団に取り付いて最終コーナを回り直線へ。直線では馬の間を割って抜け出すと、そこからさらに一段と加速して一気に後方を引き離す圧巻のレースぶりを見せたケンシンコウは、後続に5馬身差をつけ勝利した。 また、2着には外から追い込んだメイショウハリオが入り、パイロ産駒のワンツーとなった。このレースで昨年のレパードS (G3) 以来となる復活勝利をあげたケンシンコウ。そして2着のメイショウハリオは、パイロ産駒の新たなステークスホースとなった。 ケンシンコウは母マトゥリアルカ、母の父クリプティックラスカルという血統の3歳牡馬。母マトゥリアルカは3歳から7歳までに47戦し南関東で10勝を上げている。 ケンシンコウ (2017年生・牡・鹿) 父パイロ 母マトゥリアルカ 母の父クリプティックラスカル 馬主 天野 克彦 様 美浦 小西 一男 厩舎 新ひだか町 静内山田牧場 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。2020年、ダートサイアーランキングで5位、現役種牡馬としては3位。デビュー7世代の合計勝ち馬率は、脅威の78%。 まさに、次世代をリードするスタリオン、パイロ。


アメリカンペイトリオット産駒が、JRAにおいて初出走、初勝利!

今年、初年度世代が待望のデビューを迎えたアメリカンペイトリオット。 アメリカを拠点とし、世界中の芝レースで活躍馬を送る名種牡馬ウォーフロントの後継種牡馬として日本に輸入された本馬。産駒が日本においてどのような走りをするのか多くの関係者が注目する中、週末はJRAにおける初の出走産駒として、ダーレー生産のブレスレスリーがデビュー。好スタートから抜群の二の脚でハナに立ちレースのペースを握ると、直線に入ってもその脚色は衰えず、後続から迫りくる人気馬勢を難なく振り切り、最後は2着に1馬身と1/4差を付け勝利。初のJRA出走馬が新馬勝ちを収めるという快挙を成し遂げた。 ブレスレスリーは母ハッシュ、母の父コマンズという血統の2歳牝馬。母ハッシュは特別2勝を含めJRAで4勝。祖母のサイレントはサンデーサイレンス産駒の勝ち馬で、愛オークス (G1) などに勝利した名牝Alydaressの血を引いている。 ファーストシーズンサイアーとして、早くも勝ち馬を送り出し、日本競馬への適性を披露したアメリカンペイトリット。これからデビューを控える中にも早くから評判となっている産駒が多数おり、その活躍に目が離せない。また、ブレスレスリーにも認められるが、本種牡馬を配合する際のポイントとなるサンデーサイレンスとのニックス性にも期待したい。 ブレスレスリー (2019年生・牝・芦) 父アメリカンペイトリット 母ハッシュ 母の父コマンズ 馬主 ゴドルフィン 栗東 藤岡 健一 厩舎 日高町 ダーレー 生産 アメリカンペイトリットはアメリカのトップクラスサイアー、ウォーフロントが送る、才能溢れるG1ウィナー。 3歳時にケントS (G3) を制覇し、4歳時にメーカーズ46マイルS (G1) を制覇。 母はドバイワールドC勝ち馬ウェルアームドの全妹で、ファミリーには日本の年度代表馬、種牡馬としても大成功を収めたシンボリクリスエスが名を連ねる。 2021年、初年度産駒がデビュー。


タワーオブロンドン供用開始、およびダーレー種牡馬2021年度種付料のお知らせ

 ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は2021年シーズンに、スプリンターズS (G1) の覇者タワーオブロンドンをラインナップに加えた全11頭の種牡馬をご提供いたします。  タワーオブロンドンは、早い時期から頭角を現し2歳時に京王杯2歳S (G2)、3歳時にアーリントンC (G3) を制覇するなどマイル路線を中心に活躍。4歳になると京王杯スプリングC (G2)、セントウルS (G2) を共にレコード勝ちし、スプリント戦への高い適性を示しました。そして、スプリンターズS (G1) では、後方から鋭い脚で他馬を交わし去り優勝。トップスプリンターへと昇り詰めました。本馬は、競走成績のみならず血統背景も優秀で、名牝ドフザダービーに辿り着く世界的なファミリーラインに属しています。種牡馬として重要な要素を兼ね備えた本馬の種付料は、150万円となります。  次世代を担うダートサイアーに君臨する パイロ、ドバイワールドC連覇などG1・4勝、初年度から優秀な繁殖牝馬を集めたサンダースノー、そして初年度産駒が高評価を得た短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。ディープインパクトのファミリーに属するBCターフ (G1) 覇者 タリスマニックは180万円。来年デビューを迎える初産駒の評判が日々高まるアメリカンペイトリオット、本邦初産駒が順調に勝ち上がるディスクリートキャットは、150万円です。3歳馬にしてエクリプスS (G1) を制覇、ドバイシーマクラシック (G1) では圧巻の逃げ切り勝ちで世界を驚かせたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々評価を上げる フリオーソ、秀でたスピードと瞬発力を産駒に伝えるアドマイヤムーンは、それぞれ100万円。そして、数少ない産駒の中から大物を送り出すモンテロッソが50万円となります。


フリオーソ産駒、タイキフェルヴールが師走ステークスを快勝しリステッドウィナーに

毎世代、多数の2歳勝ち馬を送り出し続け、年々ダート界での存在感を高めているフリオーソ。週末のJRA開催では産駒のタイキフェルヴールがリステッドレースを快勝し、本産駒として5頭目のブラックタイプホースとなった。 12月12日 (土)、中山競馬場で行われた師走ステークス (L) (3歳上・ダート1800m) に出走したタイキフェルヴール。1年半にわたる長期休養を経て、叩き2戦目となった本馬はスタートで後手を踏み後方からのレースに。16頭立ての最後方で1コーナーを周ったタイキフェルヴールは、向こう正面残り1000m付近から位置取りを徐々に押し上げると、3コーナーから4コーナーにかけ抜群の手応えで外から一気に進出。直線に入るとさらに加速し、圧倒的な末脚で他馬をまとめて交わし去り優勝。上がりタイムは、他馬よりも0.5秒以上速い37.3秒。3歳時にはUAEダービーに出走するなど期待された大物が、メンバー最速の末脚を繰り出す完璧な内容で、見事復帰を果たした瞬間であった。 タイキフェルヴールは浦河町・ビクトリーホースランチ生産。母アッシュベリー、母の父Any Given Saturdayという血統の5歳牡馬。半姉エヴェリーナはJRAで芝2000mの2歳新馬戦の勝ち馬。曾祖母Cinnamon SugarはロングルックH (G2) 勝ち馬で、エイコーンS (G1)、マザーグースS (G1)、ガゼルH (G1) 2着の実績馬。 タイキフェルヴール (2015年生・牡・栗) 父フリオーソ 母アッシュベリー 母の父Any Given Saturday 馬主 大樹ファーム 様 栗東 牧浦 充徳 厩舎 浦河町 ビクトリーホースランチ 生産


パイロ産駒、ケンシンコウがレパードS (G3) をレコード制覇

3歳ダートクラシック戦線の主役に!

産駒がダート戦線で目覚ましい活躍をみせているパイロ。 週末のJRA開催ではケンシンコウがレパードS (G3) をレコードで勝利し、新たな重賞勝ち馬の仲間入りを果たした。 8月9日 (日)、新潟競馬場で開催されたレパードS (G3・3歳・ダート1800m) に出走したケンシンコウ。前走のユニコーンS (G3) で3着とし、上り調子でこのレースに臨んだ本馬は、最内枠のスタートから自身のスピードを存分に生かしてハナを奪い、レースの主導権を握る。 レース中盤も不良馬場の中を緩みのないペースで後続を引き連れ最終コーナーへ。直線に入り後ろから人気馬が続々と迫ってくるものの、そこからさらに脚を伸ばして突き放し、最後は2着に2馬身半差をつけ圧勝。さらに、勝ちタイムの1.49.2はトランセンドが持っていた記録を0.3秒上回るコースレコードであった。完璧ともいえる内容でパイロ産駒5頭目の重賞勝ち馬となったケンシンコウ。本馬が今年の3歳ダートクラシック戦線において主役となることは疑いようもない。さらに、同レースでは3着にもパイロ産駒のブランクチェックが入り、3歳世代の層の厚さを示す結果となった。 ケンシンコウは母マトゥリアルカ、母の父クリプティックラスカルという血統の3歳牡馬。母マトゥリアルカは3歳から7歳までに47戦し南関東で10勝を上げている。 ケンシンコウ (2017年生・牡・鹿) 父パイロ 母マトゥリアルカ 母の父クリプティックラスカル 馬主 天野 克彦 様 美浦 小西 一男 厩舎 新ひだか町 静内山田牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。デビュー7世代の産駒勝ち馬率は脅威の75%。関係者からの評価と絶大なサポートを受けた近年は中央・地方においてこれまで以上に大物が出現し、種牡馬として次世代のダート界を牽引する存在となっている。


アドマイヤムーン産駒、ラヴアンドポップが東京ジャンプS (JG3) に勝利!

スプリンター種牡馬としての地位を確固たるものにしたアドマイヤムーンであるが、産駒のラヴアンドポップが東京ジャンプS (JG3) に勝利したことで、種牡馬として新たな境地を切り開きつつある。 6月27日 (土)、東京競馬場での東京ジャンプS (JG3・障害3歳上・3110m) に出走したラヴアンドポップ。前走のアクシデントから気持ちを切り替えてレースに臨んだラヴアンドポップは、道中は後方で折り合いをつけ脚をためる競馬に専念し、早いペースで流れるレース展開の中で好機を伺いながら向こう正面へ。徐々に前との差を徐々に詰めて行ったラヴアンドポップは、4コーナーで前を射程圏内に捉え最終障害を飛越すると、自慢の鋭い末脚を発揮し、ゴール前では粘る先行馬を頭差捉えて勝利、前走落馬の鬱憤を見事に晴らした。 2歳の夏に札幌でコスモス賞に勝利し期待されたラヴアンドポップ。平地での重賞制覇には手が届かなかったものの、障害に転向して、1年7ヵ月に渡る長期休養、落馬競走中止などの度重なる挫折を乗り越えつかんだ障害重賞制覇。今回の勝利は自身にとっても、その父アドマイヤムーンにとっても格別であったに違いない。 ラヴアンドポップは母ラヴィングプライド、母の父Quiet Americanという血統の7歳牡馬。本馬の母ラヴィングプライドはスプリントからマイル路線で活躍、2002年のオマール賞 (G3)、ヤコウレフ賞 (L)など に勝利している。 半兄にはJRA4勝のエンキンドル、また姪のランドネは現役のJRA3勝馬で福島牝馬S (G3) 3着、愛知杯 (G3) 3着などの実績を残している。 ラヴアンドポップ (2013年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ラヴィングプライド 母の父Quiet American 馬主 ゴドルフィン 美浦 岩戸 孝樹 厩舎


パイロ産駒、デルマルーヴルが名古屋グランプリ (Jpn2) を制す

抜群の勝ち上がり率とダート適性でこれからのダート界を担いつつあるパイロ。産駒のデルマルーヴルが名古屋グランプリ (Jpn2) に勝利した。 12月19日 (木)、名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ (3歳上・Jpn2・ダート2500m) に出走したデルマルーヴル。近走の実績から1番人気に支持されたデルマルーヴルは、好スタートから5番手で道中を運ぶ。勝負所の最終コーナーを抜群の手応えで外に持ち出したデルマルーヴル。直線では末脚を一気に繰り出し、鮮やかに差し切って勝利した。自身にとって2度目となる重賞勝利を手にしたデルマルーヴル。4歳となる来年はさらなる活躍が期待されるパイロ産駒となりそうだ。 デルマルーヴルは日高町・坂東牧場生産。母カリビアンロマンス、母の父コマンズという血統の3歳牡馬。母カリビアンロマンスはJRA入着、デルマルーヴルは母の初仔。祖母サバナパティーダはウィンザーフォレストS (G2)、チャートウエルS (G3) など重賞3勝、クイーンエリザベス2世S (G1) 3着などの実績がある。 デルマルーヴル (2016年生・牡・青鹿) 父パイロ 母カリビアンロマンス 母の父コマンズ 馬主 浅沼 廣幸 様 美浦 戸田 博文 厩舎 日高町 坂東牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から6世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の77%超えを記録。


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円