Latest news

アメリカンペイトリオット 供用のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社(本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ)は、ウォーフロント(War Front)産駒のG1馬アメリカンペイトリオット(American Patriot)を2018年シーズンより日本で供用することを決定いたしました。 アメリカンペイトリオットは3歳時に、ケントS (G3)をコースレコードで制覇。そして4歳になり本格化を迎えると、キーンランド競馬場の芝1600mを舞台に行われたメーカーズマイルSにおいて、G1勝ち馬のワットアヴュー(What A View)らを破り見事G1制覇を果たしました。 本馬は、半兄にニッカボッカーS (G2) 2着のムクタサー(Muqtaser)、現3歳馬の半妹に2戦無敗のウェルヒューマード(Well Humored)を持ち、母の全兄がドバイワールドカップ(G1)勝ち馬のウェルアームド(Well Armed)という活力ある優秀な牝系の出身です。また、日本で種牡馬として大成功を収めるシンボリクリスエスも同ファミリーに名を連ねます。 アメリカンペイトリオットは、アメリカの成功種牡馬ウォーフロントが送る芝のG1勝ち馬として日本初供用となります。 ハリー・スウィーニィ(代表取締役) 「父のウォーフロントは産駒が世界中で活躍し、偉大なターフサイアーとしての地位を確立しています。その証拠に、産駒は本年だけで芝のG1レース8勝を挙げております。また、アメリカンペイトリオットは自身が素晴らしい馬体の持ち主です。このようなダンジグの孫を日本で供用できることを本当に嬉しく思います。皆様多数のご利用をお待ちしております」 なお、種付料は150万円(出生条件)となります。


モンテロッソ産駒、ハトホルが新馬戦に勝利、トキノパイレーツも新たな勝ち馬となる

今季、初年度産駒がデビューしたモンテロッソ、週末のJRA開催でハトホルが新馬戦に勝利し、トキノパイレーツも新たに勝ち馬となった。 11月5日(日)、東京競馬場で行われた新馬戦(2歳牝馬・芝1400m)でデビューしたハトホル。スタートをポンと出たハトホルは、抜群の行きっぷりを抑えて中団の6、7番手で道中を運ぶ。直線を向いて追い出されると、鋭く反応して末脚を伸ばしたハトホルは、残り200mを切ってからは内との追い比べをゴール前でハナ差制する勝負強さを見せ、デビュー戦に勝利した。 ハトホルは浦河町・中脇満氏生産、母フローズンムーン、母の父アドマイヤムーンという血統の2歳牝馬。母の初子にあたるハトホル、近親には有馬記念(G1) 2回、天皇賞・秋(G1)を2回勝利し、2002年、2003年のJRA年度代表馬に選出されたシンボリクリスエスがいる。 ホトハル(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母フローズンムーン 母の父アドマイヤムーン 馬主 高瀬 真尚 様 美浦 本間 忍 厩舎 浦河町 中脇 満 氏 生産 また、同日の東京競馬場で行われた2歳未勝利(ダート1600m)にはトキノパイレーツが出走、3戦目となったレースで2着に1馬身と1/4差をつけ勝利、新たな勝ち馬となった。 トキノパイレーツ(2015年生・牡・鹿)  父モンテロッソ 母エルサフィール 母の父タヤスツヨシ 馬主 田中 準市 様 美浦 相沢 郁 厩舎 新冠町 川上牧場 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。これまでに33頭のG1馬を送り出した世界を席巻する種牡馬ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。


フリオーソ産駒、フリビオンが西日本ダービーに勝利

近年屈指のダートチャンピオン、フリオーソ。その初年度産駒のフリビオンが西日本ダービーに勝利した。さらに、週末のJRA開催ではタイキフェルヴールが新たに2歳勝ち馬となり、3歳馬テルペリオンが3勝目を上げた。昨年のNARファーストシーズンサイアーランキングで首位となったフリオーソが、各地で勝ち馬を送り出し続けている。 10月22日(日)、佐賀競馬場で行われた西日本ダービー(3歳・ダート2000m)に出走したフリビオン。圧倒的1番人気に支持されたフリビオンは、道中4、5番手でレースを運ぶ。向こう正面でやや置かれ気味となるも、直線では外から一気に差し切る豪快な走りで、2着に2馬身差をつけ勝利した。 フリビオンは新冠町、オリエント牧場生産。母ビオンディーナ、母の父エンドスウィープという血統の3歳牡馬。本馬の祖母アランヴァンナは英国産、91年の伊1000ギニー(G2)など重賞6勝の活躍馬。 フリビオン(2014年生・牡・栗) 父フリオーソ 母ビオンディーナ 母の父エンドスウィープ 馬主 西森 鶴 様 高知 中西 達也 厩舎 新冠町 オリエント牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。初年度産駒は既に57頭が勝ち馬となり、2世代目産駒は早くも24頭が勝ち馬となる。供用初年度から5シーズンを経て、各シーズンとも100頭以上の牝馬を集める。現2歳リーディングサイアーランキング(勝ち上がり頭数部門)で2位を記録。


アドマイヤムーン産駒、ハクサンルドルフが甲斐路Sを制してオープン入り

産駒の層が厚く、スピードあふれる走りの活躍馬を次々と送り出しているアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではハクサンルドルフが甲斐路Sに勝利しオープン馬となった。 10月22日(日)、東京競馬場で行われた甲斐路S (3歳上・1600万下・芝1800m)に出走したハクサンルドルフ。不良馬場の中、2番人気に推されたハクサンルドルフ。スタート後、中団やや後方で道中を運んだハクサンルドルフは、最終コーナーを回り直線入口で馬場の悪さを嫌うそぶりを見せるも、外に持ち出されると持ち前の鋭い末脚を繰り出して前を急追し、ゴール前では2着に頸差をつけ勝利し、オープン入りを決めた。 ハクサンルドルフは新ひだか町、チャンピオンズファーム生産。母キングスミール、母の父Theatricalという血統の4歳牡馬。本馬の半兄ブルミラコロは室町S (OP)勝ちを含めJRA6勝、同じくエクストラゴールドは特別レース2勝を含めJRAで4勝の活躍馬。 ハクサンルドルフ(2013年生・牡・黒鹿) 父アドマイヤムーン 母キングスミール 母父Theatrical 馬主 河崎 五市 様 栗東 西園 正都 厩舎 新ひだか町 チャンピオンズファーム 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、重賞ウィナーのファインニードル、ステークス勝ち馬のワンスインナムーン。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、ムーンクレストが出現。


パイロ産駒、クインズサターンが人気に応え秋嶺Sに勝利、オープン馬となる

産駒の高い勝ち上がり率が注目のパイロ。今週のJRA開催ではクインズサターンが、人気に応えて秋嶺Sに勝利しオープン入りを決めた。 10月21日(土)、東京競馬場で行われた秋嶺S (3歳上・1600万下・ダート1600m)に出走したクインズサターン。馬場状態不良の中、1番人気に推されたクインズサターンは、ここ数戦で良績を残した後方からの競馬を選択し、道中は内の後方3番手を追走。最終コーナーを回り直線で、一気に内から外に持ちだして追い出したクインズサターンは、パイロの現役時代を髣髴とさせる爆発的な末脚で、前13頭を豪快に差し切り、2着に3馬身差をつけて勝利し、オープン入りを決めた。 クインズサターンは新ひだか町、佐竹学氏生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の4歳牡馬。本馬の曾祖母シンコウラブリイはマイルチャンピオンS (G1)など重賞6勝、93年の最優秀4歳以上牝馬に選出された名牝。一族からは近年も2016年のフローラS (G2)に勝利し、同年の優駿牝馬(G1) 2着のチェッキーノや、2012年の札幌2歳S (G3)など重賞2勝で朝日杯フューチュリティS (G1) 2着、翌年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなどの活躍馬が続々と生まれている。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 賢二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。初年度世代の勝ち上がり率は驚異の80%を記録。ステークスを制したシゲルカガ、ビービーバーレルを筆頭に、数多くの勝ち馬を世に送り出している。


アドマイヤムーン産駒、ムーンクレストがポートアイランドSを制し、新たなステークスウィナーとなる

アドマイヤムーン産駒から新たなステークスウィナーが誕生した。週末のJRA開催でムーンクレストがポートアイランドS (L)に勝利し、父の産駒として新たなステークスウィナーとなった。 10月1日(日)、阪神競馬場で行われたポートアイランドS (3歳上・L・芝1600m)に出走したムーンクレスト。滑らかにスタートを切ったムーンクレストは積極的なレース運びで2、3番手の好位でレースを運ぶ。4コーナー出口で手応えを保ったまま直線を向いたムーンクレストは、直線では一完歩ごとに前との差を詰めると、2着に1馬身と1/4差をつけ勝利し、父の産駒として新たなステークスウィナーとなった。 ムーンクレストは浦河町・三嶋牧場生産。母ビューティーコンテスト、母の父Singspielという血統の5歳牡馬。本馬の母ビューティーコンテストは愛国1勝。本馬のきょうだいにはJRAで湯川特別に勝利したジャニアリシックス、JRA3勝のフォルテ、ダノンマッキンレーなどがおり、叔母には2010年のクイーンズランドダービー(G1)勝ち馬Dariana、近親にはジュライC (G1)、ナンソープS (G1)、ミドルパークS (G1)などに勝利し種牡馬としても大成したOasis Dreamなどがいる。 ムーンクレスト(2012年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ビューティーコンテスト 母の父Singspiel 馬主 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン様 栗東 本田 優 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、重賞ウィナーのファインニードル、ステークス勝ち馬のワンスインナムーン。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、ムーンクレストが出現。


モンテロッソ産駒、ユイノシンドバッドが新たな2歳勝ち馬に

今季、2歳が待望のデビューを迎えたモンテロッソ、週末のJRA開催ではユイノシンドバッドが勝利し、父の産駒として新たな2歳勝ち馬となった。 9月23日(土)、中山競馬場で行われた2歳未勝利(ダート・1800m)に出走したユイノシンドバッド。3戦目で初のダート戦に出走したユイノシンドバッドは、外枠から滑らかにスタートを切ると道中は抜群の手応えで4、5番手を追走。3コーナーでペースを上げたユイノシンドバットは先頭に並びかけて直線へ。直線ではしっかりした末脚で2着以下を寄せ付けず、残り200m付近で早々に決着をつけたユイノシンドバッドは2着に2馬身差、3着以下を5馬身差以上引き離し勝利した。父の産駒として5頭目の勝ち馬となったユイノシンドバッド、母の父はダンスインザダーク。サンデーサイレンス系繁殖牝馬とモンテロッソとの相性を探る上でも興味深い存在といえる。 ユイノシンドバッドは日高町、下河辺牧場生産。母マドリガルスコア、母の父ダンスインザダークという血統の2歳牡馬。本馬の3代母ロイヤルコスマーは1985年のトパーズS勝ち馬で同年の桜花賞(G1) 2着などがある活躍馬。また、近親のグレイスティアラは2005年の全日本2歳優駿(G1)、兵庫ChS (G2)など重賞3勝を上げている。 ユイノシンドバッド(2015年生・牡・青鹿) 父モンテロッソ 母マドリガルスコア 母の父ダンスインザダーク 馬主 由井 健太郎 様 美浦 竹内 正洋 厩舎 日高町 下河辺牧場 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。父は世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。


アドマイヤムーン産駒、ファインニードルが1番人気に応えセントウルS (G2) に快勝

アドマイヤムーン産駒から新たな重賞ウィナーが誕生した。4歳馬ファインニードルがセントウルS (G2)に勝利。父の産駒として新たに重賞ウィナーとなったファインニードルは、同時にスプリンターズS (G1)への優先出走権も獲得した。 9月10日(日)、阪神競馬場で行われたセントウルS (3歳上・G2・芝1200m)に出走したファインニードル。1番人気に支持されたファインニードルは、スタート後に抜群の行きっぷりとテンのスピードを生かして絶好位につけ、逃げ馬を前に置いた内の3番手で道中を運ぶ。最終コーナーをロスなく回ったファインニードルは、直線の坂で一気に前を交わして抜け出すと同時に後続を封じ、2着に1馬身と1/4差で勝利するとともに、スプリンターズS (G1)への優先出走権を獲得した。 ファインニードルは母ニードルクラフト、母の父Mark of Esteemという血統の4歳牡馬。本馬の母ニードルクラフトは2005年のクロエ賞(G3)、セルジオクマニ賞(G3)勝ち馬。また、本馬の叔父Fractionalは2014年のドラール賞(G2)、2015年のメシドール賞(G3)など重賞4勝の活躍馬。 ファインニードル(2013年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト 母の父Mark of Esteem 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 高橋 義忠 厩舎 日高町 Darley 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、重賞ウィナーのファインニードル、ステークス勝ち馬のワンスインナムーン。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


アドマイヤムーン産駒、ワンスインナムーン、朱鷺ステークスを制し新たなステークスウィナーとなる

産駒が好調な走りを続けるアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではワンスインナムーンが朱鷺ステークスを1番人気で勝利し、新たなステークスウィナーとなった。また、ワンアフターが別府特別に勝利した。 8月27日(日)、新潟競馬場で開催された朱鷺ステークス(3歳上・OP・芝1400m)に出走したワンスインナムーン。単勝1.9倍、圧倒的な1番人気に支持されたワンスインナムーンは、スタート後ほどなく初速の違いを見せつけるかのような走りでハナに立つ。程なく外から被せられ、プレッシャーを受け続ける厳しい展開での逃げとなったワンスインナムーンだが、直線入り口で同型馬との争いに決着をつけると、ゴール前では後続の追い上げをきっちりと封じて2着をクビ差退け、連勝でステークスウィナーとなった。 ワンスインナムーンは新ひだか町・岡田スタッド生産。母ツーデイズノーチス、母の父ヘクタープロテクターという血統の4歳牝馬。母ツーデイズノーチスはJRA2勝、アネモネS (L)に勝利しクラシックに駒を進めた活躍馬。本馬は母の初仔。半弟のディバインコードは現役のJRA3勝馬、橘S (OP)などに勝利し、京王杯2歳S (G2)、アーリントンC (G3)で3着の実績馬。 ワンスインナムーン(2013年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス 母の父ヘクタープロテクター 馬主 いとはんホールディングス 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 新ひだか町 岡田スタッド 生産 また、同日の小倉競馬場で開催された別府特別(3歳上・1000万下・芝1200m)にはワンアフターが出走。外枠からスタートしたワンアフターは道中、先団馬群を前に見ながら、10番手付近の位置取りで好機を伺う。4コーナーを回り直線を向いてから、外から追い上げるワンアフターは、残り200mを切ってから他馬と一頭だけ全く異なる脚色で、前をまとめて交わす鮮やかな走りで2着を3/4馬身差し切って勝利した。 ワンアフターは新ひだか町・土田農場生産。母エキゾチックエレガンス、母の父Storm Catという血統の4歳牡馬。本馬の半兄のGran Profetaはペルー19勝の現役馬で、2014年のアメリカ賞(G2)、ヴェロシダド賞(G3)でともに3着の実績馬。また、祖母のExotic Woodはアメリカで11勝、98年のサンタマリアH (G1)、サンタモニカH (G1)、96年のゴーフォーワンドS (G1)など3つのG1を含む5つの重賞に勝利している。 ワンアフター(2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母エキゾチックエレガンス 母の父Storm Cat 馬主 薪浦 亨 様


アドマイヤムーン産駒、世代を問わない好調な走りで2歳戦、特別戦に勝利

世代を問わない走りで成績を伸ばし、リーディングトップ10サイアーとなったアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではリンシャンカイホウが新たに2歳勝ち馬となり、4歳のルネイション、5歳のミスズダンディーが特別戦に勝利した。 8月19日(土)、札幌競馬場で行われた2歳未勝利(芝1200m)に出走したリンシャンカイホウ。最内からスタートを決めたリンシャンカイホウは、スピードを生かしてハナを奪うと、そのまま軽快な走りで後続を引き連れて4コーナーを回り直線へ。直線では、残り100m付近で後続をさらに突き放す走りをみせたリンシャンカイホウは、2着に3馬身差で勝利し2歳勝ち馬となった。 リンシャンカイホウは母トリプルアクト、母の父Theatricalという血統の2歳牡馬。本馬の半兄Crew Leaderは北米7勝、2011年のSWランダルプレイトなどに勝利した他、2010年のブリティッシュコロンビアダービー(G3)で2着の実績馬。また、同じく半兄のジャイロスコープ、ヒトノワドリームはともにJRA勝ち馬。 リンシャンカイホウ(牡・鹿・2015年生) 父アドマイヤムーン 母トリプルアクト 母の父Theatrical 馬主 (株)KTレーシング 様 美浦 田中 剛 厩舎 新冠町 パカパカファーム 生産 同日の札幌競馬場で行われた、富良野特別(3歳上・500万下・芝1800m)には5歳馬ミスズダンディーが出走。ミスズダンディーはスタートで後手に回るものの、道中は8、9番手の内でレースを運ぶ。勝負所手前で他馬が早めに動きだし、レースのペースが変わる中、直線で外に持ち出したミスズダンディーは、ゴール手前での追い比べから力強くクビ差抜け出して勝利した。 ミスズダンディーは母ティコティコタック、母の父サツカーボーイという血統の5歳牡馬。本馬の母ティコティコタックは2000年の秋華賞(G1)勝ち馬、また半兄のコモノドラゴンはJRAで特別レース2勝の活躍馬。 ミスズダンディー(牡・鹿・2012年生) 父アドマイヤムーン 母ティコティコタック 母父サツカーボーイ 馬主 永井 啓弍 様 栗東 加藤 敬二 厩舎 浦河町 バンブー牧場 生産 8月20日(日)、新潟競馬場で行われた村上特別(3歳上・500万下・芝1600m)に出走したルネイション。内枠からスタートを切ったルネイションは道中、好機をうかがいながら10番手の内でレースを運ぶ。ほぼ全馬が一団となって最終コーナーを回る展開となる中、ルネイションは迷わずインを選択し追い出されると、残り200mでは上手く外に進路を変え、メンバー中最速の末脚で追い比べを制し、2着に半馬身差で勝利した。 ルネイションは母パラフレーズ、母の父Pivotalという血統の4歳牝馬。本馬の叔父Ultraは2015年のジャンリュクラガルデール賞(G1)などに勝利している。また叔母には2007年のミネルヴ賞(G3)に勝利したSynopsisなどがいる。母系を遡ると日本で種牡馬として一時代を築いたヘクタープロテクター、シャンハイなどが出ている。 ルネイション(めす・黒鹿・2014年生) 父アドマイヤムーン 母パラフレーズ 母父Pivotal 馬主 H.H. シェイク・モハメド 美浦 栗田 徹 厩舎 日高町 Darley 生産