Latest news

アドマイヤムーン産駒、アイアンクローが新馬戦を快勝

今春G1ウィナーを送り出し、益々勢いに乗るアドマイヤムーン。

週末のJRA開催ではアイアンクローが2歳新馬戦に快勝し、父の産駒としてこの世代最初の勝ち馬となった。 6月11日(日)阪神競馬場で開催された新馬戦(2歳・芝・1200m)に出走したアイアンクロー。スタートこそ、ややもっさりと出たものの、直ぐに4、5番手の内につけたアイアンクローは、最終コーナー手前でじわりと位置取りを押し上げて前を射程にいれると、直線では内から末脚を伸ばしてメンバー中最速の上がりで前の逃げ馬をきっちり捕え、デビュー戦に勝利した。 アイアンクローはヤマノアイリー、母の父グラスワンダーという血統の2歳牡馬。母の初仔、サンデーサイレンス3×3のクロスをもつアイアンクロー。近親には1994年の最優秀2歳牡馬で種牡馬としても成功を修めたフジキセキ、2015年の府中牝馬S (G2)などJRA6勝のノボリディアーナ、2002年のクイーンC (G3)に勝利し同年の桜花賞(G1) 3着のシャイニンルビーなどがいる。 アイアンクロー(2015年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母ヤマノアイリー 母父グラスワンダー 馬主 藤井 聡一郎 様 栗東 斉藤 崇史 厩舎 日高町 チャンピオンズファーム 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


アドマイヤムーン産駒、プレイズエターナルが駿風Sを制しオープンに返り咲く

先日、G1ウィナーを送り出したアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではプレイズエターナルが 駿風Sに勝利し、再びオープン入りを果たした。

5月6日 (土)、新潟競馬場で開催された駿風S (4歳上・1600万下・芝1000m直線)に出走したプレイズエターナル。外枠からスタートを切ったプレイズエターナルは自身の武器である末脚を生かすべく後方で脚をため、残り200mからその末脚を爆発させると、前で叩き合う2頭を一気に差し切り、初挑戦の距離をものともせず、2着に2馬身差をつけ勝利し、再びオープン馬の仲間入りを果たした。 プレイズエターナルは母メイビーフォーエヴァー、母の父Zafonicという血統の7歳牡馬。本馬の母メイビーフォーエヴァーは仏2勝、2002年のサンジョルジュ賞(G3) になどに勝利している。また、半兄エクセルシオールはJRA3勝、福島2歳Sなどに勝利している。また、近親には2006年のサセックスS (G1)、2005年のフォレ賞(G1)などに勝利したCourt Masterpieceがいる。 プレイズエターナル(2010年生・牡・黒鹿) 父アドマイヤムーン 母メイビーフォーエヴァー 母の父Zafonic 馬主 H. H. シェイク・モハメド 栗東 安田 隆行 厩舎 日高町 ダーレー 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


アドマイヤムーン産駒、セイウンコウセイが高松宮記念 (G1) を制す

アドマイヤムーン産駒から待望のG1ウィナーが誕生した。セイウンコウセイが高松宮記念 (G1) に勝利し、父の産駒として初のG1ウィナーとなった。

3月26日 (日)、中京競馬場で開催された高松宮記念 (4歳上・G1・芝1200m) に出走したセイウンコウセイ。滑らかなスタートを切り、抜群の手応えをなだめて3番手の内、好位で道中を運んだセイウンコウセイ、楽な手応えを保ったまま最終コーナーを回ったセイウンコウセイは、直線に入り満を持して追い出されると、馬場の真ん中を力強い末脚で抜け出し2着に1馬身と1/4差をつけ鮮やかに勝利し、父の産駒として初のG1ウィナーとなった。 セイウンコウセイは母オブザーヴァント、母の父Capoteという血統の4歳牡馬。本馬のきょうだいハイッカクウ、メイショウグラハム、アステュートはJRA勝ち馬。また、叔父には1996年のNHKマイルC (G1)などに勝利し種牡馬となったタイキフォーチュン、近親には2015年のNHKマイルC (G1) などに勝利したクラリティスカイなどがいる。このファミリーには名種牡馬Known Fact、Gone Westなどが名を連ねている。 セイウンコウセイ (2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母オブザーヴァント 母の父Capote 馬主 西山 茂行 様 美浦 上原 博之 厩舎 新ひだか町 桜井牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。 ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


パイロ産駒、ワディが大和ステークスを制す、エグジットラックは新馬戦に勝利

傑出した産駒の勝ち馬率で注目を集めるパイロ。今週のJRA開催ではワディが大和ステークスに勝利し、エグジットラックが新馬戦で勝利、さらにジョワイユが新たに勝ち馬となる活躍をみせた。 2月4日 (土)、京都競馬場で開催された大和S (4歳上・OP・ダート・1200m) に出走したワディ。滑らかなスタートを切ったワディは、向こう正面で7、8番手の好位で道中を無理なく運ぶ。最終コーナー出口で3、4番手から外に持ち出したワディは、直線でしっかりとした末脚で前をとらえると、後続の猛追を振り切り勝利した。 ワディは母フラグラントオアシス、母の父Rahyという血統の6歳牝馬。母フラグラントオアシスは99年のキングチャールズ二世S勝ち馬。半兄のデザートオアシスはJRA5勝の特別勝ち馬、半姉のフィリラもJRAで3勝をあげている。 ワディ (2011年生・めす・栗) 父パイロ 母フラグラントオアシス 母の父Rahy 馬主 H. H. シェイク・モハメド 栗東 野中 賢二 厩舎 日高町 ダーレー 生産 2月5日 (日)、東京競馬場で開催された新馬戦 (3歳・ダート・1600m) に出走したエグジットラック。スタート後、向こう正面で鞍上から気合いをつけられたエグジットラックは、道中、幼さをみせながらも、押し上げて外目から好位につけて最終コーナーを回る。直線で思い切って外に持ち出したエグジットラックは、追い出されると一気に末脚を伸ばし、ゴール直前で離れた内の前2頭をきっちり差し切って勝利した。 エグジットラックは母トレノローザ、母の父アフリートという血統の3歳牡馬。母トレノローザはJRA勝ち馬。近親にはJRA3勝の特別勝ち馬で、2012年のフラワーC (G3) 3着、オークス (G1) 5着のサンキューアスクなどがいる。 エグジットラック (2014年生・牡・栗)


フリオーソ産駒、ホーリーブレイズが新馬戦を快勝、32頭目の勝ち馬となる

先日のJRA開催で2頭の勝ち馬を新たに送り出したフリオーソ。その勢いは止まることなく、週末のJRA開催では、ホーリーブレイズが新馬戦を快勝し、父の産駒として32頭目の勝ち馬となった。 1月21日 (土)、京都競馬場で開催された新馬戦 (3歳・ダート1800m) に出走したホーリーブレイズ。滑らかにスタートを切ったホーリーブレイズは、縦長の展開となったレースで中団の内でレースを運ぶ。3コーナーで上手く外に持ち出したホーリーブレイズは直線に入ると、鋭い末脚で先行勢を一気に差し切り、2着に1馬身と3/4差をつけ、デビュー戦に勝利した。 ホーリーブレイズは母スキャニングジョイ、母の父スキャンという血統の3歳牡馬。本馬の母スキャニングジョイはJRA勝ち馬で、本馬は母の8番仔になる。 ホーリーブレイズ (2014年生・牡・鹿) 父フリオーソ 母スキャニングジョイ 母の父スキャン 馬主 村上 憲政 様 栗東 佐藤 正雄 厩舎 新ひだか町 岡田牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。初年度産駒は早くも32頭が勝利。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。供用初年度から4シーズンともに、100頭以上の牝馬を集める。産駒はセリでも高い評価を得て、供用開始2世代の平均落札価格は、種付料の約6倍を記録。


アドマイヤムーン産駒、ムーンエクスプレスが石清水ステークスを制してオープン入り

快速馬を続々と送り出しているアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではムーンエクスプレスが石清水ステークスを逃げ切りで勝利し、オープン入りを決めた。 1月22日 (日)、京都競馬場で開催された石清水ステークス (4歳上・1600万下・芝1400m) に出走したムーンエクスプレス。大外からスタートを切ったムーンエクスプレスは、持ち前のテンのスピードを生かして果敢にハナを奪い、馬群を率いて最終コーナーを回る。直線でさらに逃げ脚を伸ばしたムーンエクスプレス、ゴール前では後続2頭の猛追をハナ差退ける勝負強さを見せて勝利し、オープン入りを決めた。 ムーンエクスプレスは母アモーレペガサス、母の父メジロライアンという血統の5歳牝馬。本馬の叔父には2003年の朝日杯フューチュリティS (G1) など3つの重賞に勝利したコスモサンビームがいる。 ムーンエクスプレス (2012年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母アモーレペガサス 母の父メジロライアン 馬主 (株) ローレルレーシング 様 栗東 鈴木 孝志 厩舎 日高町 坂牧場 生産 G1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。 ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、現4歳世代からはセイウンコウセイが出現。


フリオーソ産駒、新春の快走で勝利を重ねる

2016年ファーストシーズンサイアー中、最多となる28頭の勝ち馬を送り出し、ファーストシーズンサイアーランキング (勝ち馬数・勝利数) で首位となったフリオーソ。産駒は年明けも好調な走りをみせている。週末からのJRA開催では、マイネルルミノーソ、スズカフリオーソが新たにJRA勝ち馬となった。 1月14日 (土)、中山競馬場で開催された3歳未勝利 (ダート・1800m) に出走したマイネルルミノーソ。スタートから積極的にハナを奪ったマイネルルミノーソは、思惑通りの逃げを打ち、自らのペースでレースを運び最終コーナーを回る。気分よく道中を運んだマイネルルミノーソは、最後の直線で追い出されると、その逃げ脚をさらに伸ばし、残り150m付近で早くもセーフティリードを保ち、後続に3馬身半差をつけ勝利した。 マイネルルミノーソは母シンハルカジョウ、母の父ブラックタキシードという血統の3歳牡馬。母シンハルカジョウはJRAで2勝。祖母ダイナボンダーはJRA7勝、福島RC70周年記念 (OP) の他、立夏賞、新潟日報賞など4つの特別レースに勝利している。 マイネルルミノーソ (2014年生・牡・黒鹿) 父フリオーソ 母シンハルカジョウ 母の父ブラックタキシード 馬主 サラブレッドクラブ・ラフィアン 様 美浦 小野 次郎 厩舎 別海町 野付ライディングファーム 生産 1月16日 (月)、中京競馬場で開催された 3歳未勝利 (ダート・1800m) に出走したスズカフリオーソ。これまでの実績から1番人気に推されたスズカフリオーソは、滑らかなスタートから好位2番手につける絶好の競馬運びで、前をマークしたまま直線へ。直線では残り200m付近から力強い末脚で抜け出すと、余裕を残した走りで、2着に3馬身半差をつけ勝利した。 スズカフリオーソは母フランチェスカ、母の父ブラックタイアフェアーという血統の3歳牡馬。本馬の半姉ハピシンはJRA2勝の特別レース勝ち馬。また、叔父にはJRAで4勝をあげ、2002年の京成杯 (G3) に勝利したローマンエンパイアがいる。


アドマイヤムーン産駒、ワンスインナムーンが準オープンに勝利

人気に応えて連勝でオープン入りを決める。

快速馬を多数送り出し続けるアドマイヤムーン。週末のJRA開催では、ワンスインナムーンがサンライズSを逃げ切って勝利。連勝でオープン入りを決めた。 1月8日 (日)、中山競馬場で行われたサンライズS (4歳上・1600万下・芝1200m) に出走したワンスインナムーン。このクラス初挑戦ながら1番人気に推されたワンスインナムーンは、持ち味のテンのスピードを生かしハナを奪いレースを運ぶ。直線入り口で外から並びかけられるも、スピードに任せた走りをみせたワンスインナムーンは、直線の坂で後続勢を引き離すレースぶりで後続を振り切り、2着に1馬身と1/4差をつけ勝利し、連勝でオープン入りを決めた。 ワンスインナムーンは新ひだか町・岡田スタッド生産。母の父ヘクタープロテクターという血統の4歳牝馬。母ツーデイズノーチスは2009年のアネモネSに勝利したスピード馬。ワンスインナムーンは初仔。半弟のディバインコードはJRA2勝、ジュニアC (OP) 2着、京王杯2歳S (G2) 3着の活躍をみせている。 ワンスインナムーン (2013年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス 母の父ヘクタープロテクター 馬主 諸江 幸祐 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 新ひだか町 岡田スタツド 生産      G1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。 ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、現4歳世代からはセイウンコウセイが出現。