Latest news

パイロ産駒、クインズサターンがマーチS (G3) で僅差の2着、フクキタルは新たな勝ち馬となる

産駒が抜群の勝ち上がり率を誇る、近年屈指のダートサイアー、パイロ。週末のJRA開催ではクインズサターンがマーチS (G3)で勝ち馬と僅差の2着と好走。フクキタルは新たに勝ち馬となった。 3月25日(日)、中山競馬場で行われたマーチS (4歳上・G3・ダート1800m)に出走したクインズサターン。スタート後、後方で脚をためたクインズサターンは3コーナーで前との差を詰め、最終コーナーを回り、直線では外から自慢の末脚で前を強襲、脚色で勝るも、勝ち馬にわずかに届かず、ハナ差の2着と優勝馬に何ら見劣りしない走りを見せた。 クインズサターンは新ひだか町、佐竹学氏生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の5歳牡馬。本馬の曾祖母シンコウラブリイはマイルチャンピオンS (G1)など重賞6勝、93年の最優秀4歳以上牝馬に選出された名牝。一族からは近年も2016年のフローラS (G2)に勝利し、同年の優駿牝馬(G1) 2着のチェッキーノや、2012年の札幌2歳S (G3)など重賞2勝で朝日杯フューチュリティS (G1) 2着、翌年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなどの活躍馬が続々と生まれている。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 賢二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 また、同日の中山競馬場で行われた3歳未勝利(ダート1800m・牝馬)ではフクキタルが出走。2番人気に推されたフクキタルは、縦長の展開となったレースで道中5番手追走から、最終コーナーで先団に取りつくと、直線半ばで前を捕えて後続を振り切り、2着に3/4馬差をつけ勝利した。 フクキタルは青森、ワールドファーム生産。母ローレルアイ、母の父フサイチコンコルドという血統の3歳牝馬。母ローレルアイはJRA勝ち馬でアネモネSで5着などの実績馬。本馬の半兄ローレルアルトスもJRAで2勝をあげている。 フクキタル(2015年生・めす・黒鹿) 父パイロ 母ローレルアイ 母の父フサイチコンコルド 馬主 佐藤 範夫 様 美浦 竹内 正洋 厩舎 青森県 ワールドファーム 生産


モンテロッソ、初年度産駒からブラックタイプホース、ラセットが登場

産駒ラセットがきさらぎ賞 (G3) で3着と好走、ブラックタイプホースとなる。

モンテロッソ産駒からブラックタイプホースが誕生した。2月4日(日)京都競馬場で開催された、きさらぎ賞(3歳・G3・芝1800m) に出走したラセットは、好位でレースを運び直線では外に持ち出すと、メンバー中最速の末脚で3着となり、父の産駒として初のブラックタイプホースとなった。 ラセットは母ナンヨーサフラウア、母の父アグネスタキオンという血統の3歳牡馬。母系を遡ると、3代母には報知4歳牝馬特別(G2)などJRA4勝のダイナシユガーがおり、一族には阪神大賞典(G2)など3つの重賞に勝利し、天皇賞春(G1) 3着、種牡馬となったムッシュシェクル、毎日杯(G3)に勝利し皐月賞(G1) 3着のシクレノンシェリフなどがいる。 ラセット(2015年生・牡・鹿) 父モンテロッソ 母ナンヨーサフラウア 母の父アグネスタキオン 馬主 桂土地(株)様 栗東 庄野 靖志 厩舎 浦河町 三好牧場 生産 現3歳世代が初年度産駒となるモンテロッソ産駒はこれまでに42頭が出走、既にJRA勝ち馬8頭を含め、15頭が勝ち馬となっている。 モンテロッソは、祖父のドバイミレニアムを彷彿とさせる走りで、ドバイワールドカップをレコードで制覇。生涯に破ったG1馬は20頭。世界的名種牡馬ドバウィが送る傑作。サンデーサイレンス系牝馬との配合では、理想的なアウトクロスを実現。種牡馬入りから4シーズンで400頭以上の繁殖牝馬と配合。産駒は均整のとれた馬体を有し、パワーと高い運動能力を兼ね備え、芝・ダート、距離を問わない活躍をみせている。


アドマイヤムーン産駒、ファインニードルがシルクロードS (G3) を完璧なレース運びで勝利

産駒の勢いが止まらないアドマイヤムーン。週末のJRA開催では、ファインニードルがシルクロードS (G3)に勝利した。アドマイヤムーン産駒は先日の京都金杯(G3)を制したブラックムーンに続く重賞勝利で、本年早くも2勝目の重賞勝利を手にした。 1月28日(日)、京都競馬場で行われたシルクロードS (4歳上・G3・芝1200m)に出走したファインニードル。最内からスタートを切ったファインニードルは、逃げ馬2頭を前に置き、最内の3、4番手好位でレースを運ぶと、最終コーナーを2番手で回り直線へ。抜群の手応えを保ったまま、直線で追い出されたファインニードルは、残り200mで前を交わすと、そのまま突き抜けて2着に2馬身差をつける完璧レース運びで、昨年のセントウルS (G2)に続き、自身にとって二つ目となる重賞勝利を手にした。 また、本レースでは1着から3着までをアドマイヤムーン産駒が占め、アドマイヤムーンの勢いを象徴する結果となった。 ファインニードルは母ニードルクラフト、母の父Mark of Esteemという血統の5歳牡馬。本馬の母ニードルクラフトは2005年のクロエ賞(G3)、セルジオクマニ賞(G3)勝ち馬。また、本馬の叔父Fractionalは2014年のドラール賞(G2)、2015年のメシドール賞(G3)など重賞4勝の活躍馬。 ファインニードル(2013年生・牡・鹿)  父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト 母の父Mark of Esteem 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 高橋 義忠 厩舎 日高町 Darley 生産 G1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップでは、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。そして2017年、セイウンコウセイが高松宮記念を制覇。待望のG1勝ち馬を送り出す。


アドマイヤムーン産駒が京都金杯を制覇

京都競馬場で行われた本年最初の重賞、京都金杯(G3・芝1600m)にアドマイヤムーン産駒のブラックムーンが出走。スタート後すぐに控えて最後方に位置しレースを進めた同馬は、4コーナー手前から抜群の手応えで馬場の外目を通り進出開始。直線に入りあっという間に先頭集団を射程圏に入れると大外から目の覚めるような切れ脚で他馬を一気に抜き去ってゴール。見事重賞初制覇を果たし、アドマイヤムーン産駒7頭目の重賞勝ち馬となった。 ブラックムーンは日高町・タバタファーム生産、母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統の6歳牡馬。きょうだいに中央競馬で2勝を挙げたゴールデンアタック、カリスマアキラがいる血統。 昨年6月にオープン勝ちして重賞でも惜しいレースが続いていたブラックムーン。6歳を迎えてさらにパワーアップした姿を披露し、レース後ジョッキーのコメントにあったように、本年が新たな“ブラック時代”の幕開けとなることに期待したい。 ブラックムーン(2012年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ロイヤルアタック 母の父ジェネラス 馬主 Him Rock Racing 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 日高町 タバタファーム 生産


ダーレー種牡馬2018年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2018年シーズンに7頭の種牡馬をご提供いたします。 世界中で注目される種牡馬ウォーフロントが送る芝のG1馬、アメリカンペイトリオットは、アメリカでの現役生活引退後、日本で初供用。その種付料は、150万円となります。 デビュー4世代すべての勝ち馬率が70%を越え、本年の市場取引馬の売却率は約90%と傑出した実績を誇るパイロは、200万円。本年待望のG1馬が誕生、中央競馬における産駒の素晴らしい活躍で驚異のアーニングインデックスを誇るアドマイヤムーン、日本初供用となった本年多くの皆様からサポートを得たディスクリートキャットはどちらも150万円となります。 さらに、本年デビューを迎えた産駒が芝・ダート、距離を問わず勝ち上がり、今後の活躍が期待されるモンテロッソ、日・英でダービー馬を送り出し新たな大物の出現が待たれるキングズベストが100万円。そして、2世代目産駒が初年度産駒を上回るペースで勝ち上がり、新進気鋭の種牡馬として評価を上げているフリオーソは、昨年同様の50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「アメリカを拠点とする種牡馬でありながら、米国での成功のみならず、ヨーロッパの芝レースにおいてもG1勝ち馬を続々と送り出すウォーフロントは、今や世界から注目の的となっています。その代表産駒であるアメリカンペイトリオットを日本でご提供できることを嬉しく思います。本馬がどのように日本の血統と融合し、産駒が特に芝のレースでどのような活躍をしてくれるか非常に興味深いです。これまでの6頭にタイプの異なる種牡馬が新たに加わったことにより、より一層バラエティーに富んだラインナップになったと自負しております。また、既に多くのお申し込みを頂いておりますことをお礼申し上げます。来シーズンも多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2018年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:200万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アメリカンペイトリオット> 種付料:150万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)


モンテロッソ産駒、芝・ダートを問わない走りで、リュヌルージュ、フェリーチェが新たな勝ち馬となる

今季、初年度産駒がデビューしたモンテロッソ。産駒は距離、馬場を問わない活躍をみせている。週末のJRA開催では、モンテロッソ産駒のリュヌルージュが芝で、フェリーチェがダートで勝利し、新たに勝ち馬となった。この週末の勝利でモンテロッソ産駒の勝ち上がり頭数は、JRA勝ち馬6頭を含め11頭となった。 12月9日(土)、阪神競馬場で行われた未勝利戦(2歳・芝・2000m)に出走したリュヌルージュは最内からのスタート。滑らかにゲートを出たリュヌルージュは、無理なくハナに立ちレースのペースを握る。向こう正面では早めのスパートを切った馬に外から被せられたものの、ハナを譲り番手で3コーナーから4コーナーを回ったリュヌルージュは、直線ではしっかりした末脚で抜け出し、後続を1馬身差退け勝利した。 リュヌルージュは日高町・坂東牧場生産。母ムーンハウリング、母の父メジロマックイーンという血統の2歳牝馬。本馬の母ムーンハウリングは2歳勝ち馬。母の父メジロマックイーン、2代母父カコイーシーズ、3代母父ボールドラツドという血統の本馬は母の2番仔、5代血統表内にインブリードを全く含まない特徴的な配合で生まれている。 リュヌルージュ(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母ムーンハウリング 母の父メジロマックイーン 馬主 窪田 康志 様 栗東 斉藤 崇史 厩舎 日高町 坂東牧場 生産 翌日の12月10日(日)、中山競馬場で行われた未勝利戦(2歳・ダート・1200m)にはフェリーチェが出走。スタートから、先頭集団を前に見ながら内目の6、7番手で向こう正面を運んだフェリーチェ。最終コーナーを回り、直線で上手く外に持ち出したフェリーチェは、先に抜け出した前2頭を、余裕残しの楽な手応えであっさり交わす余裕あふれる走りで、2着に2馬身差をつけ勝利した。 フェリーチェは浦河町・ビクトリーホースランチ生産。母タイキキララ、母の父キングヘイローという血統の2歳牝馬。祖母タイキステラはJRA6勝、湘南Sなど4つの特別レースに勝利したオープン馬。本馬の母系からは、1993年のマイルチャンピオンシップ(G1) など重賞4勝、93年のJRA最優秀4歳以上牝馬のタイトルを獲得した名牝シンコウラブリイ、2012年の東スポ杯2歳S (G3)など2つの重賞を制し、2013年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなど多数の活躍馬が出ている。 フェリーチェ(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母タイキキララ 母の父キングヘイロー 馬主 (有)大樹ファーム 様 美浦 菊沢 隆徳 厩舎 浦河町 ビクトリーホースランチ 生産 父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成したモンテロッソ。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。供用開始から2シーズン、200頭を超える繁殖牝馬と交配。初年度産駒は、JRA勝ち馬6頭を含め、既に11頭が勝ち馬となる。