Latest news

キングズベスト産駒ナムラアイドル、新馬戦を逃げ切り勝ち

先日、本邦初産駒世代がJRAの新馬戦に勝利したキングズベスト。週末のJRA開催では、産駒ナムラアイドルが芝1200mの新馬戦に勝利した。
7月30日 (土)、小倉競馬場で行われた2歳新馬 (芝1200m) に出走したナムラアイドル。抜群のスタートを切ったナムラアイドルは、テンのスピードを生かしてハナを狙う。道中から2頭でハナを争う形で4コーナーを回った本馬は、直線に向くと豊富なスピードを発揮して残り200mで抜け出し、ゴール前では内からの猛追をしのぎ切る勝負強さをみせ、逃げ切りで勝利した。レース後、鞍上からは「最後もしっかりと伸びてくれました。さらに良くなると思います」とのコメントが発せられた。 ナムラアイドルは日高町・いとう牧場生産。母ナムラミーティア、母の父サクラバクシンオーという血統の2歳牝馬。母ナムラミーティアは2008年のラベンダー賞勝ち馬で、同年の函館2歳S (G3) 2着の実績馬。 ナムラアイドル (2014年生・めす・鹿) 父キングズベスト 母ナムラミーティア 母の父サクラバクシンオー 馬主 奈村 睦弘 様 栗東 目野 哲也 厩舎 日高町 いとう牧場 生産 キングズベストは、日本ダービーおよび天皇賞の覇者エイシンフラッシュや英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬ワークフォースなど偉大な競走馬を送り出す、世界的名種牡馬。日本での供用開始から3シーズンにわたり、名牝、名血からのサポートを受ける。本邦初年度産駒は2016年、待望のデビューを迎え、既に3頭が勝ち馬となっている。...

キングズベスト産駒タケショウベスト、新馬戦に快勝

世界的名種牡馬キングズベスト、その本邦初産駒世代のタケショウベストが新馬戦に勝利、本邦産駒初のJRA勝ち馬となった。
7月9日 (日)、福島競馬場で行われた2歳新馬 (芝1200m・牝馬) に出走したタケショウベスト。スタートこそ出遅れたものの、抜群の二の脚で中団に取りついたタケショウベストは、3コーナー入口から鞍上が抑えきれない程の手応えで前を射程に収め直線へ。直線に向いて外に出したタケショウベストは、残り200m手前から鋭い末脚を繰り出し、あっさりと前を掴まえ、そのまま後続を寄せ付けない走りで勝利した。 タケショウベストは浦河町・富菜牧場生産。母タケショウレジーナ、母の父ダンスインザダークという血統の2歳牝馬。母タケショウレジーナは、JRAでサロマ湖特別など特別レース3勝を含め5勝をあげ、アネモネS (OP) 3着の実績馬。 タケショウベスト (2014年生・めす・鹿) 父キングズベスト 母タケショウレジーナ 母の父ダンスインザダーク 馬主 (有) ナイト商事 様 美浦 田中 清隆 厩舎 浦河町 富菜牧場 生産 キングズベストは日本ダービーと天皇賞の覇者、エイシンフラッシュ。英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬、ワークフォース。偉大な2頭を送り出す、世界的名種牡馬。日本での供用開始から3シーズンにわたり、名牝、名血からのサポートを受ける。本邦初年度産駒は2016年、待望のデビュー。...