Latest news

キングズベスト産駒、ヤマニンベリンダが新馬戦に勝利

先週、産駒のアンタガシャチョウがJRAで新馬戦に勝利したキングズベスト、今週はヤマニンベリンダが新馬戦に勝利し、2週連続で2歳勝ち馬を送りだした。

12月17日 (土)、阪神競馬場で行われたメイクデビュー阪神 (2歳新馬・芝・1200m) にヤマニンベリンダが出走。スタートから積極的に好位を狙ったヤマニンベリンダは前2頭を見ながら3番手で向こう正面を運ぶ。絶好の位置で最終コーナーを回ったヤマニンベリンダは外に持ち出して追い出すと、直線では4頭の追い比べをきっちり制する見事な末脚で勝利した。 ヤマニンベリンダは新冠町・錦岡牧場生産。母マダニナ、母の父Sadler's Wellsという血統の2歳牝馬。母マダニナはJRAで特別2賞を含め3勝。きょうだいにはヤマニンウイスカー (JRA6勝・キャピタルS、京都金杯 (G3) 3着等) 、ヤマニンファラオ (JRA2勝・ゆきやなぎ賞、ラジオNIKKEI賞 (G3) 2着等) など、多数の活躍馬がいる。 ヤマニンベリンダ (2014年生・めす・黒鹿) 父キングズベスト 母マダニナ 母の父Sadler's Wells 馬主 土井 肇 様 栗東 河内 洋 厩舎 新冠町 錦岡牧場 生産 キングズベストは、日本ダービーおよび天皇賞の覇者エイシンフラッシュや英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬ワークフォースなど偉大な競走馬を送り出す、世界的名種牡馬。本邦初年度産駒が、2016年待望のデビューを迎え、既に5頭のデビュー勝ちを含め8頭の産駒がJRAで勝ち名乗りを上げている。


ダーレー種牡馬2017年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2017年シーズンに6頭の種牡馬をご提供いたします。

来シーズンから日本で供用開始されることになったアメリカの人気種牡馬で、日本でも既に重賞勝ち馬エアハリファを送り出しているディスクリートキャットは150万円に決定いたしました。その他、高い勝ち馬率で成功種牡馬としての地位を確立したパイロが250万円となったのを筆頭に、本邦初年度産駒が本年デビューし、順調に勝ち馬を送り出しているキングズベストが200万円、上級馬を多数送り出し芝のサイアーランキングでトップ10入りを果たしているアドマイヤムーンが150万円、供用開始から3シーズンで300頭以上の牝馬を集め、高評価を得た初年度産駒が来年デビューを迎えるモンテロッソが150万円、そして、今年産駒がデビューを迎えた新種牡馬の中で最も多くの勝ち馬を送り出し、現在地方ファーストシーズンサイアーランキング首位を独走する注目のフリオーソは、今シーズン同様の50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「これまで供用されてきた5頭は、今や不動の人気を誇るパイロをはじめ、産駒の活躍や血統的背景からますます注目される存在となりました。これらに加え、アメリカの人気種牡馬で、既に日本でも実績を残しているディスクリートキャットを新たに導入したことで、これまで以上に層の厚いラインナップとなりました。発表を前に、多くのお申し込みを頂いておりますことをお礼申し上げます。来シーズンも多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2017年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:250万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <キングズベスト> 種付料:200万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ディスクリートキャット> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <モンテロッソ>


キングズベスト産駒、アンタガシャチョウが新馬戦を圧勝

12月10日 (土)、阪神競馬場で行われたメイクデビュー阪神 (2歳新馬、ダート1800m) において、キングズベスト産駒アンタガシャチョウが出走。3番人気に支持された本馬は、無難にスタートを決めると、道中は3番手でしっかり折り合いレースを進める。絶好の手応えのまま直線に向くと、あっさり先頭に立ち、そのまま楽に後続を突き放し、最後は2着に4馬身差をつけて圧勝、デビュー戦を見事勝利で飾った。 アンタガシャチョウは、日高町、下河辺牧場生産の2歳牡馬。母はペケジェイ、母の父Tiznowという血統。姉にマリーンC (Jpn-3)、スパーキングレディーカップ (Jpn-3) 2着など牝馬重賞戦線で活躍したブルーチッパーがいる。母ペケジェイも中央ダート戦で2勝を上げている。500kgを超える雄大な馬格と、新馬戦でみせた圧巻のパフォーマンス、そして血統的背景からも本馬には相当な素質を感じさせられる。本馬には、姉があと一歩まで迫り成し得なかった重賞制覇をぜひ期待したい。 アンタガシャチョウ (2014年生・牡・黒鹿) 父キングズベスト 母ペケジェイ 母の父Tiznow 馬主 (株) ミキハウスHKサービス 様 栗東 野中 賢二 厩舎 日高町 下河辺牧場 生産 キングズベストは、日本ダービーおよび天皇賞の覇者エイシンフラッシュや英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬ワークフォースなど偉大な競走馬を送り出す、世界的名種牡馬。本邦初年度産駒が、2016年待望のデビューを迎え、既に4頭のデビュー勝ちを含め7頭の産駒がJRAで勝ち名乗りを上げている。


フリオーソ産駒、トロピカルスパートが2歳戦に勝利

この勝利でフリオーソ産駒の勝ち上がり頭数は27頭となり、ファーストシーズンサイアーランキング (勝ち上がり頭数部門)で首位に立っている。

初年度産駒が次々と勝ち上がり、注目を集めているフリオーソ。週末のJRA開催では産駒のトロピカルスパートが、JRA所属馬として待望の初勝利をあげた。 12月3日、中山競馬場で行われた2歳未勝利 (ダート・1200m) に出走したトロピカルスパート。スタートを決めたトロピカルスパートは無理をせず後方から競馬を運ぶ。4コーナー入口の勝負どころで一気に位置取りを上げ、前を射程に捕えたトロピカルスパートは、直線では外から次々と前を交す強烈な終いの末脚で、先団馬群を一気に差し切り、2着に1馬身半差をつけ勝利した。 トロピカルスパートは新ひだか町・坂本健一氏生産。母タヒチアンメモリ、母の父コマンダーインチーフという血統の2歳牝馬。本馬の母系を遡ると、2013年の日本ダービー (G1)、ニエル賞 (G2) などに勝利したキズナ、1994年にクラシック三冠を制したナリタブライアンにたどり着く。 トロピカルスパート (2012年生・めす・栗) 父フリオーソ 母タヒチアンメモリ 母の父コマンダーインチーフ 馬主 日向 均 様 美浦 高橋 文雅 厩舎 新ひだか町 坂本 健一 生産 2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。 2歳から7歳にかけてG1レース6勝。 父ブライアンズタイムは、ダービー馬タニノギムレット、 ナリタブライアン、そして、サニーブライアンら、歴史に名を刻む3頭のダービー馬を送り出した、大種牡馬ブライアンズタイムの傑作。自身は供用初年度から3シーズン連続で100頭以上と交配。


アドマイヤムーン産駒がオープン、1600万下、1000万下レースで勝利、さらに重賞レースでも入着!

アドマイヤムーンが活躍馬を続々と送り出している。週末のJRA開催では、フミノムーンが京阪杯 (G3) で3着となった他、ブラックムーンがキャピタルS (オープン) を勝利し、さらにセイウンコウセイが渡月橋S (準オープン)、ハクサンルドルフが1000万下を制して、世代を問わない走りを見せている。 11月27日 (日)、京都競馬場にて行われた京阪杯 (G3・3歳上・芝1200) に出走したフミノムーン。重馬場の中、最内からのレースとなったフミノムーンは、道中折り合いに専念し、縦長の展開の中で先頭から13、14番手の内で向こう正面から3コーナーへ。最終コーナー手前で外へ持ち出せず、直線で馬群がバラけてからの追い出しとなったフミノムーン、直線では外からメンバー中最速の上がりを繰り出して追い込み3着となった。 フミノムーンは浦河町・斉藤英牧場生産。父アドマイヤムーン、母フミノシンデレラ、母の父サンダーガルチという血統の4歳牡馬。本馬の母フミノシンデレラはJRAで2勝。母の3番仔であるフミノムーンはJRA5勝、これまでにマーガレットS (LR)、桂川S (1600万下)、道新スポーツ杯 (1000万下) など計5勝をあげている。 フミノムーン (2012年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母フミノシンデレラ 母の父サンダーガルチ 馬主 谷二 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 浦河町 斉藤英牧場 生産 11月26日 (土)、東京競馬場で行われたキャピタルS (3歳上・オープン・芝1600m)


フリオーソ産駒からブラックタイプホースが誕生

11月23日 (水)、園田競馬場で行われた兵庫ジュニアグランプリ (Jpn-2) にフリオーソ産駒のバリスコアが出走した。

北海道競馬所属の本馬は、地元で6戦4勝2着2回という戦績を収め、今回が初のダートグレード競走出走となった。JRA勢を含む強力なメンバーが揃う中、スタートから後方7番手に位置取ったバリスコアは、道中も慌てることなくしっかりと折り合い、先行勢を見る形でレースを進める。3コーナーから絶好の手応えで大外から進出を開始し、4コーナー手前で先行する各馬を射程圏に捕らえる。4頭の激しい叩き合いの外から豪快に追い込んできた本馬は、最後まで力強く伸びて2着に鼻差まで迫る3着でゴール。将来性を感じさせる濃い内容でフリオーソ産駒初のブラックタイプホースとなった。 バリスコアは、母シャトーモア、母の父ジョリーズヘイローの2歳牡馬。母は未出走だが、そのきょうだいには、札幌記念 (G3) を制覇しオークスやエリザベス女王杯でも入着するなど活躍した名牝サンエイサンキューが名を連ねる。その血統的背景からもバリスコアには、これから地方ダートクラシック戦線における更なる活躍が期待できそうだ。 バリスコア (2014年生・牡・青) 父フリオーソ 母シャトーモア 母の父ジョリーズヘイロー 馬主  西森 鶴 様 北海道 田中 淳司 厩舎 日高町  中川 浩典  生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。 2歳から7歳にかけてG1レース6勝。供用初年度からこれまで4シーズンすべてにおいて100頭以上の牝馬を集め、種牡馬としても絶大な人気を誇る。本年デビューを迎えた初年度産駒は既に25頭が勝ち上がり、地方ファーストシーズンサイアーランキングにおいて堂々首位となっている。


パイロ産駒、アップビートが新馬戦に勝利

これまでに4世代を競馬場に送り出し、産駒の勝ち上がり率が68%を超え、目覚ましい走りで注目を見せているパイロ。週末のJRA開催ではアップビートが新馬戦に勝利、新たな2歳勝ち馬となった。

11月 5日 (土)、京都競馬場で行われた2歳新馬 (ダート1400m) に出走したアップビート。外枠から滑らかにスタートを切ったアップビートは、軽快なスピードを生かし好位に取りつき、道中を運ぶ。揉まれることなく、自らのリズムで気分良くレースを進めたアップビートは、4コーナーでは早くも先頭に並びかけると、直線では豊富なスピードを武器にあっさり先頭に立ち後続を引き離したアップビートは、残り200mで早々にレースの大勢を決し、最後は2着に5馬身差をつけて勝利した。 アップビートは母ファンアンドゲイムス、母の父Rahyという血統の2歳牝馬。母は2003年のゼットランドS勝ち馬。本馬の半きょうだいファンフェア、ヤマノルミナスはJRA勝ち馬。3代母のOh So Sharpは1985年の1000ギニー (G1)、オークス (G1)、セントレジャーS (G1) などに勝利した名牝。 アップビート (2014年生・めす・鹿) 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 吉村 圭司 厩舎 日高町 ダーレー 生産 パイロの父プルピット (Pulpit) は、種付料30万ドルを誇るアメリカのトップスタリオンであるタピット (Tapit) や、2014年の米年度代表馬カリフォルニアクローム(California Chrome)


アドマイヤムーン産駒、フミノムーンが桂川Sを制して再びオープン入り

産駒にスピードを確実に伝えるアドマイヤムーン。

10月23日時点で、JRAリーディングサイアーランキング(芝)で8位と産駒が好調な走りを見せている。週末のJRA開催では、フミノムーンが桂川Sに勝利し、再びオープン入りを決めた。 10月23日(日)、京都競馬場で開催された桂川S (3歳上・1600万下・芝1200m) に出走したフミノムーン。滑らかにスタートを切ったフミノムーンは、出たなりで後方からの競馬。緩みなく流れるレース展開の中、きっちりと折り合ったフミノムーンは、自身の武器である末脚を存分に発揮する好機を伺いながら、後方3番手で直線へ。直線で迷わず外に進路を取ったフミノムーンは、メンバー中最速となる33.0の末脚で前の馬群を一気に差し切り、2着に1馬身と1/4差をつけて勝利し、再びオープン入りを決めた。 フミノムーンは浦河町・斉藤英牧場生産。父アドマイヤムーン、母フミノシンデレラ、母の父サンダーガルチという血統の4歳牡馬。本馬の母フミノシンデレラはJRAで2勝。母の3番仔であるフミノムーンはこれでJRA5勝、うち特別レース4勝という素晴らしい走りを見せている。 フミノムーン (2012年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母フミノシンデレラ 母の父サンダーガルチ 馬主 谷 二 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 浦河町 斉藤英牧場 生産 アドマイヤムーンは現役時、国内外でG1レースを3勝しJRA年度代表馬にも輝いた名馬。種牡馬としてもスプリンターのハクサンムーン、マイラーのレオアクティブ、中距離のアルキメデスなど距離を問わず重賞勝ち馬を送り出し、貴重なエンドスウィープの血を後世に伝えている。