Latest news

アドマイヤムーン産駒、ストーミーシーが古町特別に勝利

産駒にスピードを確実に伝えるアドマイヤムーン。リーディングサイアーランキング(芝)でトップ10入りを果たした後も、産駒は引き続き好調な走りをみせている。週末のJRA開催ではストーミーシーが古町特別に勝利した。 7月29日(土)、新潟競馬場で行われた古町特別に出走したストーミーシー。2番人気に推されたストーミーシーは外枠からスタートを切ると、道中は8、9番手の中団外目でレースを運ぶ。4コーナーを回り直線に向いて残り500mで外に持ちだしたストーミーシーは、残り200mから爆発的な末脚を繰り出し、ゴール前でまるで図ったかのようにハナで差し切り、鮮やかに勝利した。 ストーミーシーは母リーベストラウム、母の父ゼンノエルシドという血統の4歳牡馬。母のリーベストラウムはJRAで3勝の特別勝ち馬でマリーゴールド賞(OP) 3着のスピード馬。本馬自身もスピードに富み、3歳時はニュージーランドT (G2) 2着などの実績がある。 ストーミーシー(2013年生・牡・栗)  父アドマイヤムーン 母リーベストラウム 母の父ゼンノエルシド 馬主 (有)ミルファーム 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


アドマイヤムーン産駒、フミノムーンがバーデンバーデンCに勝利

今春、待望のG1ウィナーを送り出し、産駒が毎週のようにJRAで勝利するなど、勢いに乗るアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではフミノムーンがバーデンバーデンC (L)に勝利した。 7月16日(日)、福島競馬場で行われたバーデンバーデンC (L)に出走したフミノムーン。休み明けにもかかわらず1番人気に推されたフミノムーンは、スタートを決めると、二の脚を生かしてすんなりと好位へ。道中は4~5番手でしっかり折り合いをつけたフミノムーン。直線を向き、追い比べのレース展開の中、外から自慢の末脚を一気に繰り出したフミノムーンは、ゴール前で内から並びかけた馬に負けじと、さらに末脚を伸ばし、2着に頭差をつけ勝利した。 フミノムーンは母フミノシンデレラ、母の父サンダーガルチという血統の5歳牡馬。母はJRA2勝。本馬の半弟にはJRAで特別2勝、札幌日経オープン(L) 3着のフミノヤマビコ。また、いとこにあたるテイエムダイパワーは、JRAで特別2勝、京都2歳S (L) 3着。そして近親の種牡馬Includeは、ピムリコスペシャルH (G1)を含む重賞3勝の活躍馬。 フミノムーン(2012年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母フミノシンデレラ 母の父サンダーガルチ 馬主 谷 ニ 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 浦河町 斉藤英牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


モンテロッソ産駒、ビリーバーが勝利し、父の産駒として最初の勝ち馬となる

世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を受け継ぐドバイワールドカップ勝ち馬モンテロッソ。本年デビューを迎えた初年度産駒から初の勝ち馬が誕生した。 モンテロッソ産駒として最初の勝ち馬となったビリーバーは、7月9日(日)に福島競馬場で行われた2歳未勝利戦(芝1200m)に出走。これまでの好走から人気の一角に推されたビリーバーは、抜群のスタートを決めハナを奪いレースのペースを握る。スピードあふれる走りで、後続を3/4馬身程離して4コーナーを回ったビリーバーは直線入り口で後続に並びかけられると、そこからさらに力強く末脚を伸ばして追撃を退け、2着に半馬身差をつけて勝利し、モンテロッソ産駒として最初の勝ち馬となった。 ビリーバーは浦河町・ミルファーム生産。母デイドリーマー、母の父ネオユニヴァースという血統の2歳牝馬で母の初仔。母デイドリーマーはJRA勝ち馬。本馬の近親には2016年のシンザン記念(G3)に勝利したロジクライなどがいる。ネオユニヴァースを母父に持つビリーバー。サンデーサイレンス系繁殖牝馬との配合で勝ち馬となったことは、モンテロッソの今後の可能性を占う上で、興味深い存在といえそうだ。 ビリーバー(2015年生・めす・黒鹿) 父モンテロッソ 母デイドリーマー 母の父ネオユニヴァース 馬主 (有) ミルファーム 様 美浦 石毛 善彦 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィの貴重な後継種牡馬。2014年の供用開始から4シーズンで400頭を超える繁殖牝馬と交配。


フリオーソ産駒、ガウラミディが新馬戦に勝利

2016年の勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーとなったフリオーソ。週末のJRA開催では、その2世代目産駒となるガウラミディが新馬戦に勝利した。 7月8日(土)、函館競馬場で行われた新馬戦(2歳・ダート1000m)に出走したガウラミディ。雄大な馬体から繰り出す大きなフットワークで、道中3番手を追走したガウラミディ。レースは直線に入ると前3頭の激しい追い比べとなり、外から差を詰めたガウラミディが、熾烈な追い比べをハナ差制する勝負強さをみせ、デビュー戦に勝利した。 ガウラミディは新ひだか町・岡田牧場生産。母ロメラ、母の父サクラバクシンオーという血統の2歳牝馬。5代血統表内にサンデーサイレンスを含まない血統構成が印象的なガウラミディ。近親には、2014年のアンタレスS (G3) などに勝利し、同年のチャンピオンズC (G1)でも2着となったナムラビクターなどがいる。 ガウラミディ(2015年生・めす・栗) 父フリオーソ 母ロメラ 母の父サクラバクシンオー 馬主 村上 憲政 様 栗東 佐藤 正雄 厩舎 新ひだか町 岡田牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。初年度産駒は既に53頭が勝ち馬となり、2世代目産駒は早くも7頭が勝ち馬となる。供用初年度から5シーズンを経て、各シーズンとも100頭以上の牝馬を集める。産駒はセリでも高い評価を得て、供用開始2世代の平均落札価格は、種付料の約6倍を記録。


パイロ産駒、パッセが新馬戦を快勝

 産駒の高い勝ち上がり率が注目を集めるパイロ。

週末のJRA開催ではパッセが芝の新馬戦に勝利、この世代のJRA所属パイロ産駒として初の2歳勝ち馬となった。 7月2日(日)、福島競馬場で行われた新馬戦(2歳・芝1200m)に出走したパッセ。好馬体と好仕上がりから人気の一角に推されたパッセは、滑らかなスタートから抜群の手応えで2番手につけ、向こう正面から3コーナーへ。残り400mから追い出したパッセは、直線に入ると残り200mであっさり抜け出すスピードあふれる走りで後続に3馬身差をつけ、芝でのデビュー戦を勝利で飾った。 パッセは浦河町・ミルファーム生産。母パドブレ、母の父ホワイトマズルという血統の2歳牝馬。母パドブレはJRA2勝、新馬戦と2008年のダリア賞(OP)に勝利したスピード馬。 パッセ(2015年生・めす・栗) 父パイロ 母パドブレ 母の父ホワイトマズル 馬主 (有)ミルファーム 様 美浦 蛯名 利弘 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。初年度世代の勝ち上がり率は驚異の80%を記録。ステークスを制したシゲルカガ、ビービーバーレルを筆頭に、数多くの勝ち馬を世に送り出している。


アドマイヤムーン産駒、ワンスインナムーンがテレビユー福島賞に勝利しオープンに返り咲き

レオナルドは御在所特別を制す。

アドマイヤムーン産駒が好調な走りをみせている。今週のJRA開催ではワンスインナムーンがテレビユー福島賞を、レオナルドは御在所特別に勝利した。 7月1日(土)、福島競馬場で行われたテレビユー福島賞(3歳上・1600万下・芝1200m)に出走したワンスインナムーン。1番人気に推されたワンスインナムーンは、スタートから自慢のテンのスピードを生かして前へ。逃げ馬をぴったりマークし、2番手で道中を運んだワンスインナムーンは、3コーナーで早くも前に並びかけて直線へ。直線ではしっかりとした脚色で抜け出し、そのまま後続の追撃を封じて2着に半馬身差をつけ勝利し、最短で再びオープン馬への仲間入りを果たした。 ワンスインナムーンは新ひだか町・岡田スタッド生産。母ツーデイズノーチス、母の父ヘクタープロテクターという血統の4歳牝馬。母ツーデイズノーチスはJRA2勝、アネモネS (L)に勝利しクラシックに駒を進めた活躍馬。本馬は母の初仔。半弟のディバインコードは現役のJRA3勝馬、橘S (OP)などに勝利し、京王杯2歳S (G2)、アーリントンC (G3)で3着の実績馬。 ワンスインナムーン(2013年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス 母の父ヘクタープロテクター 馬主 (有)いとはんホールディングス 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 新ひだか町 岡田スタッド 生産 同日の中京競馬場で行われた御在所特別(3歳上・500万下・芝1600m)に出走したレオナルド。圧倒的1番人気に推されたレオナルド。大外からスタートしたレオナルドは、縦長のレース展開で中団後方12~13番手の外目でレースを運ぶ。4コーナーを回り直線に向くとレオナルドは、馬場の真ん中を外から追い上げ、次々と前を交わし、格の違いを見せつけるかのような走りで後続に2馬身半差をつけ勝利した。 レオナルドは、母リオズスターレット、母の父Galileoという血統の4歳牡馬。本馬の母は仏3勝、2008年のクレオパトル賞(G3)勝ち馬で、同年のマルレ賞(G2) 2着。また祖母のPremiere Creationは2000年のデルマーオークス(G1) 3着、同年のクロエ賞(G3) 2着の実績馬。 レオナルド(2013年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母リオズスターレット 母の父Galileo 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 藤原 英昭 厩舎 日高町 ダーレー 生産


パイロ産駒、クインズサターンが青梅特別に勝利、産駒が週末4勝の活躍をみせる

産駒の活躍でその評価をますます高めているパイロ。週末のJRA開催では、クインズサターンが青梅特別に勝利、オーマイガイ、アフターバーナー、ハヤブサナンデダロも勝利するなど産駒が4勝の活躍をみせた。 6月18日(日)、東京競馬場で開催された青梅特別(3歳上・1000万下・ダート1600m)に出走したクインズサターン。大外枠からスタートを切ったクインズサターンは、道中は後方外目でレースを運ぶ。4コーナーを回り直線に入ると、クインズサターンは外からしっかりとした脚どりで前を交わし、残り200mからは目を見張る末脚を繰り出して前を猛追すると、ゴール前できっちり差し切る勝負強さを発揮して勝利した。 クインズサターンは新ひだか町・佐竹学氏の生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の4歳牡馬。本馬の半兄にはJRA特別勝ち馬クインズストーム、また3代母は93年のマイルCS (G1)などに勝利し、93年の最優秀4歳以上牝馬のタイトルを獲得した名牝シンコウラブリイ。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 健二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 また、週末のJRA開催では、パイロ産駒のオーマイガイ、アフターバーナー、ハヤブサナンデダロが勝ち星を重ねる活躍をみせている。 オーマイガイ(2013年生・牡・栗) 父パイロ 母リスティアアスリー 母の父スピニングワールド 馬主 廣崎 利洋 様 栗東 河内 洋 厩舎 新冠町 川上牧場 生産 アフターバーナー(2014年生・牡・鹿) 父パイロ 母ファダラン 母の父Cherokee Run 馬主 H.H. シェイク・モハメド 美浦 伊藤 圭三 厩舎 日高町 ダーレー 生産 ハヤブサナンデダロ(2014年生・牡・鹿) 父パイロ 母グランドホイッスル 母の父シアトルスズカ


アドマイヤムーン産駒、ブラックムーンが米子Sをレコードで快勝、ファインニードルは水無月Sを制し再びオープン入り

夏競馬の開催とともにアドマイヤムーン産駒が世代を問わず好調な走りをみせている。週末のJRA開催において、アドマイヤムーン産駒のブラックムーンが米子Sをレコードで勝利、ファインニードルは水無月Sを制して再びオープン入りを決めた。 6月18日(日)、阪神競馬場で開催された米子S (3歳上・OP・芝1600m)に出走したブラックムーン。1番人気に推されたブラックムーンは、やや縦長でハイペースの展開の中、最後方待機で道中を運ぶ。最後方のまま4コーナーを回り、直線を向いたブラックムーンは、最後方待機からその末脚を爆発させ、直線だけで他馬を一気に抜き去る鮮やかなレースぶりで1.31.9のレコードタイムで勝利した。 ブラックムーンは日高町・タバタファーム生産。母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統の5歳牡馬。リステッドレース2勝目となった今回の勝利後、鞍上からは「とにかくいい馬。能力が高いです。重賞にいっても楽しみです」とのコメントも発せられた。 ブラックムーン(2012年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ロイヤルアタック 母の父ジェネラス 馬主 Him Rock Racing 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 日高町 タバタファーム 生産 6月17日(土)、阪神競馬場で開催された水無月S (3歳上・1600万下・芝1200m)に出走したファインニードル。内枠から好スタートを切ったファインニードルは、逃げ馬を行かせて自身は2番手につける巧みなレース運びをみせ、絶好の手応えを保ち最終コーナーを回る。直線で追い出されたファインニードルは、2番手からすんなり抜け出して前を捕える理想的な走りで勝利し、再びオープン入りを果たした。 ファインニードルは母ニードルクラフト、母の父Mark of Esteemという血統の4歳牡馬。本馬の母ニードルクラフトは2005年のクロエ賞(G3)、セルジオクマニ賞(G3)など重賞2勝馬。また、叔父のFractionalは2014のドラール賞(G2)、2015年のメシドール賞(G3)など4つの重賞に勝利している。 ファインニードル(2013年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト 母の父Mark of Esteem 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 高橋 義忠 厩舎 日高町 ダーレー 生産


アドマイヤムーン産駒、アイアンクローが新馬戦を快勝

今春G1ウィナーを送り出し、益々勢いに乗るアドマイヤムーン。

週末のJRA開催ではアイアンクローが2歳新馬戦に快勝し、父の産駒としてこの世代最初の勝ち馬となった。 6月11日(日)阪神競馬場で開催された新馬戦(2歳・芝・1200m)に出走したアイアンクロー。スタートこそ、ややもっさりと出たものの、直ぐに4、5番手の内につけたアイアンクローは、最終コーナー手前でじわりと位置取りを押し上げて前を射程にいれると、直線では内から末脚を伸ばしてメンバー中最速の上がりで前の逃げ馬をきっちり捕え、デビュー戦に勝利した。 アイアンクローはヤマノアイリー、母の父グラスワンダーという血統の2歳牡馬。母の初仔、サンデーサイレンス3×3のクロスをもつアイアンクロー。近親には1994年の最優秀2歳牡馬で種牡馬としても成功を修めたフジキセキ、2015年の府中牝馬S (G2)などJRA6勝のノボリディアーナ、2002年のクイーンC (G3)に勝利し同年の桜花賞(G1) 3着のシャイニンルビーなどがいる。 アイアンクロー(2015年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母ヤマノアイリー 母父グラスワンダー 馬主 藤井 聡一郎 様 栗東 斉藤 崇史 厩舎 日高町 チャンピオンズファーム 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


アドマイヤムーン産駒、プレイズエターナルが駿風Sを制しオープンに返り咲く

先日、G1ウィナーを送り出したアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではプレイズエターナルが 駿風Sに勝利し、再びオープン入りを果たした。

5月6日 (土)、新潟競馬場で開催された駿風S (4歳上・1600万下・芝1000m直線)に出走したプレイズエターナル。外枠からスタートを切ったプレイズエターナルは自身の武器である末脚を生かすべく後方で脚をため、残り200mからその末脚を爆発させると、前で叩き合う2頭を一気に差し切り、初挑戦の距離をものともせず、2着に2馬身差をつけ勝利し、再びオープン馬の仲間入りを果たした。 プレイズエターナルは母メイビーフォーエヴァー、母の父Zafonicという血統の7歳牡馬。本馬の母メイビーフォーエヴァーは仏2勝、2002年のサンジョルジュ賞(G3) になどに勝利している。また、半兄エクセルシオールはJRA3勝、福島2歳Sなどに勝利している。また、近親には2006年のサセックスS (G1)、2005年のフォレ賞(G1)などに勝利したCourt Masterpieceがいる。 プレイズエターナル(2010年生・牡・黒鹿) 父アドマイヤムーン 母メイビーフォーエヴァー 母の父Zafonic 馬主 H. H. シェイク・モハメド 栗東 安田 隆行 厩舎 日高町 ダーレー 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。