Latest news

ファインニードル供用のお知らせ

 ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2018年に国内無敗、史上初の年間スプリント重賞4勝という快挙を成し遂げ、JRA賞最優秀短距離馬に輝きましたファインニードルを2019年シーズンより種牡馬として供用することを決定いたしました。  ファインニードルは、4歳時に阪神競馬場の芝1200mで行われた水無月Sにおいてコースレコードタイとなる1.07.1秒で優勝。その素質を開花させると、同年のセントウルS (G2) に勝利し重賞初制覇。5歳になり年明けのシルクロードS (G3) に勝利。そして、いよいよ本格化を迎えた本馬は、続く春の短距離王決定戦、高松宮記念 (G1) において素晴らしい末脚を披露して優勝、見事G1初制覇を成し遂げました。その後、セントウルS (G2) を連覇して挑んだ秋の大一番、スプリンターズS (G1) でも後方から数々の有力馬を抜き去り優勝、ロードカナロア以来となるJRAスプリントG1完全制覇の偉業を達成しました。  本馬の父アドマイヤムーンは、G1馬ファインニードル、セイウンコウセイを筆頭にこれまでに8頭の重賞勝ち馬を送り出し、芝のサイアーランキングにおいては常に上位の成績を収めています。とりわけスプリントレースにおいて他の種牡馬を圧倒し、貴重なエンドスウィープの後継種牡馬として類まれなるスピードを産駒に伝えています。  また、本馬は母系も優秀で母ニードルクラフトはクロエ賞 (G3)、セルジオクマーニ賞 (G3) の勝ち馬、祖母はフィーニクスS (G1) 2着の快速馬で、近親にはドラール賞 (G2) 勝ち馬FractionalやタロックS (G2)


ダーレー種牡馬2019年度種付料のお知らせ

 ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2019年シーズンに7頭の種牡馬をご提供いたします。  ヨーロッパを拠点に世界を股にかけ活躍、アメリカのブリーダーズカップターフ (G1) を制したタリスマニックは、現役引退後に種牡馬として日本初供用。種付料は180万円となります。  2歳世代から既に重賞勝ち馬デルマルーヴルが出現、常に高い勝ち馬率で優秀な産駒を続々と送り出し、ダートの次世代を担う種牡馬として期待されるパイロは250万円。  本年、ファインニードルがJRAスプリントG1を春秋制覇するなど、スプリントレースにおいて4頭の重賞勝ち馬を送り出し、他の種牡馬を圧倒する成績を収めたアドマイヤムーン。その種付料は、170頭の牝馬を集めた本年と同様の150万円となります。  さらに、今年誕生した本邦初産駒の出来が高く評価されているディスクリートキャット、他を圧倒するような迫力のある馬体で初年度から150頭以上の牝馬を集めたアメリカンペイトリオットが150万円。芝・ダート、距離を問わない産駒の活躍で支持を得るモンテロッソが100万円。そして、地方競馬において続々と重賞勝ち馬を送り出し、デビュー3世代の驚異的な勝ち上がり率から早くも種牡馬として存在感を誇示しているフリオーソは50万円に設定いたしました。 加治屋正太郎(ノミネーションマネージャー) 「タリスマニックは競走成績だけでなく、その父や母系など日本適性を示す要素を多く含んでいます。早い時期から注目していた馬で、現役引退後に種牡馬として導入できたことを嬉しく思います。また、優秀な産駒を送り出しているパイロ、アドマイヤムーン、フリオーソを筆頭にこれまで繋養されてきた6頭もそれぞれ高い評価を頂き、既に多くのお問い合わせを頂いております。皆様からの絶大なサポートに感謝し、来シーズンも安心してご利用いただけるようサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2019年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:250万円 出生条件(産駒誕生後30日以内支払) NEW <タリスマニック> 種付料:180万円 出生条件(産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万円 出生条件(産駒誕生後30日以内支払) <アメリカンペイトリオット> 種付料:150万円


新種牡馬タリスマニックへの期待

       

 内国産馬の著しい資質向上に伴い、種牡馬も自前での調達が可能になったのが昨今の日本で、近年はそれほど多くはなかったのが輸入種牡馬の導入だった。だが、ここ2年ほど若駒のマーケットが好調に推移したことを受け、今年は10月に入る頃から続々と「海外から種牡馬導入」のニュースが聞こえてきた。   中でも、飛び切りのビッグニュースにしてグッドニュースだったのが、11月22日にダーレー・ジャパンから発表された、タリスマニック導入決定の一報であったと思う。  シェイク・モハメドの生産組織ダーレーが生産し、シェイク・モハメドの競馬組織ゴドルフィンが所有したタリスマニックだが、実は、母のマジックミッション(父マキャヴェリアン)も、祖母ドリームチケット(父ダンジグ)も、シェイク・モハメドの兄マクトゥーム・アル・マクトゥームの競馬組織ゲインズボロウ・スタッドの生産馬で、いずれもマクトゥーム・アル・マクトゥームの服色を背に走った馬たちだった。すなわち、近代国家としてのドバイの中興の祖である一方で、稀代の馬産家でもあるマクトゥーム・ファミリーによる、ホームメイドの名馬がタリスマニックなのである。    ニューマーケットに拠点を置く伯楽マイケル・スタウトの管理馬として1勝を挙げたドリームチケットは、4歳の春に繁殖入り。初年度こそ不受胎に終わったものの、2年目からの16年間で14頭の子供を出産した、優秀な繁殖牝馬であった。  マキャヴェリアンを交配されて、98年に生まれたドリームチケットの初仔がマジックミッションで、仏国の伯楽アンドレ・ファーブル厩舎に入厩した同馬は、2歳の5月30日に早くもシャンティーのメイドン(芝1000m)でデビューを果たしている。  能力は高いものの、いささか勝ち味に遅いところがあったのがマジックミッションで、デビューから6戦を消化した段階で未だ勝ち星はなかったものの、一方で、極端な道悪になったデビュー3戦目のドーヴィルの条件戦(芝1200m)で着外に敗れた以外は、全て4着以内に入る堅実性を発揮していた。  ここでファーブル師はマジックミッションをシャンティーのG3クロー賞(芝1800m)にぶつけたところ、勝ち馬プルーヴから頭差の2着に入り、重賞でも戦える能力があることを示している。  3歳シーズンを終えると、北米西海岸を拠点とするニール・ドライスデール厩舎に転厩。  北米でも大崩れをしない特性を存分に発揮しつつ、12月にはG1メイトリアークS (芝8F)で勝ち馬ドレストゥスリルから1と1/2馬身差の3着に好走。そして、5歳7月にハリウッドパークのG3ロイヤルヒロンS (芝8f)を制し、待望の重賞初制覇を果たした。  母マジックミッションの戦績を長々と記したのは、同馬が非常に仕上がりが早かった点や、マイルの重賞を勝つスピードを持っていた点を、強調したいがゆえである。  6歳の春に繁殖入りしたマジックミッションは、翌春に初仔となる父ラーヒィの牡馬を出産。これを皮切りに、18年に産んだ父インヴィンシブルスピリットの牡馬まで、14年間で12頭の産駒を生むという、母マジックミッション同様の多産ぶりを発揮している。  初年度の交配相手がラーヒィだったことは記したばかりだが、2年目以降に同馬が産んだ産駒の父親を列記すると、06年がフォレストリー、07年がエーピーインディ、08年がシングスピール、09年がオーソライズド、10年がピヴォタル、不受胎を1年挟んで、12年がメダグリアドーロと、毎年のように交配相手が変わっている。ところが、メダグリアドーロの子を産んだ12年春には、再びメダグリアドーロが交配されているから、想像するに、12年に生まれた産駒の出来が、それまでになく良かったのだろう。その結果、13年春に生まれた父メダグリアド―ロの牡馬が、後のタリスマニックとなったわけで、結果的にこの配合戦略は大成功することになった。  メダグリアドーロ(父エルプラド)は、トップラインをさかのぼるとサドラーズウェルズからノーザンダンサーに至り、父エルプラドの母の父もサーアイヴァーであるからして、メダグリアドーロの血統表の上半分は、完全なるヨーロッパ血脈である。  メダグリアドーロの母カプチーノベイ(父ベイルジャンパー)は、2歳時から5歳時まで北米で24戦したが、このうち13戦が芝のレースで、11戦がダートのレースだった。通算で5勝したうち、唯一の特別制覇となったのが、ロングエーカーズのダート6.5f戦マーサーガールズSで、3着に入着を果たした。  ゴールデンゲートの特別ヴァレホSもダート6f戦だった。その一方で、5勝のうち4勝は芝の5.5f ~ 8.5f 戦で挙げていたから、カプチーノベイは完全なる両刀遣いであったと言って良さそうだ。  そして、カプチーノベイの父系2代目はダマスカスだから、そこに流れているのは北米のダート血脈である。  メダグリアドーロは、西海岸の伯楽ボビー・フランケルの管理馬として2歳12月にデビュー。3歳時には9戦し、G1トラヴァーズS (d10f)など3重賞を含む4勝を挙げた他、G1ベルモントS


アドマイヤムーン産駒、ファインニードルがスプリンターズSに勝利し、春秋スプリントG1を制覇

9月30日(日)、中山競馬場で行われたスプリンターズS (3歳上・G1・芝1200m)をファインニードルが勝利した。前走のセントウルS (G2)に勝利し、1番人気でレースを迎えたファインニードル。スタート後、外からハナを争う他馬を前に見ながら、馬群のやや後方7、8番手でレースを運び、4コーナーで外目から進出したファインニードルは、直線に向くと馬の力を信じた鞍上の追い出しに応えて、自慢の末脚を存分に繰り出して2着をクビ差退け、人気に応えて勝利した。 この勝利でファインニードルは、春の高松宮記念(G1)、秋のスプリンターズS (G1)、同一年度春秋スプリントG1制覇を果たした史上5頭目の馬となった。 ファインニードルは母ニードルクラフト、母の父Mark of Esteemという血統の5歳牡馬。本馬の母ニードルクラフトは2005年のクロエ賞(G3)、セルジオクマニ賞(G3)勝ち馬。また、本馬の叔父Fractionalは2014年のドラール賞(G2)、2015年のメシドール賞(G3)など重賞4勝の活躍馬。 ファインニードル(2013年生・牡・鹿)  父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト 母の父Mark of Esteem 馬主 ゴドルフィン 栗東 高橋 義忠 厩舎 日高町 Darley 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップでは不屈の精神で内外の一流馬を撃破。2018年は既に産駒が重賞7勝。春秋スプリントG1を制したファインニードル。ムーンクエイクは京王杯スプリングカップ(G2)、ブラックムーンが京都金杯(G3)、セイウンコウセイが函館スプリントS (G3)に勝利。


アドマイヤムーン産駒、ファインニードルがセントウルS (G2) に勝利

ファインニードルが、休み明け初戦となるセントウルS (G2)を鮮やかに勝利した。スプリンターズS (G1)へのステップレースでもあるセントウルS (G2)に快勝したファインニードル。秋最大の目標に向け、最高のスタートを切った。 9月9日(日)、阪神競馬場で行われたセントウルS (3歳上・G2・芝1200m)に出走したファインニードル。休み明けながら1番人気に支持されたファインニードルは外枠から好スタートを決め積極的に前へ。道中5番手につけたファインニードルは4コーナーを外目から抜群の手応えで回ると、直線では貫禄たっぷりの末脚と走りをみせ、後続に1馬身半差をつける完璧なレース内容で勝利した。 ファインニードルは母ニードルクラフト、母の父Mark of Esteemという血統の5歳牡馬。本馬の母ニードルクラフトは2005年のクロエ賞(G3)、セルジオクマニ賞(G3)勝ち馬。また、本馬の叔父Fractionalは2014年のドラール賞(G2)、2015年のメシドール賞(G3)など重賞4勝の活躍馬。 ファインニードル(2013年生・牡・鹿)  父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト 母の父Mark of Esteem 馬主 ゴドルフィン 栗東 高橋 義忠 厩舎 日高町 Darley 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップでは、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。2018年は既に産駒が重賞6勝。ファインニードルが高松宮記念(G1)、セントウルS (G2)、シルクロードS (G3)、ムーンクエイクが京王杯スプリングカップ(G2)、ブラックムーンが京都金杯(G3)、セイウンコウセイが函館スプリントS (G3)に勝利。


パイロ産駒、パイロテクニクスが新馬戦に勝利

産駒の仕上がりの早さと勝ち上がり率が自慢のパイロ。週末のJRA開催ではパイロテクニクスが芝のデビュー戦を制し、新たに2歳勝ち馬となった。 7月1日(日)、函館競馬場で行われた2歳新馬(芝1200m)にてパイロテクニクスが勝利した。スタート後、先頭集団を前に見ながら、縦長となった展開の中団やや後ろにつけたパイロテクニクスは、最終コーナーで前との差を一気に詰めると、直線では残り200m付近で前を一気に交わすと、後続に2馬身半差をつけ勝利した。 パイロテクニクスは母ショウナンハトバ、母の父フジキセキという血統の2歳牡馬。本馬の母系にはジャパンC (G1)、秋華賞(G1)と2つのG1に勝利したショウナンパンドラや種牡馬として一時代を築いたステイゴールドなどがいる。 パイロテクニクス(2016年生・牡・鹿) 父パイロ 母ショウナンハトバ 母の父フジキセキ 馬主 (有)シルクレーシング 様 美浦 武藤 善則 厩舎 新ひだか町 原口牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から5世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の75%を記録。


アドマイヤムーン産駒、セイウンコウセイが函館スプリントS (G3) に勝利

アドマイヤムーンの勢いが止まらない。週末の函館開催で産駒のセイウンコウセイが函館スプリントS (G3)に勝利、復活の狼煙を上げた。本年アドマイヤムーン産駒は高松宮杯(G1)を含め、早くも5つ目の重賞勝利を手にした。 6月17日(日)、函館競馬場で行われた函館スプリントS (3歳上・G3・芝1200m)に出走したセイウンコウセイ。最内スタートの利を生かして積極的なレース運びから逃げを打ち、ペースを握ったセイウンコウセイは、ゴール前では後続の追い上げをハナ差退け、昨年の高松宮杯(G1)以来となる復活勝利を重賞で飾った。 セイウンコウセイは母オブザーヴァント、母の父Capoteという血統の5歳牡馬。本馬のきょうだいハイッカクウ、メイショウグラハム、アステュートはJRA勝ち馬。また、叔父には1996年のNHKマイルC (G1)などに勝利し種牡馬となったタイキフォーチュン、近親には2015年のNHKマイルC (G1)などに勝利したクラリティスカイなどがいる。このファミリーには名種牡馬Known Fact、Gone Westなどが名を連ねている。 セイウンコウセイ(2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母オブザーヴァント 母の父Capote 馬主 西山 茂行 様 美浦 上原 博之 厩舎 新ひだか町 桜井牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップでは、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。2018年はファインニードルが高松宮記念(G1)、ムーンクエイクが京王杯スプリングカップ(G2)、ブラックムーンが京都金杯(G3)、セイウンコウセイが函館スプリントS (G3)に勝利。


パイロ産駒、ラインカリーナがデビュー戦を6馬身差で圧勝

先日、産駒のハセノパイロが東京ダービーを制したパイロ。週末のJRA開催ではラインカリーナがデビュー戦を6馬身差で圧勝した。 6月16日(土)、東京競馬場で行われた2歳新馬(ダート1400m)に出走したラインカリーナ。人気馬を前に置き2番手でレースを運んだラインカリーナは直線に入り、残り400m付近から追い出されると、一完歩ごとに後続を引き離し、他馬を置き去りにする走りで、2着に6馬身差をつけ圧勝した。 ラインカリーナは母フェールクークー、母の父アラムシャーという血統の2歳牝馬。母フェールクークーはJRA勝ち馬。本馬の叔母ブランダムールはJRA5勝、TVh杯(1600万下)など4つの特別戦に勝利し、カンナS (OP) 2着、UHB賞(OP) 3着の実績がある。 ラインカリーナ(2016年生・めす・栃栗) 父パイロ 母フェールクークー 母の父アラムシャー 馬主 大澤 繁昌 様 美浦 武藤 善則 厩舎 浦河町 日進牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から5世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の75%を記録。


アドマイヤムーン産駒、ムーンクエイクが新たな重賞ウィナーに

今春、産駒が高松宮記念 (G1) を連覇したアドマイヤムーン。ムーンクエイクが京王杯スプリングカップ (G2) をレコードで勝利し、新たに重賞ウィナーとなった。この勝利でアドマイヤムーン産駒は、本年G1勝利を含め早くも4つ目の重賞を手にした。 5月12日 (土)、東京競馬場で行われた京王杯スプリングカップ (4歳上・G2・芝1400m) をアドマイヤムーン産駒のムーンクエイクが制した。今回が重賞初挑戦となったムーンクエイクは、道中10番手付近の中団でレースを運ぶと、外目で最終コーナを回り、直線では残り400mから長くタフな末脚で前に迫ると、ゴール前では3頭の激烈な追い比べを計ったように頭差で差し切り勝利した。初挑戦となる重賞をレコードで制したムーンクエイク。陣営からは、次走は安田記念 (G1) に向かう予定とのコメントが出されている。 ムーンクエイクは母リッチダンサー、母の父Hallingという血統の5歳牡馬。本馬の半姉バウンスシャッセは愛知杯 (G3)、中山牝馬S (G3) など3つの重賞を制しており、また、半兄のtubbs Artは2008年の英2000ギニー (G1)、愛2000ギニー (G1) ともに3着の実績がある。 ムーンクエイク (2013年生・セン・栗) 父アドマイヤムーン 母リッチダンサー 母の父Halling 馬主 キャロットファーム 様 美浦 藤沢 和雄 厩舎