Latest news

新種牡馬ファインニードル産駒が初勝利!

スプリンターズS (G1)、高松宮記念 (G1) などに勝利した 2018年度JRA賞最優秀短距離馬ファインニードル。本年待望のデビューを迎えた初年度産駒が早くも初勝利をあげた。 ファインニードル産駒初の勝ち馬となったのは、7月2日 (土) 小倉競馬場で開催された2歳未勝利 (芝1200m) に出走したウメムスビ。デビュー戦となった前走を2着としたウメムスビは、単勝1.3倍の圧倒的一番人気に支持されてレースに臨んだ。 スタート後テンのスピードを生かして番手に付けたウメムスビは、向こう正面で早くも前を射程にとらえて4コーナーを回り直線へ。直線に入ると早々に前を交わし先頭に立ったウメムスビは、そのスピードと末脚を発揮して内との追い比べを制し2着に1馬身1/4差をつけ勝利、父ファインニードルの産駒として最初の勝ち馬となった。 父譲りのスピードあふれる走りで勝ち馬となったウメムスビ。本馬の2代母父はサンデーサイレンス。自身はサンデーサイレンス3×4のクロスの持ち主でもあり、ファインニードルとサンデーサイレンスの血を内包する繫殖牝馬との相性の良さを裏付ける存在ともなった。 ウメムスビは母ヴィオレッタ、母の父シンボリクリスエスという血統の2歳牡馬。本馬の祖母プリンセスカメリアは芝1200mのJRA勝ち馬。叔父には2011年の朝日杯フューチュリティS (G1) に勝利したアルフレード、叔母には2019年のフェアリーS (G3) に勝利したフィリアプーラがおり、この母系には1994年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、種牡馬としても成功したサクラバクシンオーも名を連ねている。 ウメムスビ (2020年生・牡・黒鹿) 父ファインニードル 母ヴィオレッタ 母の父シンボリクリスエス 馬主 細川 陽介 様 栗東 新谷 功一 厩舎 新冠町 奥山牧場 生産 ファインニードルは、


ダーレー種牡馬2022年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社は、2022年シーズンに全10頭の種牡馬をご提供いたします。 パイロは、本年のJBCクラシック (Jpn1) において地方所属馬初制覇という快挙を成し遂げたミューチャリー、みやこS (G3) で重賞初制覇を果たしたメイショウハリオらの活躍で、次世代のダート界を担う種牡馬として存在感を示し、その種付料を300万円に設定いたしました。ドバイワールドC連覇などG1・4勝、今年誕生した初産駒が高い評価を得ているサンダースノー、そして初産駒が来年いよいよデビューを迎える短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。デルマーで開催されたBCターフの覇者で、壮健な初産駒が来年デビューを迎えるタリスマニックは、180万円。本年デビューした初産駒が順調に勝ち上がり、注目を浴びるアメリカンペイトリオット、芝・ダートを問わない産駒の活躍で益々勢いを増すディスクリートキャット、世界的名門ファミリーから出現した大物スプリンターとして供用初年度から優秀な牝馬を多数集めたタワーオブロンドンは、それぞれ150万円です。エクリプスSを3歳時に制覇、ドバイシーマクラシックでは圧巻の逃げ切り勝ちで世界を震撼させたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々成績を上げ、ダート界におけるトップスタリオンの仲間入りを果たしたフリオーソが100万円。そして、秀でたスピードを伝え続けるアドマイヤムーンの種付料は、50万円となります。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「産駒が既にデビューしている種牡馬はそれぞれが良績を残し、お陰様で発表前から多くのお問い合わせを頂いております。これらに加え、2022年はファインニードル、タリスマニックと欧州におけるホークビルの初産駒デビューや、タワーオブロンドンの初産駒誕生などを控える重要なシーズンとなります。皆様からのこれまでの強力なサポートに心から感謝申し上げると共に、来シーズンもご期待に添う魅力的な条件とサービスのご提供に努めて参ります。皆様のご利用、そしてご来場を心よりお待ち申し上げます」 =2022年度種牡馬ラインナップ= 種付料 出生条件 <パイロ> 300万円   産駒誕生後30日以内支払  <ファインニードル> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <サンダースノー> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <タリスマニック>


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


ファインニードル供用のお知らせ

 ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2018年に国内無敗、史上初の年間スプリント重賞4勝という快挙を成し遂げ、JRA賞最優秀短距離馬に輝きましたファインニードルを2019年シーズンより種牡馬として供用することを決定いたしました。  ファインニードルは、4歳時に阪神競馬場の芝1200mで行われた水無月Sにおいてコースレコードタイとなる1.07.1秒で優勝。その素質を開花させると、同年のセントウルS (G2) に勝利し重賞初制覇。5歳になり年明けのシルクロードS (G3) に勝利。そして、いよいよ本格化を迎えた本馬は、続く春の短距離王決定戦、高松宮記念 (G1) において素晴らしい末脚を披露して優勝、見事G1初制覇を成し遂げました。その後、セントウルS (G2) を連覇して挑んだ秋の大一番、スプリンターズS (G1) でも後方から数々の有力馬を抜き去り優勝、ロードカナロア以来となるJRAスプリントG1完全制覇の偉業を達成しました。  本馬の父アドマイヤムーンは、G1馬ファインニードル、セイウンコウセイを筆頭にこれまでに8頭の重賞勝ち馬を送り出し、芝のサイアーランキングにおいては常に上位の成績を収めています。とりわけスプリントレースにおいて他の種牡馬を圧倒し、貴重なエンドスウィープの後継種牡馬として類まれなるスピードを産駒に伝えています。  また、本馬は母系も優秀で母ニードルクラフトはクロエ賞 (G3)、セルジオクマーニ賞 (G3) の勝ち馬、祖母はフィーニクスS (G1) 2着の快速馬で、近親にはドラール賞 (G2) 勝ち馬FractionalやタロックS (G2)