Latest news

アメリカンペイトリオット産駒、ボンクラージュが新馬戦を逃げ切りで快勝!

産駒のブレスレスリーが新馬戦に勝利、産駒JRA初出走初勝利という快挙を成し遂げ、一躍脚光を浴びることとなったアメリカンペイトリオット。週末のJRA開催では、ボンクラージュがスピードの違いで新馬戦に快勝し、その注目度はさらに加速しそうだ。 8月1日 (日)、新潟競馬場で開催されたメイクデビュー新潟 (2歳・新馬・芝1600m) に出走したボンクラージュ。 外枠からスタートを決めたボンクラージュはテンのスピードを生かして先頭へ。自らのペースでレースの主導権を握ったボンクラージュは、絶好の手応えで最終コーナーを周り直線へ。長い新潟の直線をものともせず、しっかりとした脚取りで駆け抜けたボンクラージュは、残り200m手前で後続が迫るとそこから鞍上のムチに鋭く反応。さらに脚を伸ばし、最後は2着に2馬身半差を付ける危なげないレース内容で勝利、見事デビュー勝ちを収めた。 ボンクラージュは母レアファインド、母の父ステイゴールドという血統の2歳牝馬。母レアファインドはJRA勝ち馬、本馬の叔母には2012年のアルテミスS (L) に勝利し、阪神ジュベナイルフィリーズ (G1) 4着のコレクターアイテムがいる。ボンクラージュは母の初仔。なお、本馬は今年の5月21日に開催された千葉サラブレッドセールで2,123万円で取引されていた。 ステイゴールド肌から生まれたボンクラージュ。先日新馬戦に勝利したブレスレスリーもサンデーサイレンスを内包した繁殖牝馬から生まれており、サンデーサイレンス系牝馬との好相性をうかがわせる結果となった。 ボンクラージュ (2019年生・牝・黒鹿) 父アメリカンペイトリオット 母レアファインド 母の父ステイゴールド 馬主 落合 幸弘 様 美浦 矢野 英一 厩舎 千歳市 社台ファーム 生産 アメリカンペイトリオットはアメリカのトップクラスサイアー、ウォーフロントが送る、才能溢れるG1ウィナー。 3歳時にケントS (G3) を制覇し、4歳時にメーカーズ46マイルS (G1) を制覇。


アメリカンペイトリオット産駒が、JRAにおいて初出走、初勝利!

今年、初年度世代が待望のデビューを迎えたアメリカンペイトリオット。 アメリカを拠点とし、世界中の芝レースで活躍馬を送る名種牡馬ウォーフロントの後継種牡馬として日本に輸入された本馬。産駒が日本においてどのような走りをするのか多くの関係者が注目する中、週末はJRAにおける初の出走産駒として、ダーレー生産のブレスレスリーがデビュー。好スタートから抜群の二の脚でハナに立ちレースのペースを握ると、直線に入ってもその脚色は衰えず、後続から迫りくる人気馬勢を難なく振り切り、最後は2着に1馬身と1/4差を付け勝利。初のJRA出走馬が新馬勝ちを収めるという快挙を成し遂げた。 ブレスレスリーは母ハッシュ、母の父コマンズという血統の2歳牝馬。母ハッシュは特別2勝を含めJRAで4勝。祖母のサイレントはサンデーサイレンス産駒の勝ち馬で、愛オークス (G1) などに勝利した名牝Alydaressの血を引いている。 ファーストシーズンサイアーとして、早くも勝ち馬を送り出し、日本競馬への適性を披露したアメリカンペイトリット。これからデビューを控える中にも早くから評判となっている産駒が多数おり、その活躍に目が離せない。また、ブレスレスリーにも認められるが、本種牡馬を配合する際のポイントとなるサンデーサイレンスとのニックス性にも期待したい。 ブレスレスリー (2019年生・牝・芦) 父アメリカンペイトリット 母ハッシュ 母の父コマンズ 馬主 ゴドルフィン 栗東 藤岡 健一 厩舎 日高町 ダーレー 生産 アメリカンペイトリットはアメリカのトップクラスサイアー、ウォーフロントが送る、才能溢れるG1ウィナー。 3歳時にケントS (G3) を制覇し、4歳時にメーカーズ46マイルS (G1) を制覇。 母はドバイワールドC勝ち馬ウェルアームドの全妹で、ファミリーには日本の年度代表馬、種牡馬としても大成功を収めたシンボリクリスエスが名を連ねる。 2021年、初年度産駒がデビュー。


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


アメリカンペイトリオット 合田直弘

 様々な魅力に満ち溢れているアメリカンペイトリオットだが、まず真っ先にご紹介したいのが、現役時代に見せたレース振りである。  競馬で勝つために重要な要素のひとつが「スピード」であることは言うまでもないが、ひと括りに「スピード」と言ってしまうと、その概念は非常に幅広く、解釈の齟齬が見解の相違を生むことになりかねない。  例えば、テンからガンガン飛ばして行くダッシュ力も「スピード」であり、競馬に勝つために必要な形質ではあるが、しかし、日本の競馬でことさらに有用なのは、こういうスピードではない。日本の競馬で勝つために求められるのは、溜めることが出来て、なおかつ、使いたいという局面で間髪を入れずに使うことが出来る、タクティカルなスピードである。  「瞬発力」あるいは「切れ味」という言葉に代弁されるスピードこそが、日本で勝ち抜く上で極めて重要な形質なのだ。今や、世界のトップと互角に渡り合えるようになった日本産馬だが、国際舞台においても、日本馬の特性は「瞬発力」というのが既に通り相場となっており、日本馬は「切れ味」を最大の武器として、海外の強豪たちと相まみえているのである。  アメリカンペイトリオットとは、類い稀なスピードをタクティカルに使える馬であった。同馬が制した、2017年4月14日にケンタッキー州のキーンランド競馬場で行われた、G1メイカーズ46マイル(芝8f)の映像を、ぜひご覧いただきたい。好スタートを切りながら、前半は中団後ろ目に待機。アメリカの競馬らしく3~4コーナー中間からペースが上がった中、ジワッと番手をあげながらも、直線残り300m付近でのアメリカンペイトリオットは、先頭から6馬身ほど後方の6番手というポジションだった。ギアをトップに入れたのは残り1fを切ってからで、そこから疾風怒涛の末脚を繰り出し、相手馬たちを一刀両断にして差し切り勝ちを演じたのである。極上の切れ味を持ち、なおかつそれを、ここぞという局面で使える競走馬がアメリカンペイトリオットであった。  創設時の1989年から1996年まではフォートハロッドS、1997年から2011年まではメイカーズマークマイルの名称で施行されたメイカーズ46マイルは、歴史こそ浅いものの、北米芝路線において極めて重要な位置にある一戦となっている。  それは、過去の勝ち馬の名を見れば一目瞭然で、そもそもからして1989年の第1回競走の勝ち馬が、3つのG1を制した他、ウッドバインのキングエドワードGCで、1分45秒4という芝9fのワールドレコードタイ記録をマークした実績のあった、名馬ヤンキーアフェアであった。  1991年の勝ち馬は、その年の秋にG1BCマイルを制することになるオープニングヴァーズであったし、1996年には前年のケンタッキーダービー2着馬テハノランが優勝を飾っている。  1999年には、欧州でG1ロッキンジS連覇を達成した後に北米に移籍してきたソヴィエトラインが優勝。2005年の勝ち馬アーティーシラー、2006年の勝ち馬ミエスクズアプルーヴァル、2007年の勝ち馬キップデヴィルは、いずれも、その年の秋にG1BCマイルを制している。  キップデヴィルは2008年のこのレースも制し、レース史上初の連覇を達成。そして、2013年・2014年とこのレースを制し、2頭目の連覇を達成したワイズダンは、2012年と2013年に2年連続で全米年度代表馬に選出された馬であった。  こうした錚々たる顔ぶれの一角に、アメリカンペイトリオットの名が記されているのである。  アメリカンペイトリオットが勝った2017年のメイカーズ46マイルも、非常に水準の高い顔触れが集まっていた。前年のこのレースの2着馬で、直前のG3カナディアンターフSで8度目の重賞制覇を果して参戦だったハートトゥハート。前年のG1フランクキルローマイル勝ち馬で、連覇を狙った前走のG1フランクキルローマイルは2着だったホワットアビュー。サンタアニタのG2アルケイディアHを2年連続制覇した後、前走G1フランクキルローマイルは3着だったボロなど、全米各地から集ったトップマイラーたちを相手に、前述したような大向こうを唸らせる勝ち方を、アメリカンペイトリオットは見せたのである。  そのメイカーズ46マイルと並ぶ、アメリカンペイトリオットの競走生活におけるもう1つのハイライトが、2016年7月16日にデラウェアダウンズで行われた、G3ケントS (芝9f) であった。このレースにおけるアメリカンペイトリオットは、3~4番手追走から、直線残り150m付近で先頭に立つという競馬を見せて優勝。勝ち時計の1分47秒19は、デラウェアパーク芝9ハロンのトラックレコードであった。  タクティカルなスピードを持っていたアメリカンペイトリオットの血統背景もまた、この新種牡馬が持つ実に魅力的な要素の1つである。  勝ち馬ライフウェルリヴドの2番仔となるアメリカンペイトリオットだが、母の4歳年上の全兄にあたるのが、2008年のG1グッドウッドS (AW9f) や2009年のG1ドバイワールドC (D2000m) を制したウェルアームドだ。このうち、G1ドバイワールドCで2着に退けたのは、その翌年にG1ドバイワールドCを勝つことになるグロリアデカンペオンであったが、同馬に付けた着差はレース史上最大となる14馬身という大差であった。ウェルアームドは更に、2008年にデルマーのG2サンンディエゴHを制しているが、その時の勝ち時計の1分41秒57は、デルマー8.5fのトラックレコードであった。アメリカンペイトリオットが持っていた爆発的スピードの根源のひとつは、叔父にあたるウェルアームドにあることは間違いなさそうである。  アメリカンペイトリオットの母ライフウェルリヴドの、3歳年上の半兄には、G1トラヴァーズSで3着となったヘルシンキもいるから、極めて活気ある牝系であることもまた、間違いのない事実だ。  更に近親には、2002年・2003年と、G1天皇賞秋、G1有馬記念をいずれも連覇し、年度代表馬にも2年連続で選ばれたシンボリクリスエスもいるから、日本適性も既に実証済みのファミリーを、アメリカンペイトリオットは背景に持っているのである。  そして、アメリカンペイトリオットの血統的魅力は、そのサイヤーラインにも見出すことが出来る。


アメリカンペイトリオット 供用のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社(本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ)は、ウォーフロント(War Front)産駒のG1馬アメリカンペイトリオット(American Patriot)を2018年シーズンより日本で供用することを決定いたしました。 アメリカンペイトリオットは3歳時に、ケントS (G3)をコースレコードで制覇。そして4歳になり本格化を迎えると、キーンランド競馬場の芝1600mを舞台に行われたメーカーズマイルSにおいて、G1勝ち馬のワットアヴュー(What A View)らを破り見事G1制覇を果たしました。 本馬は、半兄にニッカボッカーS (G2) 2着のムクタサー(Muqtaser)、現3歳馬の半妹に2戦無敗のウェルヒューマード(Well Humored)を持ち、母の全兄がドバイワールドカップ(G1)勝ち馬のウェルアームド(Well Armed)という活力ある優秀な牝系の出身です。また、日本で種牡馬として大成功を収めるシンボリクリスエスも同ファミリーに名を連ねます。 アメリカンペイトリオットは、アメリカの成功種牡馬ウォーフロントが送る芝のG1勝ち馬として日本初供用となります。 ハリー・スウィーニィ(代表取締役) 「父のウォーフロントは産駒が世界中で活躍し、偉大なターフサイアーとしての地位を確立しています。その証拠に、産駒は本年だけで芝のG1レース8勝を挙げております。また、アメリカンペイトリオットは自身が素晴らしい馬体の持ち主です。このようなダンジグの孫を日本で供用できることを本当に嬉しく思います。皆様多数のご利用をお待ちしております」 なお、種付料は150万円(出生条件)となります。