Latest news

新種牡馬タリスマニックへの期待

       
 内国産馬の著しい資質向上に伴い、種牡馬も自前での調達が可能になったのが昨今の日本で、近年はそれほど多くはなかったのが輸入種牡馬の導入だった。だが、ここ 2 年ほど若駒のマーケットが好調に推移したことを受け、今年は 10 月に入る頃から続々と「海外から種牡馬導入」のニュースが聞こえてきた。   中でも、飛び切りのビッグニュースにしてグッドニュースだったのが、 11 月 22 日にダーレー・ジャパンから発表された、 タリスマニック 導入決定の一報であったと思う。  シェイク・モハメドの生産組織ダーレーが生産し、シェイク・モハメドの競馬組織ゴドルフィンが所有したタリスマニックだが、実は、母のマジックミッション(父マキャヴェリアン)も、祖母ドリームチケット(父ダンジグ)も、シェイク・モハメドの兄マクトゥーム・アル・マクトゥームの競馬組織ゲインズボロウ・スタッドの生産馬で、いずれもマクトゥーム・アル・マクトゥームの服色を背に走った馬たちだった。すなわち、近代国家としてのドバイの中興の祖である一方で、稀代の馬産家でもあるマクトゥーム・ファミリーによる、ホームメイドの名馬がタリスマニックなのである。    ニューマーケットに拠点を置く伯楽マイケル・スタウトの管理馬として 1 勝を挙げたドリームチケットは、 4 歳の春に繁殖入り。初年度こそ不受胎に終わったものの、 2 年目からの 16 年間で 14...