Latest news

新種牡馬ファインニードル産駒が初勝利!

スプリンターズS (G1)、高松宮記念 (G1) などに勝利した 2018年度JRA賞最優秀短距離馬ファインニードル。本年待望のデビューを迎えた初年度産駒が早くも初勝利をあげた。 ファインニードル産駒初の勝ち馬となったのは、7月2日 (土) 小倉競馬場で開催された2歳未勝利 (芝1200m) に出走したウメムスビ。デビュー戦となった前走を2着としたウメムスビは、単勝1.3倍の圧倒的一番人気に支持されてレースに臨んだ。 スタート後テンのスピードを生かして番手に付けたウメムスビは、向こう正面で早くも前を射程にとらえて4コーナーを回り直線へ。直線に入ると早々に前を交わし先頭に立ったウメムスビは、そのスピードと末脚を発揮して内との追い比べを制し2着に1馬身1/4差をつけ勝利、父ファインニードルの産駒として最初の勝ち馬となった。 父譲りのスピードあふれる走りで勝ち馬となったウメムスビ。本馬の2代母父はサンデーサイレンス。自身はサンデーサイレンス3×4のクロスの持ち主でもあり、ファインニードルとサンデーサイレンスの血を内包する繫殖牝馬との相性の良さを裏付ける存在ともなった。 ウメムスビは母ヴィオレッタ、母の父シンボリクリスエスという血統の2歳牡馬。本馬の祖母プリンセスカメリアは芝1200mのJRA勝ち馬。叔父には2011年の朝日杯フューチュリティS (G1) に勝利したアルフレード、叔母には2019年のフェアリーS (G3) に勝利したフィリアプーラがおり、この母系には1994年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、種牡馬としても成功したサクラバクシンオーも名を連ねている。 ウメムスビ (2020年生・牡・黒鹿) 父ファインニードル 母ヴィオレッタ 母の父シンボリクリスエス 馬主 細川 陽介 様 栗東 新谷 功一 厩舎 新冠町 奥山牧場 生産 ファインニードルは、


パイロ産駒から新たなG1勝ち馬が誕生!

現在のダート界の一翼を担うパイロ。 その代表産駒の一頭、メイショウハリオが上半期のダートチャンピオン決定戦、第45回帝王賞 (JpnⅠ) に勝利した。 6月29日 (水)、大井競馬場にて開催された帝王賞 (JpnⅠ・4歳上・ダート2000m) に出走したメイショウハリオ。G1勝ち馬4頭を含むダート界のトップホースが揃い、砂の頂点を極めるにふさわしいメンバー構成となった今年の帝王賞。大外9番枠からのスタートとなったメイショウハリオは好スタートを切ると4番手で1コーナーを周る。向こう正面では外から一気に進出してきた馬に被せられる場面にも動じることなくマイペースでレースを運び十分な手応えを保ったまま直線へ。その直線で優勝争いに加わったのは、G1馬3頭、そして、メイショウハリオ。その4頭横一線の追い比べとなる中、メイショウハリオはその間を堂々たる脚取りで抜け出し、残り200mで先頭に立つと、ゴール前ではその壮絶な追い比べをクビ差制する勝負根性をも発揮して見事勝利、念願のG1タイトルを獲得した。 ダート界を牽引する豪華メンバーの中に入り、自身の成長力を見せつける走りで帝王賞を制したメイショウハリオ。将来のダート界を担う父パイロとともに、益々の活躍を期待したい。 メイショウハリオは母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統の5歳牡馬。本馬の半弟には、本年のダイヤモンドS (G3) に勝利し、天皇賞 (春) (G1) 3着の実績を持つ現役馬テーオーロイヤル、叔父にはアルゼンチン共和国杯 (G2) 2着、ダイヤモンドS (G3) 3着などJRA5勝の実績馬メイショウカドマツらが名を連ね、さらに遡るとCourtly Deeに辿り着く優秀なファミリーに属している。 メイショウハリオ (2017年生・牡・栗) 父パイロ 母メイショウオウヒ 母の父マンハッタンカフェ 馬主 松本 好雄 様


新種牡馬タリスマニックの初出走産駒が、門別競馬場において初勝利!

今年、初年度産駒がデビューを迎えたタリスマニック。 一際目を引く特徴的なルックスと、2歳から5歳まで、世界各地の競馬場で活躍した確かな能力を併せ持ち、世界のG1馬9頭を相手にブリーダーズカップターフ (G1) をコースレコードで制覇した本馬。 世界中がその産駒の動向に注目する中、来週より始まるJRAでの新馬戦より一足早く門別競馬場において、初の出走産駒であるマサノチャンスが2戦目にして初勝利を挙げた。デビュー戦はスタートで後手を踏み、後方からの競馬となるも、直線での脚は確かなものを見せていた本馬は、5月26日 (木) の2戦目では、抜群のスタートを決め、2番手からレースを進めると、直線では鞍上のゴーサインに応え、上がり最速の末脚を繰り出して1着でゴール。素質の高さを伺わせる強烈な決め手を見せつけての勝利となった。 マサノチャンスは母ティアップアリア、母の父ヘニーヒューズという血統の2歳牡馬。母のきょうだいであるレッドアーチャーは南関東で5勝。4代母には仏ロワイヤリュー賞 (G2) 勝ち馬のパッショナリアⅡが名を連ねる。 ファーストシーズンサイアーとして、早くも勝ち馬を送り出し、自身は芝・2400mを主戦場としながらも、ダート・1000m戦を勝ち切る高いスピード能力を伝えていることが明らかになったタリスマニック。産駒の評価はデビューが近づくにつれて高まり、その活躍に関係者からの期待の声が続々と集まっている。また、マサノチャンスにも認められるが、本種牡馬を配合する際のポイントとなるサンデーサイレンスとのニックス性にも期待したい。 マサノチャンス(2020年生・牡・鹿) 父タリスマニック 母ティアップアリア 母の父ヘニーヒューズ 馬主 古賀禎彦 様 北海道 田中 正二 厩舎 浦河郡 小林 正仁 生産 タリスマニックは、日本馬が活躍した2021年のブリーダーズカップと同じ舞台である、デルマ―競馬場において、2017年にコースレコードでBCターフ (G1) を制覇。 母は、ロイヤルヒロインS (G3) 勝ちなど、 米、仏の重賞戦線で活躍したブラックタイプウィナー。 バーグクレアに辿り着くそのファミリーには、


パイロ産駒、メイショウハリオがマーチS (G3) に勝利。

ダート界の一翼を担いつつあるパイロ。週末のマーチS (G3) ではメイショウハリオが勝利、2着にも同産駒のケンシンコウが入り、パイロ産駒のワンツーフィニッシュとなった。 3月27日 (日)、中山競馬場で開催されたマーチS (G3・4歳以上・オープン・ダート1800m) に出走したメイショウハリオ。ややあおり気味のスタートとなったものの、末脚を生かす競馬に徹するべく待機策を選択した本馬は、後方3番手に位置し1コーナーを回り向こう正面へ。しっかりと折り合いレースを運んだメイショウハリオは、残り1000m付近から徐々に進出を開始し、3コーナーから4コーナーにかけては大外に進路を取り先団を射程圏に捉えていざ直線へ。その直線では大外から上がり3ハロンタイム36.5秒という目の覚めるような異次元の末脚を繰り出し先行勢を次々と抜き去り、最後は逃げ粘るパイロ産駒のケンシンコウを半馬身差交わして見事優勝。2走前のみやこSに続き重賞2勝目を挙げた。 最後まで死闘を繰り広げ2着となったケンシンコウと共にパイロ産駒のワンツーフィニッシュとなった本レースでは、両馬が3着以下に3馬身半差以上の差を付け、その能力の違いを見せつける素晴らしい結果となった。 メイショウハリオは母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統の5歳牡馬。本馬の半弟には、兵庫特別を含むJRA2勝を上げた現役馬テーオーロイヤル、叔父にはアルゼンチン共和国杯 (G2) 2着、ダイヤモンドS (G3) 3着などJRA5勝の実績馬メイショウカドマツなどが名を連ね、さらに遡るとCourtly Deeに辿り着く優秀なファミリーに属する。 メイショウハリオ (2017年生・牡・栗) 父パイロ 母メイショウオウヒ 母の父マンハッタンカフェ 馬主 松本 好雄 様 栗東 岡田 稲男 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。 地方所属馬として初めてJBCクラシック (Jpn1) を制覇したミューチャリーを筆頭に、重賞戦線を賑わす大物続々登場。


アメリカンペイトリオット産駒、ビーアストニッシドが スプリングS (G2) に勝利、堂々クラシック候補に。

アメリカンペイトリオットの初年度産駒、ビーアストニッシドがクラシックへのステップレース、スプリングS (G2) に勝利した。 3月20日 (日)、中山競馬場で開催されたスプリングS (G2・3歳・芝1800m) に出走したビーアストニッシド。最内枠に入った本馬は、スタート直後にややつまずいたものの鞍上は本馬の良さを生かすべくためらいなくハナを奪うレースを選択。スピードを生かし難なく先頭に立つと、レースの主導権を握る。道中は2番手に1馬身半程の差を付け、自らのペースでレースを進めた本馬は抜群の手応えのまま最終コーナーへ。直線に入ってもその脚色は衰えることは無く、しっかりとした脚取りで後続を引き離し同馬の勝利パターンに持ち込むと、ゴール前では外から猛然と襲い掛かる2着馬をハナ差退ける勝負根性をも見せ見事勝利した。 これまで、ラジオNIKKEI杯京都2歳S (G3) 2着、共同通信杯 (G3) 3着など重賞レースで惜敗を重ねてきたビーアストニッシド。今回のスプリングS (G2) の勝利で念願の初重賞タイトルを手にすると同時に、クラシックへの出走権をも見事獲得した。また、父のアメリカンペイトリオットにとっても初年度産駒から重賞勝ち馬、クラシック出走馬を送り出すという嬉しい勝利となった。 ビーアストニッシドは母マオリオ、母の父ネオユニヴァースという血統の3歳牡馬。本馬の叔母には2017年のフェアリーS (G3) などに勝利したライジングリーズン、近親にはG1レース7勝をあげ、2006年のダートグレード競走最優秀馬とNARグランプリ特別表彰馬に選出されたブルーコンコルドがいる。 ビーアストニッシド (2019年生・牡・黒鹿) 父アメリカンペイトリオット 母マオリオ 母の父ネオユニヴァース 馬主 村中 徹 様 栗東・飯田 雄三 厩舎 日高町 ヴェルサイユファーム株式会社 生産 アメリカンペイトリオットはアメリカで大成功を収めるウォーフロントが送る貴重な後継種牡馬。


ディスクリートキャット産駒、コンバスチョンがヒヤシンスS (L) をレースレコードで勝利!

芝・ダートを問わない産駒の走りで注目を集めているディスクリートキャット。週末のJRA開催では、コンバスチョンがヒヤシンスS (L) に勝利し新たなリステッドウィナーとなった。 2月20日 (日)、東京競馬場で開催された3歳・ダート1600m戦のヒヤシンスS (L) に出走したコンバスチョン。前走の全日本2歳優駿 (Jpn1)、前々走の兵庫ジュニアGP (Jpn2) ともにあと一歩のところで勝利を逃し2着に甘んじた本馬は雪辱を期してこのレースに臨んだ。 コンバスチョンは、スタートを決めると内枠を生かして程なく内の3、4番手の好位につけ危なげなく道中を運ぶ。比較的速いペースで淀みなく流れるレース展開にきっちり対応したコンバスチョンは、ロスのないレース運びで最内の好位につけたまま最終コーナーを回り直線へ。直線に入り残り400mを切り満を持して追い出されたコンバスチョンは、残り200m付近であっさりと前を交わして抜け出す末脚を披露し、ゴール前では外から追い上げてきた2着馬をきっちりとクビ差退けて勝利、リステッドウィナーとなった。勝利タイムの1:35.3はヒヤシンスSが現行の距離となった1997年以降最速を記録した。 念願のリステッドウィナーとなったコンバスチョンの通算成績はこれで5戦3勝2着2回。今回の勝利で今後の展望を大きく広げた本馬。父譲りのスピードを武器にさらなる飛躍が期待されている。 ダーレーの自家生産馬であるコンバスチョンは母スモーダリング、母の父パイロという血統の3歳牡馬。母スモーダリングはJRAで3勝をあげており、本馬のいとこには2020年のJBCレディスクラシック (Jpn1) などに勝利したファッショニスタ、近親には2013年のBCターフ (G1)、愛2000ギニー (G1) などに勝利した種牡馬Magician、2008年の英愛2000ギニーなどG1レース4勝の種牡馬Henrythenavigator、2007年のフィリーズマイル (G1) などに勝利し日本に輸入されたリッスンなどの活躍馬がいる。 コンバスチョン (2019年生・牡・鹿) 父ディスクリートキャット 母スモーダリング 母の父パイロ 馬主 ゴドルフィン


ダーレー種牡馬2022年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社は、2022年シーズンに全10頭の種牡馬をご提供いたします。 パイロは、本年のJBCクラシック (Jpn1) において地方所属馬初制覇という快挙を成し遂げたミューチャリー、みやこS (G3) で重賞初制覇を果たしたメイショウハリオらの活躍で、次世代のダート界を担う種牡馬として存在感を示し、その種付料を300万円に設定いたしました。ドバイワールドC連覇などG1・4勝、今年誕生した初産駒が高い評価を得ているサンダースノー、そして初産駒が来年いよいよデビューを迎える短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。デルマーで開催されたBCターフの覇者で、壮健な初産駒が来年デビューを迎えるタリスマニックは、180万円。本年デビューした初産駒が順調に勝ち上がり、注目を浴びるアメリカンペイトリオット、芝・ダートを問わない産駒の活躍で益々勢いを増すディスクリートキャット、世界的名門ファミリーから出現した大物スプリンターとして供用初年度から優秀な牝馬を多数集めたタワーオブロンドンは、それぞれ150万円です。エクリプスSを3歳時に制覇、ドバイシーマクラシックでは圧巻の逃げ切り勝ちで世界を震撼させたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々成績を上げ、ダート界におけるトップスタリオンの仲間入りを果たしたフリオーソが100万円。そして、秀でたスピードを伝え続けるアドマイヤムーンの種付料は、50万円となります。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「産駒が既にデビューしている種牡馬はそれぞれが良績を残し、お陰様で発表前から多くのお問い合わせを頂いております。これらに加え、2022年はファインニードル、タリスマニックと欧州におけるホークビルの初産駒デビューや、タワーオブロンドンの初産駒誕生などを控える重要なシーズンとなります。皆様からのこれまでの強力なサポートに心から感謝申し上げると共に、来シーズンもご期待に添う魅力的な条件とサービスのご提供に努めて参ります。皆様のご利用、そしてご来場を心よりお待ち申し上げます」 =2022年度種牡馬ラインナップ= 種付料 出生条件 <パイロ> 300万円   産駒誕生後30日以内支払  <ファインニードル> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <サンダースノー> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <タリスマニック>


パイロ産駒、メイショウハリオが、みやこS (G3) に勝利!

先週のJBC開催においてミューチャリーがJBCクラシック (Jpn1) に勝利、その翌日にはクインズサターンが、門別競馬場のクライマックスを飾る道営記念で連覇を達成するなど、産駒が全国各地の大レースで活躍し勢いに乗るパイロ。 今週はJRA開催において、みやこS (G3) をメイショウハリオが勝利し、新たな重賞勝ち馬となった。 11月7日 (日)、阪神競馬場で開催されたみやこS (G3) に出走したメイショウハリオ。内の3番枠からスタートを切ったメイショウハリオは、前走同様に後方からの位置取りで進出の機会を窺いながら、しっかりと折り合いレースを運ぶ。道中は馬群が凝集する形で我慢を強いられる位置取りとなったが、残り1000m、3コーナー手前付近から徐々に進出を開始した本馬は、馬混みの中を何とか中団まで押し上げて4コーナーへ。直線では馬群を捌きながら外に持ち出され、僅かに開いた馬の間を割って抜け出しにかかると、そこから目の覚めるような末脚を繰り出して一気に前を捉え、最後は差し迫ってきた外の馬との追い比べをハナ差凌いで勝利、自身初となる重賞タイトルを手にした。 4歳となった本年は6戦3勝、オープン入りしてから僅か3戦目で重賞制覇と、その戦歴から充実ぶりが窺えるメイショウハリオ。この勢いとレースで見せる父譲りのファイティングスピリットを武器に今度さらなる高みを目指してほしい。 メイショウハリオは母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統の4歳牡馬。本馬の半弟には、JRA2勝、兵庫特別に勝利した現役馬テーオーロイヤルがおり、叔父にはJRA5勝、アルゼンチン共和国杯 (G2) 2着、ダイヤモンドS (G3) 3着の実績馬メイショウカドマツなどが名を連ね、ファミリーはCourtly Deeに遡る名牝系。 メイショウハリオ (2017年生・牡・栗) 父パイロ 母メイショウオウヒ 母の父マンハッタンカフェ 馬主 松本 好雄 様 栗東 岡田 稲男 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。


パイロ産駒、ミューチャリーがJBCクラシック (Jpn1) を制す

産駒が高い勝ち上がり率を示し、ダート界の一翼を担っているパイロ。ミューチャリーが、JBCクラシック (Jpn1) に勝利し、遂に念願のG1タイトルを手にした。 11月3日 (水)、金沢競馬場で開催されたJBCクラシック (Jpn1・3歳上・ダート2100m) に出走したミューチャリー。好スタートを決めると先行馬2頭の外目に位置する積極的なレース運びで1コーナーを周り向こう正面へ。道中は抜群の手応えを保ちながらしっかりと折り合った本馬、3コーナー手前でペースが上がり後続からのプレッシャーを受けてもしっかりと対応し、勝負どころとなる4コーナー手前から先行勢を果敢に捉えいざ直線へ。4コーナーを周り早々と先頭に立ったミューチャリーは、その後も力強く、そして堂々たる走りで脚を伸ばし、最後は後方から迫る人気馬を半馬身退けゴール。念願のビッグタイトルを手にした。さらにこの勝利は、JBCクラシック (Jpn1) 史上初となるNAR所属馬優勝、という快挙が成し遂げられた瞬間でもあった。 ミューチャリーは母ゴッドビラブドミー、母の父ブライアンズタイムという血統の5歳牡馬。本馬の祖母ゴッドインチーフは1999年のエルフィンS勝ちを含めJRA3勝、阪神3歳牝馬S (G1) 2着の快速馬。いとこには2016年に門別競馬場でクラシック2冠を制したオヤコダカ。近親には2014年のオークス (G1) など重賞4勝のヌーヴォレコルトがいる。 ミューチャリー (2016年生・牡・芦) 父パイロ 母ゴッドビラブドミー 母の父ブライアンズタイム 馬主 石瀬 丈太郎 様 船橋 矢野 義幸 厩舎 新冠町 芳住 鉄兵 氏 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。 2020年、ダートサイアーランキングで5位、現役種牡馬としては3位。デビュー9世代の合計勝ち馬率は、脅威の75%超えを記録。 まさに、次世代をリードするスタリオン、それがパイロ。


アドマイヤムーン産駒、ラヴアンドポップが東京ハイジャンプ (J・G2) に勝利!

スプリンター種牡馬として、その名を馳せるアドマイヤムーン。一方で、産駒は障害レースでも活躍するなど、多彩な才能をみせている。週末のJRA開催ではラヴアンドポップが東京ハイジャンプ (J・G2) に勝利し注目を集めている。 10月17日 (日)、東京競馬場で開催された東京ハイジャンプ (J・G2・障害芝3110m) に出走したラヴアンドポップ。前走の東京ジャンプステークス (J・G3) 勝利以来、1年4か月ぶりの長期休養明けとなったラヴアンドポップだったが、スタート後程なく好位につけレースの流れに乗ると、第一障害の飛越を終えた後には、逃げ馬を前に見る2番手でレースを運ぶ。道中もぴったりと折り合ったラヴアンドポップは、持ち前の飛越センスの高さを発揮して難所を次々とクリアし2番手のまま3コーナーを回る。4コーナー手前で後ろからの人気馬に進出を許しながらも、ロスなくコーナーを回った本馬は、最終障害を無難に飛越すると内目から力強く末脚を伸ばし、逃げ切りを図る先行馬との壮絶な叩き合いに持ち込み、交わし切ったところがゴール。1年4か月の長期休養明けを全く感じさせない安定したレース運びで、見事東京ハイジャンプ (J・G2) を制した。 レース間隔が大きく開いたが、東京ジャンプステークス (J・G3)、東京ハイジャンプ (J・G2) と障害重賞を連勝したラヴアンドポップ。確かな能力を示した本馬が今後の障害レース界を牽引し、アドマイヤムーンの新境地を開いてくれそうだ。 ラヴアンドポップは母ラヴィングプライド、母の父Quiet Americanという血統の8歳牡馬。本馬の母ラヴィングプライドはスプリントからマイル路線で活躍、2002年のオマール賞 (G3)、ヤコウレフ賞 (L) など に勝利している。 本馬の半兄にはJRA4勝のエンキンドルがおり、また姪のランドネは現役のJRA3勝馬で福島牝馬S (G3) 3着、愛知杯