Latest news

コマンズ産駒のセン馬、父同様G3ミサイルSを制覇

南半球明け4歳のレインアフェア (Rain Affair) が8月6日、ランドウィックで行われた芝1200mのG3ミサイルSに優勝。父コマンズも2歳時に勝利したこのレースを、ステークスレース初挑戦にして見事制した。

いつもどおり逃げた本馬は、最終コーナーを周っても終始リードを保ち、最後の直線では圧巻の根性を見せ、迫りくる2着馬を短頭差凌ぎ勝利。勝ち時計は1:10.71。そして、僅か1馬身差の3着には同じダーレー種牡馬、ロンロ (Lonhro) 産駒のセン馬ピンウィール (Pinwheel) が入った。 7戦6勝2着1回の戦歴をひっさげて今回のレースに挑んだ本馬は、ここまで既にオーストラリアドルで$277,000の賞金をオーナー・ブリーダーであるDon Storey氏にもたらし、今回の勝利でさらにA$75,000を上乗せすることに成功。だが強調すべきは、ここまで地道にクラスを上げて来て、ここでついにブラックタイプを獲得したことであろう。 4歳セン馬のレインアフェアは、シドニー地区で勝ち星を挙げたオクタゴナル (Octagonal) 産駒、アイビリーヴ (I Believe) の2番仔である。しかしそのアイビリーヴ、息子の出現で突如有名になった訳ではなく、自身も生涯5戦して4勝した活躍馬であった。 オーストラリア競馬史上初、1シーズンに155頭もの勝ち馬を送り出す快挙を成し遂げた父コマンズは、当然ながら現在、勝ち馬頭数ランキングでトップの座に君臨している。G1勝ち馬のエレウォン (Erewhon) を筆頭に、G2ウィナーのソウル (Soul) や2歳のステークス勝ち馬であるアルター (Altar) およびアトミック (Atomic) を含む10頭のステークス勝ち馬を昨シーズンだけで送り出したコマンズは、その他にも29頭のステークス勝ち馬の父としてその名を刻んでいる。 まもなく始まる種付けシーズンをオーストラリア、ニューサウスウェールズ州にあるダーレー・ケルヴィンサイドで過ごすコマンズは、オーストラリアにおける不世出の大種牡馬デインヒルの他の後継種牡馬とも肩を並べうる存在である。過去3シーズン毎年G1馬を送り出してきた彼の種付料は来期、A$66,000に設定されている。


コマンズ、豪州レコード樹立

毎年、豪州リーディングサイアーランキングでトップ10にランクインし続けるコマンズだが、7月22日には、オーストラリアのサンシャインコーストで5馬身¼差の完勝を収めたトランスポーター(Transporter)を含む2頭が新たに勝ち上がり、1シーズンの産駒勝ち上がり頭数で150の大台に到達。

その2日前にアンドザバンドプレイドオン(Andthebandplayedon)がイプスウィッチにて勝利を収めた時点で産駒勝ち上がり頭数148の新記録を樹立していたコマンズだが、2日間でさらに2頭の産駒が勝ち馬となり、自身のレコードを更新した形となった。 初勝利を願いつつ4走目に臨んだ3歳セン馬のトランスポーターだったが、終わってみれば大楽勝で父の名をレコードブックに刻み込んだ。トリーバーンスタッドTorryburn Stud生産の同馬の母ポートレートコレクター(PortraitCollector: 父・サートリストラムSir Tristram)は、タントラ(Tantra)やリバティローズ(Liberty Rose)といったステークスウィナーを送り出したそれぞれの母の¾きょうだい、G3勝ち馬のイコールライツ(Equal Rights)やリステッドレース勝ち馬のアダプテッドヒーロー(Adopted Hero)とはそれぞれ半きょうだいという間柄。コマンズ産駒のG3勝ち牝駒カンザン(Kanzan)と同牝系に属するトランスポーターには、今後の更なる活躍が期待される。 今週末は、人気急上昇中のコマンズ産駒レインアフェア(Rain Affair)も躍動し、7戦中6勝を挙げる大活躍。オープンクラス昇級初戦にもかかわらず5馬身差で楽勝。コマンズ産駒でも近年まれに見る競走馬であるジョー・プライド(Joe Pride) 厩舎所属の4歳セン馬は、どうやら特別な才能を持っているようだ。ちなみに、メルボルン地区において同格と謳われる、ピーター・ムーディ(Peter Moody)厩舎所属のミスターメイクビリーヴ(Mr Make Believe)もまた最近、12戦して8勝を挙げている。 コマンズはこれまでに38頭のステークス勝ち馬を送り出したが、今シーズンは、G1勝ち馬のエレウォン(Erewhon)、G2勝ち馬のソウル(Soul)、ステークスウィナーとなった3頭の牝馬パロマレス(Palomares)、カンザン(Kanzan)、ブラジレイラ(Brasileira)、2歳のステークス勝ち馬であるアルター(Altar)およびアトミック(Atomic)を含む10頭の豪州ステークスウィナーが誕生。特筆すべきは、コマンズ産駒のステークス勝ち馬38頭のうち36頭が、それぞれの母が産んだベスト産駒である事。この事実は、コマンズが種牡馬としていかに優れているかを見事に表している。


アドマイヤムーン初年度産駒、JRA初勝利!

7月3日、中山競馬場で行われた2歳未勝利(芝1200m)においてアドマイヤムーン産駒のレオアクティブが優勝、父に記念すべきJRA初勝利をプレゼントした。さらに、同日のメイクデビュー函館(芝1200m)ではエクソプラネットが続き、地方・中央あわせて3頭目の勝ち馬となった。

2番人気だったレオアクティブは、中団待機からコーナー出口で4番手に進出すると、最後は抜群の手応えで外から一気に抜け出しゴール。終わってみれば、2馬身半差の圧勝であった。浦河町、谷口牧場生産の本馬は、母レオソレイユ、母の父オペラハウスという血統の2歳牡馬。新馬勝ちした母の半兄にブレイクタイムを擁する良血馬が、期待に違わぬ好発進だ。一方、同日2頭目の勝ち馬となったエクソプラネットは、5番人気の低評価を覆す1馬身半差の快勝。出遅れを物ともせず、最後は鞍上が手綱を緩める余裕を見せていたことからも、その潜在能力の高さが窺い知れる。安平町、ノーザンファーム生産の本馬は、母エクソセット、母の父Deposit Ticketという血統の2歳牝馬。既に3頭のブラックタイプ馬を送り出す母に、更なる勲章を授ける事になるのか。今後の動向を注視してみたい。