Latest news

パイロ産駒から新たなG1勝ち馬が誕生!

現在のダート界の一翼を担うパイロ。 その代表産駒の一頭、メイショウハリオが上半期のダートチャンピオン決定戦、第45回帝王賞 (JpnⅠ) に勝利した。 6月29日 (水)、大井競馬場にて開催された帝王賞 (JpnⅠ・4歳上・ダート2000m) に出走したメイショウハリオ。G1勝ち馬4頭を含むダート界のトップホースが揃い、砂の頂点を極めるにふさわしいメンバー構成となった今年の帝王賞。大外9番枠からのスタートとなったメイショウハリオは好スタートを切ると4番手で1コーナーを周る。向こう正面では外から一気に進出してきた馬に被せられる場面にも動じることなくマイペースでレースを運び十分な手応えを保ったまま直線へ。その直線で優勝争いに加わったのは、G1馬3頭、そして、メイショウハリオ。その4頭横一線の追い比べとなる中、メイショウハリオはその間を堂々たる脚取りで抜け出し、残り200mで先頭に立つと、ゴール前ではその壮絶な追い比べをクビ差制する勝負根性をも発揮して見事勝利、念願のG1タイトルを獲得した。 ダート界を牽引する豪華メンバーの中に入り、自身の成長力を見せつける走りで帝王賞を制したメイショウハリオ。将来のダート界を担う父パイロとともに、益々の活躍を期待したい。 メイショウハリオは母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統の5歳牡馬。本馬の半弟には、本年のダイヤモンドS (G3) に勝利し、天皇賞 (春) (G1) 3着の実績を持つ現役馬テーオーロイヤル、叔父にはアルゼンチン共和国杯 (G2) 2着、ダイヤモンドS (G3) 3着などJRA5勝の実績馬メイショウカドマツらが名を連ね、さらに遡るとCourtly Deeに辿り着く優秀なファミリーに属している。 メイショウハリオ (2017年生・牡・栗) 父パイロ 母メイショウオウヒ 母の父マンハッタンカフェ 馬主 松本 好雄 様


パイロ産駒、メイショウハリオがマーチS (G3) に勝利。

ダート界の一翼を担いつつあるパイロ。週末のマーチS (G3) ではメイショウハリオが勝利、2着にも同産駒のケンシンコウが入り、パイロ産駒のワンツーフィニッシュとなった。 3月27日 (日)、中山競馬場で開催されたマーチS (G3・4歳以上・オープン・ダート1800m) に出走したメイショウハリオ。ややあおり気味のスタートとなったものの、末脚を生かす競馬に徹するべく待機策を選択した本馬は、後方3番手に位置し1コーナーを回り向こう正面へ。しっかりと折り合いレースを運んだメイショウハリオは、残り1000m付近から徐々に進出を開始し、3コーナーから4コーナーにかけては大外に進路を取り先団を射程圏に捉えていざ直線へ。その直線では大外から上がり3ハロンタイム36.5秒という目の覚めるような異次元の末脚を繰り出し先行勢を次々と抜き去り、最後は逃げ粘るパイロ産駒のケンシンコウを半馬身差交わして見事優勝。2走前のみやこSに続き重賞2勝目を挙げた。 最後まで死闘を繰り広げ2着となったケンシンコウと共にパイロ産駒のワンツーフィニッシュとなった本レースでは、両馬が3着以下に3馬身半差以上の差を付け、その能力の違いを見せつける素晴らしい結果となった。 メイショウハリオは母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統の5歳牡馬。本馬の半弟には、兵庫特別を含むJRA2勝を上げた現役馬テーオーロイヤル、叔父にはアルゼンチン共和国杯 (G2) 2着、ダイヤモンドS (G3) 3着などJRA5勝の実績馬メイショウカドマツなどが名を連ね、さらに遡るとCourtly Deeに辿り着く優秀なファミリーに属する。 メイショウハリオ (2017年生・牡・栗) 父パイロ 母メイショウオウヒ 母の父マンハッタンカフェ 馬主 松本 好雄 様 栗東 岡田 稲男 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。 地方所属馬として初めてJBCクラシック (Jpn1) を制覇したミューチャリーを筆頭に、重賞戦線を賑わす大物続々登場。


ダーレー種牡馬2022年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社は、2022年シーズンに全10頭の種牡馬をご提供いたします。 パイロは、本年のJBCクラシック (Jpn1) において地方所属馬初制覇という快挙を成し遂げたミューチャリー、みやこS (G3) で重賞初制覇を果たしたメイショウハリオらの活躍で、次世代のダート界を担う種牡馬として存在感を示し、その種付料を300万円に設定いたしました。ドバイワールドC連覇などG1・4勝、今年誕生した初産駒が高い評価を得ているサンダースノー、そして初産駒が来年いよいよデビューを迎える短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。デルマーで開催されたBCターフの覇者で、壮健な初産駒が来年デビューを迎えるタリスマニックは、180万円。本年デビューした初産駒が順調に勝ち上がり、注目を浴びるアメリカンペイトリオット、芝・ダートを問わない産駒の活躍で益々勢いを増すディスクリートキャット、世界的名門ファミリーから出現した大物スプリンターとして供用初年度から優秀な牝馬を多数集めたタワーオブロンドンは、それぞれ150万円です。エクリプスSを3歳時に制覇、ドバイシーマクラシックでは圧巻の逃げ切り勝ちで世界を震撼させたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々成績を上げ、ダート界におけるトップスタリオンの仲間入りを果たしたフリオーソが100万円。そして、秀でたスピードを伝え続けるアドマイヤムーンの種付料は、50万円となります。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「産駒が既にデビューしている種牡馬はそれぞれが良績を残し、お陰様で発表前から多くのお問い合わせを頂いております。これらに加え、2022年はファインニードル、タリスマニックと欧州におけるホークビルの初産駒デビューや、タワーオブロンドンの初産駒誕生などを控える重要なシーズンとなります。皆様からのこれまでの強力なサポートに心から感謝申し上げると共に、来シーズンもご期待に添う魅力的な条件とサービスのご提供に努めて参ります。皆様のご利用、そしてご来場を心よりお待ち申し上げます」 =2022年度種牡馬ラインナップ= 種付料 出生条件 <パイロ> 300万円   産駒誕生後30日以内支払  <ファインニードル> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <サンダースノー> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <タリスマニック>


パイロ産駒、メイショウハリオが、みやこS (G3) に勝利!

先週のJBC開催においてミューチャリーがJBCクラシック (Jpn1) に勝利、その翌日にはクインズサターンが、門別競馬場のクライマックスを飾る道営記念で連覇を達成するなど、産駒が全国各地の大レースで活躍し勢いに乗るパイロ。 今週はJRA開催において、みやこS (G3) をメイショウハリオが勝利し、新たな重賞勝ち馬となった。 11月7日 (日)、阪神競馬場で開催されたみやこS (G3) に出走したメイショウハリオ。内の3番枠からスタートを切ったメイショウハリオは、前走同様に後方からの位置取りで進出の機会を窺いながら、しっかりと折り合いレースを運ぶ。道中は馬群が凝集する形で我慢を強いられる位置取りとなったが、残り1000m、3コーナー手前付近から徐々に進出を開始した本馬は、馬混みの中を何とか中団まで押し上げて4コーナーへ。直線では馬群を捌きながら外に持ち出され、僅かに開いた馬の間を割って抜け出しにかかると、そこから目の覚めるような末脚を繰り出して一気に前を捉え、最後は差し迫ってきた外の馬との追い比べをハナ差凌いで勝利、自身初となる重賞タイトルを手にした。 4歳となった本年は6戦3勝、オープン入りしてから僅か3戦目で重賞制覇と、その戦歴から充実ぶりが窺えるメイショウハリオ。この勢いとレースで見せる父譲りのファイティングスピリットを武器に今度さらなる高みを目指してほしい。 メイショウハリオは母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統の4歳牡馬。本馬の半弟には、JRA2勝、兵庫特別に勝利した現役馬テーオーロイヤルがおり、叔父にはJRA5勝、アルゼンチン共和国杯 (G2) 2着、ダイヤモンドS (G3) 3着の実績馬メイショウカドマツなどが名を連ね、ファミリーはCourtly Deeに遡る名牝系。 メイショウハリオ (2017年生・牡・栗) 父パイロ 母メイショウオウヒ 母の父マンハッタンカフェ 馬主 松本 好雄 様 栗東 岡田 稲男 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。


パイロ産駒、ミューチャリーがJBCクラシック (Jpn1) を制す

産駒が高い勝ち上がり率を示し、ダート界の一翼を担っているパイロ。ミューチャリーが、JBCクラシック (Jpn1) に勝利し、遂に念願のG1タイトルを手にした。 11月3日 (水)、金沢競馬場で開催されたJBCクラシック (Jpn1・3歳上・ダート2100m) に出走したミューチャリー。好スタートを決めると先行馬2頭の外目に位置する積極的なレース運びで1コーナーを周り向こう正面へ。道中は抜群の手応えを保ちながらしっかりと折り合った本馬、3コーナー手前でペースが上がり後続からのプレッシャーを受けてもしっかりと対応し、勝負どころとなる4コーナー手前から先行勢を果敢に捉えいざ直線へ。4コーナーを周り早々と先頭に立ったミューチャリーは、その後も力強く、そして堂々たる走りで脚を伸ばし、最後は後方から迫る人気馬を半馬身退けゴール。念願のビッグタイトルを手にした。さらにこの勝利は、JBCクラシック (Jpn1) 史上初となるNAR所属馬優勝、という快挙が成し遂げられた瞬間でもあった。 ミューチャリーは母ゴッドビラブドミー、母の父ブライアンズタイムという血統の5歳牡馬。本馬の祖母ゴッドインチーフは1999年のエルフィンS勝ちを含めJRA3勝、阪神3歳牝馬S (G1) 2着の快速馬。いとこには2016年に門別競馬場でクラシック2冠を制したオヤコダカ。近親には2014年のオークス (G1) など重賞4勝のヌーヴォレコルトがいる。 ミューチャリー (2016年生・牡・芦) 父パイロ 母ゴッドビラブドミー 母の父ブライアンズタイム 馬主 石瀬 丈太郎 様 船橋 矢野 義幸 厩舎 新冠町 芳住 鉄兵 氏 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。 2020年、ダートサイアーランキングで5位、現役種牡馬としては3位。デビュー9世代の合計勝ち馬率は、脅威の75%超えを記録。 まさに、次世代をリードするスタリオン、それがパイロ。


パイロ産駒、ケンシンコウがジュライS (L) に勝利、メイショウハリオは新たなステークスホースに。

ダートで確固たる実績を誇るパイロ。ジュライS (L) で産駒のケンシンコウが勝利。2着にもパイロ産駒のメイショウハリオが入り、パイロ産駒のワンツーフィニッシュとなった。 7月17日 (土)、福島競馬場で開催されたジュライS (L・ 3歳上・ダート1700m) に出走したケンシンコウ。スタート後、先頭集団を前に見ながら中団前目で気分良く自らのペースで道中を運んだケンシンコウは、3コーナー入口でスパートすると、一気に先頭集団に取り付いて最終コーナを回り直線へ。直線では馬の間を割って抜け出すと、そこからさらに一段と加速して一気に後方を引き離す圧巻のレースぶりを見せたケンシンコウは、後続に5馬身差をつけ勝利した。 また、2着には外から追い込んだメイショウハリオが入り、パイロ産駒のワンツーとなった。このレースで昨年のレパードS (G3) 以来となる復活勝利をあげたケンシンコウ。そして2着のメイショウハリオは、パイロ産駒の新たなステークスホースとなった。 ケンシンコウは母マトゥリアルカ、母の父クリプティックラスカルという血統の3歳牡馬。母マトゥリアルカは3歳から7歳までに47戦し南関東で10勝を上げている。 ケンシンコウ (2017年生・牡・鹿) 父パイロ 母マトゥリアルカ 母の父クリプティックラスカル 馬主 天野 克彦 様 美浦 小西 一男 厩舎 新ひだか町 静内山田牧場 生産 アメリカのチャンピオンサイアー・タピットを送る、プルピットのサイアーラインが日本でも大ブレイク。2020年、ダートサイアーランキングで5位、現役種牡馬としては3位。デビュー7世代の合計勝ち馬率は、脅威の78%。 まさに、次世代をリードするスタリオン、パイロ。


パイロ産駒、ケンシンコウがレパードS (G3) をレコード制覇

3歳ダートクラシック戦線の主役に!

産駒がダート戦線で目覚ましい活躍をみせているパイロ。 週末のJRA開催ではケンシンコウがレパードS (G3) をレコードで勝利し、新たな重賞勝ち馬の仲間入りを果たした。 8月9日 (日)、新潟競馬場で開催されたレパードS (G3・3歳・ダート1800m) に出走したケンシンコウ。前走のユニコーンS (G3) で3着とし、上り調子でこのレースに臨んだ本馬は、最内枠のスタートから自身のスピードを存分に生かしてハナを奪い、レースの主導権を握る。 レース中盤も不良馬場の中を緩みのないペースで後続を引き連れ最終コーナーへ。直線に入り後ろから人気馬が続々と迫ってくるものの、そこからさらに脚を伸ばして突き放し、最後は2着に2馬身半差をつけ圧勝。さらに、勝ちタイムの1.49.2はトランセンドが持っていた記録を0.3秒上回るコースレコードであった。完璧ともいえる内容でパイロ産駒5頭目の重賞勝ち馬となったケンシンコウ。本馬が今年の3歳ダートクラシック戦線において主役となることは疑いようもない。さらに、同レースでは3着にもパイロ産駒のブランクチェックが入り、3歳世代の層の厚さを示す結果となった。 ケンシンコウは母マトゥリアルカ、母の父クリプティックラスカルという血統の3歳牡馬。母マトゥリアルカは3歳から7歳までに47戦し南関東で10勝を上げている。 ケンシンコウ (2017年生・牡・鹿) 父パイロ 母マトゥリアルカ 母の父クリプティックラスカル 馬主 天野 克彦 様 美浦 小西 一男 厩舎 新ひだか町 静内山田牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。デビュー7世代の産駒勝ち馬率は脅威の75%。関係者からの評価と絶大なサポートを受けた近年は中央・地方においてこれまで以上に大物が出現し、種牡馬として次世代のダート界を牽引する存在となっている。


パイロ産駒、デルマルーヴルが名古屋グランプリ (Jpn2) を制す

抜群の勝ち上がり率とダート適性でこれからのダート界を担いつつあるパイロ。産駒のデルマルーヴルが名古屋グランプリ (Jpn2) に勝利した。 12月19日 (木)、名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ (3歳上・Jpn2・ダート2500m) に出走したデルマルーヴル。近走の実績から1番人気に支持されたデルマルーヴルは、好スタートから5番手で道中を運ぶ。勝負所の最終コーナーを抜群の手応えで外に持ち出したデルマルーヴル。直線では末脚を一気に繰り出し、鮮やかに差し切って勝利した。自身にとって2度目となる重賞勝利を手にしたデルマルーヴル。4歳となる来年はさらなる活躍が期待されるパイロ産駒となりそうだ。 デルマルーヴルは日高町・坂東牧場生産。母カリビアンロマンス、母の父コマンズという血統の3歳牡馬。母カリビアンロマンスはJRA入着、デルマルーヴルは母の初仔。祖母サバナパティーダはウィンザーフォレストS (G2)、チャートウエルS (G3) など重賞3勝、クイーンエリザベス2世S (G1) 3着などの実績がある。 デルマルーヴル (2016年生・牡・青鹿) 父パイロ 母カリビアンロマンス 母の父コマンズ 馬主 浅沼 廣幸 様 美浦 戸田 博文 厩舎 日高町 坂東牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から6世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の77%超えを記録。


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


パイロ産駒、クリノケンリュウ、御影ステークスに勝利しオープン入り

産駒の高い勝ち上がり率が注目を集め続けているパイロ。そのパイロから新たなオープン馬が誕生した。週末のJRA開催では、クリノケンリュウが御影ステークスに優勝し新たなオープン馬となった。 11月30日 (土)、阪神競馬場での御影ステークス (3歳上・3勝クラス・ダート1400m) に出走したクリノケンリュウ。内枠からスタートを切ったクリノケンリュウは、先行集団の一角、好位4、5番手でレースを運ぶ。直線に入り狭い進路をこじ開けるように抜け出してきたクリノケンリュウは、一完歩毎に前に迫り頭差捉えると同時に、外からの追い込みを振り切り勝利した。このクラス2度目の挑戦で早くも勝利したクリノケンリュウ、パイロ産駒の新たなオープン馬として今後さらなる活躍に期待したい。 クリノケンリュウは母オサマジョール、母の父アフリートという血統の5歳牡馬。本馬は母オサマジョールの初仔で、祖母のスプリングバンブーは小倉記念 (G3)、エメラルドS (OP) などに勝利した快速馬。叔父に2003年の日経新春杯 (G2) に勝利したバンブーユベントスなどの活躍馬が存在する母系。また、本馬は2015年のオータムセールにて550万円で取引されていた。 クリノケンリュウ (2014年生・牡・栗) 父パイロ 母オサマジョール 母の父アフリート 馬主 栗本 博晴 様 栗東 藤沢 則雄 厩舎 浦河町 バンブー牧場 生産 また、同日の中京競馬場、2歳未勝利 (ダート1400m) では、メイショウアゴニカが新たに2歳勝ち馬となった。 メイショウアゴニカ (2017年生・めす・鹿) 父パイロ 母メイショウカエデ 母の父ダイワメジャー 馬主 松本 好雄 様