Latest news

パイロ産駒、デルマルーヴルが名古屋グランプリ (Jpn2) を制す

抜群の勝ち上がり率とダート適性でこれからのダート界を担いつつあるパイロ。産駒のデルマルーヴルが名古屋グランプリ (Jpn2) に勝利した。 12月19日 (木)、名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ (3歳上・Jpn2・ダート2500m) に出走したデルマルーヴル。近走の実績から1番人気に支持されたデルマルーヴルは、好スタートから5番手で道中を運ぶ。勝負所の最終コーナーを抜群の手応えで外に持ち出したデルマルーヴル。直線では末脚を一気に繰り出し、鮮やかに差し切って勝利した。自身にとって2度目となる重賞勝利を手にしたデルマルーヴル。4歳となる来年はさらなる活躍が期待されるパイロ産駒となりそうだ。 デルマルーヴルは日高町・坂東牧場生産。母カリビアンロマンス、母の父コマンズという血統の3歳牡馬。母カリビアンロマンスはJRA入着、デルマルーヴルは母の初仔。祖母サバナパティーダはウィンザーフォレストS (G2)、チャートウエルS (G3) など重賞3勝、クイーンエリザベス2世S (G1) 3着などの実績がある。 デルマルーヴル (2016年生・牡・青鹿) 父パイロ 母カリビアンロマンス 母の父コマンズ 馬主 浅沼 廣幸 様 美浦 戸田 博文 厩舎 日高町 坂東牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から6世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の77%超えを記録。


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


パイロ産駒、クリノケンリュウ、御影ステークスに勝利しオープン入り

産駒の高い勝ち上がり率が注目を集め続けているパイロ。そのパイロから新たなオープン馬が誕生した。週末のJRA開催では、クリノケンリュウが御影ステークスに優勝し新たなオープン馬となった。 11月30日 (土)、阪神競馬場での御影ステークス (3歳上・3勝クラス・ダート1400m) に出走したクリノケンリュウ。内枠からスタートを切ったクリノケンリュウは、先行集団の一角、好位4、5番手でレースを運ぶ。直線に入り狭い進路をこじ開けるように抜け出してきたクリノケンリュウは、一完歩毎に前に迫り頭差捉えると同時に、外からの追い込みを振り切り勝利した。このクラス2度目の挑戦で早くも勝利したクリノケンリュウ、パイロ産駒の新たなオープン馬として今後さらなる活躍に期待したい。 クリノケンリュウは母オサマジョール、母の父アフリートという血統の5歳牡馬。本馬は母オサマジョールの初仔で、祖母のスプリングバンブーは小倉記念 (G3)、エメラルドS (OP) などに勝利した快速馬。叔父に2003年の日経新春杯 (G2) に勝利したバンブーユベントスなどの活躍馬が存在する母系。また、本馬は2015年のオータムセールにて550万円で取引されていた。 クリノケンリュウ (2014年生・牡・栗) 父パイロ 母オサマジョール 母の父アフリート 馬主 栗本 博晴 様 栗東 藤沢 則雄 厩舎 浦河町 バンブー牧場 生産 また、同日の中京競馬場、2歳未勝利 (ダート1400m) では、メイショウアゴニカが新たに2歳勝ち馬となった。 メイショウアゴニカ (2017年生・めす・鹿) 父パイロ 母メイショウカエデ 母の父ダイワメジャー 馬主 松本 好雄 様


パイロ産駒、ロンゴノットが新馬戦を9馬身差で快勝

産駒の仕上がりの早さ、勝ち上がり率の高さが自慢のパイロ。週末のJRA開催ではロンゴノットが新馬戦を9馬身差で快勝し、エスニックソングが新たに2歳勝ち馬となった。 9月21日 (土)、中山競馬場で開催された2歳新馬 (ダート1800m) に出走したロンゴノット。1番人気に推されたロンゴノットは、好スタートからあっさりと先頭に立つと、道中も楽な手ごたえで先頭を保ったまま最終コーナーへ。直線ではスピードの違いを見せつけるかのように、馬なりで後続を一方的に引き離し、一度も鞭を使われることなく2着に9馬身差で勝利した。レース後、鞍上から「乗り味から芝の馬かと思うぐらいバネのある馬です」とのコメントがあり、今後のローテーションに注目が集まっている。 ロンゴノットは母ブリクセン、母の父Gone Westという血統の2歳牡馬。母ブリクセンは米国産馬で英国1勝、タイロスS (L) 3着。また、本馬の半兄African Storyは、2014年のドバイワールドカップ (G1)、2015年のアルマクトゥームチャレンジR3 (G1) などG1レース2勝を含め5つの重賞に勝利した活躍馬。 ロンゴノット (2017年生・牡・青) 父パイロ 母ブリクセン 母の父Gone West 馬主 ゴドルフィン 美浦 高柳 瑞樹 厩舎 日高町 ダーレー 生産 また翌日の9月22日 (日) の中山競馬場では、同じくパイロ産駒のエスニックソングが2歳未勝利 (ダート1200m)


パイロ産駒、パイロテクニクスが新馬戦に勝利

産駒の仕上がりの早さと勝ち上がり率が自慢のパイロ。週末のJRA開催ではパイロテクニクスが芝のデビュー戦を制し、新たに2歳勝ち馬となった。 7月1日(日)、函館競馬場で行われた2歳新馬(芝1200m)にてパイロテクニクスが勝利した。スタート後、先頭集団を前に見ながら、縦長となった展開の中団やや後ろにつけたパイロテクニクスは、最終コーナーで前との差を一気に詰めると、直線では残り200m付近で前を一気に交わすと、後続に2馬身半差をつけ勝利した。 パイロテクニクスは母ショウナンハトバ、母の父フジキセキという血統の2歳牡馬。本馬の母系にはジャパンC (G1)、秋華賞(G1)と2つのG1に勝利したショウナンパンドラや種牡馬として一時代を築いたステイゴールドなどがいる。 パイロテクニクス(2016年生・牡・鹿) 父パイロ 母ショウナンハトバ 母の父フジキセキ 馬主 (有)シルクレーシング 様 美浦 武藤 善則 厩舎 新ひだか町 原口牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー、パイロ。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から5世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の75%を記録。


パイロ産駒、ラインカリーナがデビュー戦を6馬身差で圧勝

先日、産駒のハセノパイロが東京ダービーを制したパイロ。週末のJRA開催ではラインカリーナがデビュー戦を6馬身差で圧勝した。 6月16日(土)、東京競馬場で行われた2歳新馬(ダート1400m)に出走したラインカリーナ。人気馬を前に置き2番手でレースを運んだラインカリーナは直線に入り、残り400m付近から追い出されると、一完歩ごとに後続を引き離し、他馬を置き去りにする走りで、2着に6馬身差をつけ圧勝した。 ラインカリーナは母フェールクークー、母の父アラムシャーという血統の2歳牝馬。母フェールクークーはJRA勝ち馬。本馬の叔母ブランダムールはJRA5勝、TVh杯(1600万下)など4つの特別戦に勝利し、カンナS (OP) 2着、UHB賞(OP) 3着の実績がある。 ラインカリーナ(2016年生・めす・栃栗) 父パイロ 母フェールクークー 母の父アラムシャー 馬主 大澤 繁昌 様 美浦 武藤 善則 厩舎 浦河町 日進牧場 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。デビュー世代から5世代を重ねても、産駒の勝ち上がり率は驚異の75%を記録。


パイロ産駒、クインズサターンがマーチS (G3) で僅差の2着、フクキタルは新たな勝ち馬となる

産駒が抜群の勝ち上がり率を誇る、近年屈指のダートサイアー、パイロ。週末のJRA開催ではクインズサターンがマーチS (G3)で勝ち馬と僅差の2着と好走。フクキタルは新たに勝ち馬となった。 3月25日(日)、中山競馬場で行われたマーチS (4歳上・G3・ダート1800m)に出走したクインズサターン。スタート後、後方で脚をためたクインズサターンは3コーナーで前との差を詰め、最終コーナーを回り、直線では外から自慢の末脚で前を強襲、脚色で勝るも、勝ち馬にわずかに届かず、ハナ差の2着と優勝馬に何ら見劣りしない走りを見せた。 クインズサターンは新ひだか町、佐竹学氏生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の5歳牡馬。本馬の曾祖母シンコウラブリイはマイルチャンピオンS (G1)など重賞6勝、93年の最優秀4歳以上牝馬に選出された名牝。一族からは近年も2016年のフローラS (G2)に勝利し、同年の優駿牝馬(G1) 2着のチェッキーノや、2012年の札幌2歳S (G3)など重賞2勝で朝日杯フューチュリティS (G1) 2着、翌年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなどの活躍馬が続々と生まれている。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 賢二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 また、同日の中山競馬場で行われた3歳未勝利(ダート1800m・牝馬)ではフクキタルが出走。2番人気に推されたフクキタルは、縦長の展開となったレースで道中5番手追走から、最終コーナーで先団に取りつくと、直線半ばで前を捕えて後続を振り切り、2着に3/4馬差をつけ勝利した。 フクキタルは青森、ワールドファーム生産。母ローレルアイ、母の父フサイチコンコルドという血統の3歳牝馬。母ローレルアイはJRA勝ち馬でアネモネSで5着などの実績馬。本馬の半兄ローレルアルトスもJRAで2勝をあげている。 フクキタル(2015年生・めす・黒鹿) 父パイロ 母ローレルアイ 母の父フサイチコンコルド 馬主 佐藤 範夫 様 美浦 竹内 正洋 厩舎 青森県 ワールドファーム 生産


パイロ産駒、クインズサターンが人気に応え秋嶺Sに勝利、オープン馬となる

産駒の高い勝ち上がり率が注目のパイロ。今週のJRA開催ではクインズサターンが、人気に応えて秋嶺Sに勝利しオープン入りを決めた。 10月21日(土)、東京競馬場で行われた秋嶺S (3歳上・1600万下・ダート1600m)に出走したクインズサターン。馬場状態不良の中、1番人気に推されたクインズサターンは、ここ数戦で良績を残した後方からの競馬を選択し、道中は内の後方3番手を追走。最終コーナーを回り直線で、一気に内から外に持ちだして追い出したクインズサターンは、パイロの現役時代を髣髴とさせる爆発的な末脚で、前13頭を豪快に差し切り、2着に3馬身差をつけて勝利し、オープン入りを決めた。 クインズサターンは新ひだか町、佐竹学氏生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の4歳牡馬。本馬の曾祖母シンコウラブリイはマイルチャンピオンS (G1)など重賞6勝、93年の最優秀4歳以上牝馬に選出された名牝。一族からは近年も2016年のフローラS (G2)に勝利し、同年の優駿牝馬(G1) 2着のチェッキーノや、2012年の札幌2歳S (G3)など重賞2勝で朝日杯フューチュリティS (G1) 2着、翌年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなどの活躍馬が続々と生まれている。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 賢二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。初年度世代の勝ち上がり率は驚異の80%を記録。ステークスを制したシゲルカガ、ビービーバーレルを筆頭に、数多くの勝ち馬を世に送り出している。


パイロ産駒、パッセが新馬戦を快勝

 産駒の高い勝ち上がり率が注目を集めるパイロ。

週末のJRA開催ではパッセが芝の新馬戦に勝利、この世代のJRA所属パイロ産駒として初の2歳勝ち馬となった。 7月2日(日)、福島競馬場で行われた新馬戦(2歳・芝1200m)に出走したパッセ。好馬体と好仕上がりから人気の一角に推されたパッセは、滑らかなスタートから抜群の手応えで2番手につけ、向こう正面から3コーナーへ。残り400mから追い出したパッセは、直線に入ると残り200mであっさり抜け出すスピードあふれる走りで後続に3馬身差をつけ、芝でのデビュー戦を勝利で飾った。 パッセは浦河町・ミルファーム生産。母パドブレ、母の父ホワイトマズルという血統の2歳牝馬。母パドブレはJRA2勝、新馬戦と2008年のダリア賞(OP)に勝利したスピード馬。 パッセ(2015年生・めす・栗) 父パイロ 母パドブレ 母の父ホワイトマズル 馬主 (有)ミルファーム 様 美浦 蛯名 利弘 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。初年度世代の勝ち上がり率は驚異の80%を記録。ステークスを制したシゲルカガ、ビービーバーレルを筆頭に、数多くの勝ち馬を世に送り出している。