タワーオブロンドン

150万円 鹿毛 2015 15.3¾HH (1.62M)
Raven's Pass – *スノーパイン (Dalakhani)
出生条件(産駒誕生後30日以内支払) Standing at Darley Japan

ドフザダービーに辿り着く、
世界的名門ファミリーから贈られた
日本のトップスプリンター。

スプリンターズS (G1) では
後方から別次元の加速力を発揮し、
モズスーパーフレア、ダノンスマッシュ、
ミスターメロディ、レッツゴードンキらを交わし去り、
1分7秒1のタイムで優勝。

2歳時には、京王杯2歳S (G2)、
3歳時には、アーリントンC (G3)、
4歳時には、スプリンターズS (G1) に優勝。
さらに、セントウルS (G2) と
京王杯スプリングC (G2) では、
どちらもレコードタイムを叩き出す圧巻の勝利。
圧倒的なスピードを武器に、毎年重賞を制覇。

父は、アメリカのBCクラシック (G1) において、
カーリン、ヘンリーザナヴィゲーターら、
強豪馬を退け優勝した、レイヴンズパス。

偉大なそのファミリーには、
トレヴ、ムーンライトクラウド、ジェネラス、
トリプティク、イマージン、ヴァンゴッホら、
数々の名馬が名を連ねる。

種牡馬として重要とされるファクターを多く含み、
繋養初年度から優秀な繁殖牝馬130頭以上を集める。

ドフザダービーに辿り着く、
世界的名門ファミリーから贈られた
日本のトップスプリンター。

スプリンターズS (G1) では
後方から別次元の加速力を発揮し、
モズスーパーフレア、
ダノンスマッシュ、
ミスターメロディ、
レッツゴードンキらを交わし去り、
1分7秒1のタイムで優勝。

2歳時には、京王杯2歳S (G2)、
3歳時には、アーリントンC (G3)、
4歳時には、
スプリンターズS (G1) に優勝。
さらに、セントウルS (G2) と
京王杯スプリングC (G2) では、
どちらもレコードタイムを叩き出す
圧巻の勝利。
圧倒的なスピードを武器に、
毎年重賞を制覇。

父は、アメリカの
BCクラシック (G1) において、
カーリン、
ヘンリーザナヴィゲーターら、
強豪馬を退け優勝した、
レイヴンズパス。

偉大なそのファミリーには、
トレヴ、ムーンライトクラウド、
ジェネラス、トリプティク、
イマージン、ヴァンゴッホら、
数々の名馬が名を連ねる。

種牡馬として
重要とされるファクターを多く含み、
繋養初年度から優秀な繁殖牝馬
130頭以上を集める。

血統

タワーオブロンドン
TOWER OF LONDON
鹿毛 2015 162cm

レイヴンズパス
RAVEN'S PASS
栗毛 2005

イルーシヴクオリティ
ELUSIVE QUALITY
鹿毛 1993

GONE WEST

MR PROSPECTOR

SECRETTAME

TOUCH OF GREATNESS

HERO'S HONOR

IVORY WAND

アズカットニー
ASCUTNEY
黒鹿毛 1994

LORD AT WAR

GENERAL

LUNA DE MIEL

RIGHT WORD

VERBATIM

ORATORIO

*スノーパイン
SNOW PINE
芦毛 2010

ダラカニ
DALAKHANI
芦毛 2000

DARSHAAN

SHIRLEY HEIGHTS

DELSY

DALTAWA

MISWAKI

DAMANA

*シンコウエルメス
SHINKO HERMES
鹿毛 1993

SADLER'S WELLS

NORTHERN DANCER

FAIRY BRIDGE

DOFF THE DERBY

MASTER DERBY

MARGARETHEN

父・母系成績

父:レイヴンズパス RAVEN'S PASS (2005) BCクラシック (G1) など。代表産駒:タワーオブロンドン TOWER OF LONDON、マッターホルン MATTERHORN、ロマンティックプロポーザル ROMANTIC PROPOSAL、ロイヤルマリーン ROYAL MARINE、レミスタ LEMISTA、スワッシュバクリング SWASHBUCKLING (AUS: BIG DUKE)、ヴィアラヴェンナ VIA RAVENNA など。

1代母:*スノーパイン SNOW PINE (Dalakhani) 仏2勝 (10f-11.5f)。5頭の母、出走馬4頭、勝ち馬1頭;

タワーオブロンドン TOWER OF LONDON (牡 Raven's Pass) G1勝ち馬、競走成績参照

2代母:*シンコウエルメス Shinko Hermes (Sadler's Wells) 出走。勝ち馬10頭の母;

レイクトーヤ LAKE TOYA (牝 Darshaan) 英仏4勝、Prix Caravelle (L)、Gillies S (L)、Prix Joubert (L) 2着、フロール賞 (G3) 3着。産駒;

ソーベツ SOBETSU (牝 Dubawi) 英仏3勝、サンタラリ賞 (G1)、ノネット賞 (G2)、ナッソーS (G1) 3着

シックススセンス SIXTH SENSE (牡 Shamardal) 英2勝、Winkfield S (L)、シェーヌ賞 (G3) 3着、Chesham S (L) 3着

エルノヴァ Er Nova (牝 *サンデーサイレンス) 5勝、ステイヤーズS (G2) 2着、クイーンS (G3) 2着、メトロポリタンS (Op) 2着、エリザベス女王杯 (G1) 3着

グレンイネス Glen Innes (牝 Selkirk) 英1勝、ムシドラS (G3) 2着

*ブルーダヌーブ BLUE DANUBE (牝 Bahri) 仏1勝。産駒;

オセアグレイト OCEA GREAT (牡 オルフェーヴル) 5勝、ステイヤーズS (G2)、ダイヤモンドS (G3) 3着

アイランドベイブ Island Babe (牝 Kingmambo) 英出走。産駒;

アウェイヒーゴーズ Away He Goes (セン Farhh) 英3勝、グッドウッドC (G1) 2着、ドバイゴールドC (G2) 3着、Dubai Racing Club Classic (L) 3着

エルメスティアラ Hermes Tiara (牝 *ブライアンズタイム) 不出走。産駒;

ディーマジェスティ DEE MAJESTY (牡 ディープインパクト) 4勝、皐月賞 (G1)、セントライト記念 (G2)、共同通信杯 (G3)、日本ダービー (G1) 3着 [種牡馬]

セイクレットレーヴ SACRED REVE (牡 アドマイヤムーン) 6勝、クロッカスS (Op)、ニュージーランドT (G2) 2着、NHKマイルC (G1) 5着

ワールドレーヴ World Reve (牡 *ファンタスティックライト) 3勝、札幌日経オープン (L) 3着

3代母:ドフザダービー Doff The Derby (Master Derby) 不出走。勝ち馬9頭の母;

*ジェネラス GENEROUS (牡 Caerleon) 愛年度代表馬、英愛6勝、英ダービー (G1)、愛ダービー (G1)、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS (G1)、デューハーストS (G1)、コヴェントリーS (G3) 2着 [種牡馬]

イマージン IMAGINE (牝 Sadler's Wells) 英愛4勝、英オークス (G1)、愛1000ギニー (G1)、パークS (G3)、ロックフェルS (G2) 2着。産駒;

*ヴァンゴッホ VAN GOGH (牡 American Pharoah) 欧州2歳牡馬チャンピオン、愛仏2勝、クリテリウムアンテルナシオナル (G1)、チャンピオンジュベナイルS (G2) 2着、愛2000ギニー (G1) 3着 [種牡馬]

ホレイショネルソン HORATIO NELSON (牡 *デインヒル) 英愛仏4勝、ジャンリュックラガルデール賞 (G1)、デューハーストS (G1) 2着

*オースミタイクーン OSUMI TYCOON (牡 *ラストタイクーン) 10勝、マイラーズC (G2)、同2着、セントウルS (G3)、有馬記念 (G1) 5着 [種牡馬]

ウェディングブーケ WEDDING BOUQUET (牝 Kings Lake) 愛米6勝、パークS (G3)、愛ナショナルS (G1) 2着、フィーニクスS (G1) 3着。産駒;

ヴェンチューラ Ventura (牝 Spectrum) 愛2勝、Ruby S (L) 3着。産駒;

ムーンライトクラウド MOONLIGHT CLOUD (牝 Invincible Spirit) 欧州古馬チャンピオン、仏12勝、ジャックルマロワ賞 (G1)、フォレ賞 (G1)、ムーランドロンシャン賞 (G1)、モーリスドゲスト賞 (G1) 3回

種牡馬成績:
2021年より供用。
初年度産駒は2022年の当歳馬。

写真

競走成績

競走成績

年度 馬齢 出走 1着 2着 3着 4着
2017 2 5 3 1 1 -
2018 3 3 1 1 - -
2019 4 6 3 1 1 -
2020 5 4 - - 1 -
合計   18 7 3 3 -

タイムフォームレーティング 125

2歳時

1着
京王杯2歳S (G2)、東京、1400m、2着カシアス (AUS: Kemono) との着差2馬身。さらに、*アサクサゲンキ、ピースユニヴァース、ニシノウララ、トーセンアンバー、エントシャイデン、タイセイプライドに先着。
1着
ききょうS (Op)、阪神、1400m、2着バーニングペスカとの着差3 1/2馬身。さらに、イイコトズクシ、フランシスコダイゴ、アイアンクロー、スーサンドン、リンガラポップス、ナムラバンザイ、アントルシャに先着。
1着
新馬、札幌、1500m、2着キルロードとの着差2 1/2馬身。さらに、メジェールスー、マイウェイアムール、タガノロッソ、ディアジラソル、クリノカポネ、ワールドカフェ、サノノスカイに先着。
2着
クローバー賞 (Op)、札幌、1500m、ダブルシャープの2着。*デルマキセキ、イシマツ、リープフラウミルヒ、ヴーディーズピアスに先着。
3着
朝日杯フューチュリティS (G1)、阪神、1600m、ダノンプレミアム、ステルヴィオに続く3着。ケイアイノーテック、ダノンスマッシュに先着。

3歳時

1着
アーリントンC (G3)、阪神、1600m、パクスアメリカーナ、レッドヴェイロン、インディチャンプ、ダノンスマッシュ、ピースユニヴァース、ウォーターパルフェ、イルルーメ、アリア、*エアアルマス、ラセットに先着。
2着
キャピタルS (L)、東京、1600m、グァンチャーレにクビ差の2着。ベルキャニオン、ショウナンアンセム、プロディガルサンに先着。

4歳時 チャンピオンスプリンター

1着
スプリンターズS (G1)、中山、1200m、*モズスーパーフレア、ダノンスマッシュ、*ミスターメロディ、レッツゴードンキ、ダイメイプリンセス、ハッピーアワー、ノーワン、リナーテ、アレスバローズ、イベリス、セイウンコウセイ、ディアンドル、マルターズアポジー、ラブカンプー、ファンタジストに先着。
1着
セントウルS (G2)、阪神、1200m、1:06.7のコースレコードを樹立。2着ファンタジストとの着差3馬身。さらに、イベリス、ペイシャフェリシタ、キングハート、ダイメイプリンセス、*マテラスカイ、*ミスターメロディに先着。
1着
京王杯スプリングC (G2)、東京、1400m、1:19.4のコースレコードを樹立。リナーテ、ロジクライ、トゥザクラウン、キャナルストリート、リライアブルエース、スマートオーディン、ドーヴァーに先着。
2着
キーンランドC (G3)、札幌、1200m、ダノンスマッシュの2着。リナーテ、ライトオンキュー、ナックビーナス、セイウンコウセイに先着。
3着
函館スプリントS (G3)、函館、1200m、カイザーメランジェ、*アスターペガサスに続く3着。ダイメイフジ、ペイシャフェリシタに先着。

5歳時

3着
オーシャンS (G3)、中山、1200m、ダノンスマッシュ、ナックビーナスに続く3着。グランドボヌール、キングハート、カッパツハッチに先着。

レース映像

Watch him go: see him at his best

京王杯2歳S (G2)、東京、1400m、2017年11月4日
セントウルS (G2)、阪神、1200m、2019年9月8日
京王杯スプリングC (G2)、東京、1400m、2019年5月11日
アーリントンC (G3)、阪神、1600m、2018年4月14日
スプリンターS (G1)、中山、 1200m、2019年9月29日

ニュース

ニュース

ダーレー種牡馬2022年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社は、2022年シーズンに全10頭の種牡馬をご提供いたします。 パイロは、本年のJBCクラシック (Jpn1) において地方所属馬初制覇という快挙を成し遂げたミューチャリー、みやこS (G3) で重賞初制覇を果たしたメイショウハリオらの活躍で、次世代のダート界を担う種牡馬として存在感を示し、その種付料を300万円に設定いたしました。ドバイワールドC連覇などG1・4勝、今年誕生した初産駒が高い評価を得ているサンダースノー、そして初産駒が来年いよいよデビューを迎える短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。デルマーで開催されたBCターフの覇者で、壮健な初産駒が来年デビューを迎えるタリスマニックは、180万円。本年デビューした初産駒が順調に勝ち上がり、注目を浴びるアメリカンペイトリオット、芝・ダートを問わない産駒の活躍で益々勢いを増すディスクリートキャット、世界的名門ファミリーから出現した大物スプリンターとして供用初年度から優秀な牝馬を多数集めたタワーオブロンドンは、それぞれ150万円です。エクリプスSを3歳時に制覇、ドバイシーマクラシックでは圧巻の逃げ切り勝ちで世界を震撼させたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々成績を上げ、ダート界におけるトップスタリオンの仲間入りを果たしたフリオーソが100万円。そして、秀でたスピードを伝え続けるアドマイヤムーンの種付料は、50万円となります。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「産駒が既にデビューしている種牡馬はそれぞれが良績を残し、お陰様で発表前から多くのお問い合わせを頂いております。これらに加え、2022年はファインニードル、タリスマニックと欧州におけるホークビルの初産駒デビューや、タワーオブロンドンの初産駒誕生などを控える重要なシーズンとなります。皆様からのこれまでの強力なサポートに心から感謝申し上げると共に、来シーズンもご期待に添う魅力的な条件とサービスのご提供に努めて参ります。皆様のご利用、そしてご来場を心よりお待ち申し上げます」 =2022年度種牡馬ラインナップ= 種付料 出生条件 <パイロ> 300万円   産駒誕生後30日以内支払  <ファインニードル> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <サンダースノー> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <タリスマニック>

タワーオブロンドン供用開始、およびダーレー種牡馬2021年度種付料のお知らせ

 ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は2021年シーズンに、スプリンターズS (G1) の覇者タワーオブロンドンをラインナップに加えた全11頭の種牡馬をご提供いたします。  タワーオブロンドンは、早い時期から頭角を現し2歳時に京王杯2歳S (G2)、3歳時にアーリントンC (G3) を制覇するなどマイル路線を中心に活躍。4歳になると京王杯スプリングC (G2)、セントウルS (G2) を共にレコード勝ちし、スプリント戦への高い適性を示しました。そして、スプリンターズS (G1) では、後方から鋭い脚で他馬を交わし去り優勝。トップスプリンターへと昇り詰めました。本馬は、競走成績のみならず血統背景も優秀で、名牝ドフザダービーに辿り着く世界的なファミリーラインに属しています。種牡馬として重要な要素を兼ね備えた本馬の種付料は、150万円となります。  次世代を担うダートサイアーに君臨する パイロ、ドバイワールドC連覇などG1・4勝、初年度から優秀な繁殖牝馬を集めたサンダースノー、そして初年度産駒が高評価を得た短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。ディープインパクトのファミリーに属するBCターフ (G1) 覇者 タリスマニックは180万円。来年デビューを迎える初産駒の評判が日々高まるアメリカンペイトリオット、本邦初産駒が順調に勝ち上がるディスクリートキャットは、150万円です。3歳馬にしてエクリプスS (G1) を制覇、ドバイシーマクラシック (G1) では圧巻の逃げ切り勝ちで世界を驚かせたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々評価を上げる フリオーソ、秀でたスピードと瞬発力を産駒に伝えるアドマイヤムーンは、それぞれ100万円。そして、数少ない産駒の中から大物を送り出すモンテロッソが50万円となります。