タリスマニック

180万円 黒鹿毛 2013 16.1½HH (1.66M)
Medaglia d'Oro – Magic Mission (Machiavellian)
出生条件(産駒誕生後30日以内支払) Standing at Darley Japan

G1勝ち馬9頭を破り、ブリーダーズカップターフ (G1) を制覇。
タイムフォームレーティングは125を記録。

アメリカのトップサイアー、メダーリアドーロが送る芝の最高傑作。
2歳時に勝ち上がり、3歳、4歳、5歳時と重賞・ステークスレースに勝利。

母はロイヤルヒロインS (G3) 勝ちを含め、
アメリカのトップクラスで活躍。

母系は、ハイクレアに辿り着く世界的な名門。
3歳チャンピオンのレイデオロや、
偉大なディープインパクトが名を連ねるファミリー。

母の父は、マキャヴェリアン。
同様の血統構成を持つシャマダールやダークエンジェルらは、
種牡馬として大成功。

G1勝ち馬9頭を破り、
ブリーダーズCターフ (G1) を制覇。
レーティングは125を記録。

アメリカのトップサイアー、
メダーリアドーロが送る
芝の最高傑作。
2歳時に勝ち上がり、
3歳、4歳、5歳時と
重賞・ステークスレースに勝利。

母はロイヤルヒロインS (G3) 勝ちを
含め、アメリカのトップクラスで活躍。

母系は、ハイクレアに辿り着く
世界的な名門。
3歳チャンピオンのレイデオロや、
偉大なディープインパクトが名を連ねる
ファミリー。

母の父は、マキャヴェリアン。
同様の血統構成を持つ
シャマダールやダークエンジェルらは、
種牡馬として大成功。

ニュース

ニュース

ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円

新種牡馬タリスマニックへの期待

       

 内国産馬の著しい資質向上に伴い、種牡馬も自前での調達が可能になったのが昨今の日本で、近年はそれほど多くはなかったのが輸入種牡馬の導入だった。だが、ここ2年ほど若駒のマーケットが好調に推移したことを受け、今年は10月に入る頃から続々と「海外から種牡馬導入」のニュースが聞こえてきた。   中でも、飛び切りのビッグニュースにしてグッドニュースだったのが、11月22日にダーレー・ジャパンから発表された、タリスマニック導入決定の一報であったと思う。  シェイク・モハメドの生産組織ダーレーが生産し、シェイク・モハメドの競馬組織ゴドルフィンが所有したタリスマニックだが、実は、母のマジックミッション(父マキャヴェリアン)も、祖母ドリームチケット(父ダンジグ)も、シェイク・モハメドの兄マクトゥーム・アル・マクトゥームの競馬組織ゲインズボロウ・スタッドの生産馬で、いずれもマクトゥーム・アル・マクトゥームの服色を背に走った馬たちだった。すなわち、近代国家としてのドバイの中興の祖である一方で、稀代の馬産家でもあるマクトゥーム・ファミリーによる、ホームメイドの名馬がタリスマニックなのである。    ニューマーケットに拠点を置く伯楽マイケル・スタウトの管理馬として1勝を挙げたドリームチケットは、4歳の春に繁殖入り。初年度こそ不受胎に終わったものの、2年目からの16年間で14頭の子供を出産した、優秀な繁殖牝馬であった。  マキャヴェリアンを交配されて、98年に生まれたドリームチケットの初仔がマジックミッションで、仏国の伯楽アンドレ・ファーブル厩舎に入厩した同馬は、2歳の5月30日に早くもシャンティーのメイドン(芝1000m)でデビューを果たしている。  能力は高いものの、いささか勝ち味に遅いところがあったのがマジックミッションで、デビューから6戦を消化した段階で未だ勝ち星はなかったものの、一方で、極端な道悪になったデビュー3戦目のドーヴィルの条件戦(芝1200m)で着外に敗れた以外は、全て4着以内に入る堅実性を発揮していた。  ここでファーブル師はマジックミッションをシャンティーのG3クロー賞(芝1800m)にぶつけたところ、勝ち馬プルーヴから頭差の2着に入り、重賞でも戦える能力があることを示している。  3歳シーズンを終えると、北米西海岸を拠点とするニール・ドライスデール厩舎に転厩。  北米でも大崩れをしない特性を存分に発揮しつつ、12月にはG1メイトリアークS (芝8F)で勝ち馬ドレストゥスリルから1と1/2馬身差の3着に好走。そして、5歳7月にハリウッドパークのG3ロイヤルヒロンS (芝8f)を制し、待望の重賞初制覇を果たした。  母マジックミッションの戦績を長々と記したのは、同馬が非常に仕上がりが早かった点や、マイルの重賞を勝つスピードを持っていた点を、強調したいがゆえである。  6歳の春に繁殖入りしたマジックミッションは、翌春に初仔となる父ラーヒィの牡馬を出産。これを皮切りに、18年に産んだ父インヴィンシブルスピリットの牡馬まで、14年間で12頭の産駒を生むという、母マジックミッション同様の多産ぶりを発揮している。  初年度の交配相手がラーヒィだったことは記したばかりだが、2年目以降に同馬が産んだ産駒の父親を列記すると、06年がフォレストリー、07年がエーピーインディ、08年がシングスピール、09年がオーソライズド、10年がピヴォタル、不受胎を1年挟んで、12年がメダグリアドーロと、毎年のように交配相手が変わっている。ところが、メダグリアドーロの子を産んだ12年春には、再びメダグリアドーロが交配されているから、想像するに、12年に生まれた産駒の出来が、それまでになく良かったのだろう。その結果、13年春に生まれた父メダグリアド―ロの牡馬が、後のタリスマニックとなったわけで、結果的にこの配合戦略は大成功することになった。  メダグリアドーロ(父エルプラド)は、トップラインをさかのぼるとサドラーズウェルズからノーザンダンサーに至り、父エルプラドの母の父もサーアイヴァーであるからして、メダグリアドーロの血統表の上半分は、完全なるヨーロッパ血脈である。  メダグリアドーロの母カプチーノベイ(父ベイルジャンパー)は、2歳時から5歳時まで北米で24戦したが、このうち13戦が芝のレースで、11戦がダートのレースだった。通算で5勝したうち、唯一の特別制覇となったのが、ロングエーカーズのダート6.5f戦マーサーガールズSで、3着に入着を果たした。  ゴールデンゲートの特別ヴァレホSもダート6f戦だった。その一方で、5勝のうち4勝は芝の5.5f ~ 8.5f 戦で挙げていたから、カプチーノベイは完全なる両刀遣いであったと言って良さそうだ。  そして、カプチーノベイの父系2代目はダマスカスだから、そこに流れているのは北米のダート血脈である。  メダグリアドーロは、西海岸の伯楽ボビー・フランケルの管理馬として2歳12月にデビュー。3歳時には9戦し、G1トラヴァーズS (d10f)など3重賞を含む4勝を挙げた他、G1ベルモントS


レース映像

Watch HIM go: see him in action...

ゴントービロン賞 (G3)、ドーヴィル、2000m、2018年8月15日
ブリーダーズCターフ (G1)、デルマー、2400m、2017年11月4日
モーリスドニュイユ賞 (G2)、サンクルー、2800m、2017年7月14日

血統

タリスマニック
TALISMANIC
黒鹿毛 2013 166cm

メダーリアドーロ
MEDAGLIA D'ORO
黒鹿毛 1999

エルプラド
EL PRADO
芦毛 1989

SADLER'S WELLS

NORTHERN DANCER

FAIRY BRIDGE

LADY CAPULET

SIR IVOR

CAP AND BELLS

カプチーノベイ
CAPPUCINO BAY
鹿毛 1989

BAILJUMPER

DAMASCUS

COURT CIRCUIT

DUBBED IN

SILENT SCREEN

SOCIETY SINGER

マジックミッション
MAGIC MISSION
鹿毛 1998

マキャヴェリアン
MACHIAVELLIAN
黒鹿毛 1987

MR PROSPECTOR

RAISE A NATIVE

GOLD DIGGER

COUP DE FOLIE

HALO

RAISE THE STANDARD

ドリームチケット
DREAM TICKET
鹿毛 1992

DANZIG

NORTHERN DANCER

PAS DE NOM

CAPO DI MONTE

FINAL STRAW

BURGHCLERE

父・母系成績

父:メダーリアドーロ MEDAGLIA D'ORO (1999) トラヴァーズS (G1) など。代表産駒:*タリスマニック TALISMANIC、ボルトドーロ BOLT D'ORO、*シャンパンドーロ CHAMPAGNE D'ORO、*ギャビーズゴールデンギャル GABBY'S GOLDEN GAL、エムシャウィッシュ MSHAWISH、レイチェルアレクサンドラ RACHEL ALEXANDRA など。

1代母:マジックミッション MAGIC MISSION (Machiavellian) 仏米4勝 (8f-9f)、ロイヤルヒロインS (G3)、パロマーBCH (G2) 2着、クロエ賞 (G3) 2着、メイトリアークS (G1) 3着。12頭の母、出走馬6頭、勝ち馬6頭;

*タリスマニック TALISMANIC (牡 Medaglia d'Oro) G1勝ち馬、競走成績参照

ウィットネスド WITNESSED (牝 Authorized) 英1勝 (7.5f)。産駒;

ステージマジック STAGE MAGIC (セン Dark Angel) 英仏2勝、シェーヌ賞 (G3)、Criterium Du Fonds Europeen De L'Elevage (L) 2着

2代母:ドリームチケット DREAM TICKET (Danzig) 英1勝 (7f)。勝ち馬6頭の母;

マジックミッション MAGIC MISSION (牝 Machiavellian) ブラックタイプ勝ち馬、上記参照

*ドリームモーメント Dream Moment (牝 Machiavellian) 出走。産駒;

ロジクライ LOGI CRY (牡 ハーツクライ) 5勝、シンザン記念 (G3)、富士S (G3)、六甲S (L)、中京記念 (G3) 2着、京成杯オータムH (G3) 3着、京王杯スプリングC (G2) 3着

3代母:カーポディモンテ CAPO DI MONTE (Final Straw) 英米5勝、ヴァインランドH (G3)、Pretty Polly S (L)、サンチャリオットS (G2) 2着

4代母:バーグクレア BURGHCLERE (Busted) 英1勝。勝ち馬6頭の母;

*ウインドインハーヘア WIND IN HER HAIR (牝 Alzao) 英独3勝、アラルポカル (G1)、Pretty Polly S (L)、英オークス (G1) 2着。産駒;

ディープインパクト DEEP IMPACT (牡 *サンデーサイレンス) 年度代表馬 (2回)、最優秀3歳牡馬、最優秀4歳以上牡馬、12勝、ジャパンC (G1)、日本ダービー (G1)、皐月賞 (G1)、菊花賞 (G1)、有馬記念 (G1) [種牡馬]

ブラックタイド BLACK TIDE (牡 *サンデーサイレンス) 3勝、スプリングS (G2)、若駒S (Op)、きさらぎ賞 (G3) 2着、中山金杯 (G3) 3着 [種牡馬]

*ヴェイルオブアヴァロン VEIL OF AVALON (牝 *サンダーガルチ) 英米7勝、デラローズH (G3)、Solo Haina H、Fortune S (L) 2着。産駒;

リルダヴァル L'ILE D'AVAL (牡 アグネスタキオン) 6勝、都大路S (L)、カシオペアS (L)、アンドロメダS (L) 2着、NHKマイルC (G1) 3着

ヴォルシェーブ VOLSHEB (牡 ネオユニヴァース) 6勝、メトロポリタンS (L)

*レディブロンド LADY BLOND (牝 Seeking The Gold) 5勝、スプリンターズS (G1) 4着。産駒;

ゴルトブリッツ GOLD BLITZ (牡 スペシャルウィーク) 10勝、帝王賞 (Jpn1)、アンタレスS (G3) 2回、マーキュリーC (Jpn3)、仁川S (L)

ラドラーダ LA DORADA (牝 *シンボリクリスエス) 4勝。産駒;

レイデオロ REY DE ORO (牡 キングカメハメハ) 最優秀3歳牡馬、最優秀4歳以上牡馬、7勝、日本ダービー (G1)、天皇賞・秋 (G1)、ジャパンC (G1) 2着

カーポディモンテ CAPO DI MONTE (牝 Final Straw) ブラックタイプ勝ち馬、上記参照

*インヴァイト INVITE (牝 Be My Guest) 英2勝。産駒;

ウインクリューガー WIN KLUGER (牡 *タイキシャトル) 5勝、NHKマイルC (G1)、アーリントンC (G3)、スワンS (G2) 3着、阪急杯 (G3) 3着、新潟大賞典 (G3) 4着、京都金杯 (G3) 5着 [種牡馬]

種牡馬成績
2019年より供用。
初年度産駒は2020年の当歳馬。

写真

競走成績

競走成績

年度 馬齢 出走 1着 2着 3着 4着
2015 2 3 1 1 - -
2016 3 6 2 1 - 1
2017 4 8 3 4 1 -
2018 5 6 2 1 - -
合計   23 8 7 1 1

タイムフォームレーティング 125

2歳時

1着
Prix De Frondaisons (Maiden)、コンピエーニュ、1800m、2着Combe Hayとの着差7馬身。さらに、Ashkoul、Hatem、Sir Allonne、Linguist、Snowy Amour、Acerbo、Myboy、Solugazonia、Celeste Mogador、Dynadinに先着。
 

3歳時

1着
Prix Turenne (L)、サンクルー、2400m、2着Al Haramとの着差3馬身。さらに、Vedevani、Wind Of Change、Dalgarno、Mythomaneに先着。
 
1着
Prix De L'Avre (L)、サンクルー、2400m、Spring Master、Mahari、Gontchar、Friday Night Lightに先着。
 
2着
Prix Maurice Caillault (L)、サンクルー、2000m、Apilobarの2着。Thewayyouwish、Magari、Kidmenever、Salut Lionel、Heart Angel、Aseerに先着。
 
4着
仏ダービー (G1)、シャンティイ、2100m、Almanzor、Zarak、Dictonに続く4着。Apilobar、Golden Bridge、Royal Julius、Mekhtaal、Raseed、Bravery、Robin Of Navan、Ventura Storm、Floodlight、Black Sea、Imperial Aviator、Foundationに先着。
 

4歳時

1着
BCターフ (G1)、デルマー、2400m、2:26.19のコースレコードを樹立。*ビーチパトロール、Highland Reel、Sadler's Joy、Seventh Heaven、Bullards Alley、Itsinthepost、Cliffs Of Moher、Oscar Performance、Decorated Knight、Fanciful Angel、Bigger Picture、Huntに先着。
 
1着
モーリスドニュイユ賞 (G2)、サンクルー、2800m、Marmelo、Sirius、Moonshiner、Full Drago、Sweet Selection、Mille Et Mille、Canessar、Tres Rock Glory、Iraklionに先着。
 
1着
Prix Lord Seymour (L)、メゾンラフィット、2400m、Zemindari、Apilobar、Launched、Tres Rock Glory、Brave Impactに先着。
 
2着
香港ヴァーズ (G1)、シャティン、2400m、Highland Reelの2着。トーセンバジル、Chemical Charge、Primitivo (HK: Gold Mount)、Max Dynamite、Smart Call、Eagle Way、キセキ、Danehill Kodiac、Tiberian、Mont Ormel (HK: Helene Charisma) に先着。
 
2着
シャンティイ大賞 (G2)、シャンティイ、2400m、Silverwaveにクビ差の2着。Apilobar、Left Hand、Doha Dreamに先着。
 
2着
エドゥーヴィル賞 (G3)、サンクルー、2400m、Tiberianの2着。Way To Paris、Matchwinner、Cafe Royal、Moonshinerに先着。
 
2着
Prix De La Porte De Madrid (L)、サンクルー、2400m、Tiberianの2着。Travelling Man、Prestige Vendome、Mauveに先着。
 
3着
フォワ賞 (G2)、シャンティイ、2400m、Dschingis Secret、Cloth Of Starsに続く3着。サトノダイヤモンド、Silverwave、サトノノブレスに先着。
 

5歳時

1着
ゴントービロン賞 (G3)、ドーヴィル、2000m、2着First Sittingとの着差2馬身。さらに、Master's Spirit、Syrita、Alignement、Wren's Day、Subway Dancerに先着。
 
1着
Prix Darshaan (Conditions)、シャンティイ、1900m、Cloth Of Stars、Savoken、Replenish、Mister Smart、Pretorに先着。
 
2着
フォワ賞 (G2)、ロンシャン、2400m、Waldgeistの2着。Cloth Of Stars、Way To Paris、Capri、クリンチャーに先着。