Latest news

アドマイヤムーン産駒、セイウンコウセイが高松宮記念 (G1) を制す

アドマイヤムーン産駒から待望のG1ウィナーが誕生した。セイウンコウセイが高松宮記念 (G1) に勝利し、父の産駒として初のG1ウィナーとなった。

3月26日 (日)、中京競馬場で開催された高松宮記念 (4歳上・G1・芝1200m) に出走したセイウンコウセイ。滑らかなスタートを切り、抜群の手応えをなだめて3番手の内、好位で道中を運んだセイウンコウセイ、楽な手応えを保ったまま最終コーナーを回ったセイウンコウセイは、直線に入り満を持して追い出されると、馬場の真ん中を力強い末脚で抜け出し2着に1馬身と1/4差をつけ鮮やかに勝利し、父の産駒として初のG1ウィナーとなった。 セイウンコウセイは母オブザーヴァント、母の父Capoteという血統の4歳牡馬。本馬のきょうだいハイッカクウ、メイショウグラハム、アステュートはJRA勝ち馬。また、叔父には1996年のNHKマイルC (G1)などに勝利し種牡馬となったタイキフォーチュン、近親には2015年のNHKマイルC (G1) などに勝利したクラリティスカイなどがいる。このファミリーには名種牡馬Known Fact、Gone Westなどが名を連ねている。 セイウンコウセイ (2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母オブザーヴァント 母の父Capote 馬主 西山 茂行 様 美浦 上原 博之 厩舎 新ひだか町 桜井牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。 ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


パイロ産駒、ワディが大和ステークスを制す、エグジットラックは新馬戦に勝利

傑出した産駒の勝ち馬率で注目を集めるパイロ。今週のJRA開催ではワディが大和ステークスに勝利し、エグジットラックが新馬戦で勝利、さらにジョワイユが新たに勝ち馬となる活躍をみせた。 2月4日 (土)、京都競馬場で開催された大和S (4歳上・OP・ダート・1200m) に出走したワディ。滑らかなスタートを切ったワディは、向こう正面で7、8番手の好位で道中を無理なく運ぶ。最終コーナー出口で3、4番手から外に持ち出したワディは、直線でしっかりとした末脚で前をとらえると、後続の猛追を振り切り勝利した。 ワディは母フラグラントオアシス、母の父Rahyという血統の6歳牝馬。母フラグラントオアシスは99年のキングチャールズ二世S勝ち馬。半兄のデザートオアシスはJRA5勝の特別勝ち馬、半姉のフィリラもJRAで3勝をあげている。 ワディ (2011年生・めす・栗) 父パイロ 母フラグラントオアシス 母の父Rahy 馬主 H. H. シェイク・モハメド 栗東 野中 賢二 厩舎 日高町 ダーレー 生産 2月5日 (日)、東京競馬場で開催された新馬戦 (3歳・ダート・1600m) に出走したエグジットラック。スタート後、向こう正面で鞍上から気合いをつけられたエグジットラックは、道中、幼さをみせながらも、押し上げて外目から好位につけて最終コーナーを回る。直線で思い切って外に持ち出したエグジットラックは、追い出されると一気に末脚を伸ばし、ゴール直前で離れた内の前2頭をきっちり差し切って勝利した。 エグジットラックは母トレノローザ、母の父アフリートという血統の3歳牡馬。母トレノローザはJRA勝ち馬。近親にはJRA3勝の特別勝ち馬で、2012年のフラワーC (G3) 3着、オークス (G1) 5着のサンキューアスクなどがいる。 エグジットラック (2014年生・牡・栗)


フリオーソ産駒、ホーリーブレイズが新馬戦を快勝、32頭目の勝ち馬となる

先日のJRA開催で2頭の勝ち馬を新たに送り出したフリオーソ。その勢いは止まることなく、週末のJRA開催では、ホーリーブレイズが新馬戦を快勝し、父の産駒として32頭目の勝ち馬となった。 1月21日 (土)、京都競馬場で開催された新馬戦 (3歳・ダート1800m) に出走したホーリーブレイズ。滑らかにスタートを切ったホーリーブレイズは、縦長の展開となったレースで中団の内でレースを運ぶ。3コーナーで上手く外に持ち出したホーリーブレイズは直線に入ると、鋭い末脚で先行勢を一気に差し切り、2着に1馬身と3/4差をつけ、デビュー戦に勝利した。 ホーリーブレイズは母スキャニングジョイ、母の父スキャンという血統の3歳牡馬。本馬の母スキャニングジョイはJRA勝ち馬で、本馬は母の8番仔になる。 ホーリーブレイズ (2014年生・牡・鹿) 父フリオーソ 母スキャニングジョイ 母の父スキャン 馬主 村上 憲政 様 栗東 佐藤 正雄 厩舎 新ひだか町 岡田牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。初年度産駒は早くも32頭が勝利。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。供用初年度から4シーズンともに、100頭以上の牝馬を集める。産駒はセリでも高い評価を得て、供用開始2世代の平均落札価格は、種付料の約6倍を記録。


アドマイヤムーン産駒、ムーンエクスプレスが石清水ステークスを制してオープン入り

快速馬を続々と送り出しているアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではムーンエクスプレスが石清水ステークスを逃げ切りで勝利し、オープン入りを決めた。 1月22日 (日)、京都競馬場で開催された石清水ステークス (4歳上・1600万下・芝1400m) に出走したムーンエクスプレス。大外からスタートを切ったムーンエクスプレスは、持ち前のテンのスピードを生かして果敢にハナを奪い、馬群を率いて最終コーナーを回る。直線でさらに逃げ脚を伸ばしたムーンエクスプレス、ゴール前では後続2頭の猛追をハナ差退ける勝負強さを見せて勝利し、オープン入りを決めた。 ムーンエクスプレスは母アモーレペガサス、母の父メジロライアンという血統の5歳牝馬。本馬の叔父には2003年の朝日杯フューチュリティS (G1) など3つの重賞に勝利したコスモサンビームがいる。 ムーンエクスプレス (2012年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母アモーレペガサス 母の父メジロライアン 馬主 (株) ローレルレーシング 様 栗東 鈴木 孝志 厩舎 日高町 坂牧場 生産 G1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。 ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、現4歳世代からはセイウンコウセイが出現。


フリオーソ産駒、新春の快走で勝利を重ねる

2016年ファーストシーズンサイアー中、最多となる28頭の勝ち馬を送り出し、ファーストシーズンサイアーランキング (勝ち馬数・勝利数) で首位となったフリオーソ。産駒は年明けも好調な走りをみせている。週末からのJRA開催では、マイネルルミノーソ、スズカフリオーソが新たにJRA勝ち馬となった。 1月14日 (土)、中山競馬場で開催された3歳未勝利 (ダート・1800m) に出走したマイネルルミノーソ。スタートから積極的にハナを奪ったマイネルルミノーソは、思惑通りの逃げを打ち、自らのペースでレースを運び最終コーナーを回る。気分よく道中を運んだマイネルルミノーソは、最後の直線で追い出されると、その逃げ脚をさらに伸ばし、残り150m付近で早くもセーフティリードを保ち、後続に3馬身半差をつけ勝利した。 マイネルルミノーソは母シンハルカジョウ、母の父ブラックタキシードという血統の3歳牡馬。母シンハルカジョウはJRAで2勝。祖母ダイナボンダーはJRA7勝、福島RC70周年記念 (OP) の他、立夏賞、新潟日報賞など4つの特別レースに勝利している。 マイネルルミノーソ (2014年生・牡・黒鹿) 父フリオーソ 母シンハルカジョウ 母の父ブラックタキシード 馬主 サラブレッドクラブ・ラフィアン 様 美浦 小野 次郎 厩舎 別海町 野付ライディングファーム 生産 1月16日 (月)、中京競馬場で開催された 3歳未勝利 (ダート・1800m) に出走したスズカフリオーソ。これまでの実績から1番人気に推されたスズカフリオーソは、滑らかなスタートから好位2番手につける絶好の競馬運びで、前をマークしたまま直線へ。直線では残り200m付近から力強い末脚で抜け出すと、余裕を残した走りで、2着に3馬身半差をつけ勝利した。 スズカフリオーソは母フランチェスカ、母の父ブラックタイアフェアーという血統の3歳牡馬。本馬の半姉ハピシンはJRA2勝の特別レース勝ち馬。また、叔父にはJRAで4勝をあげ、2002年の京成杯 (G3) に勝利したローマンエンパイアがいる。


アドマイヤムーン産駒、ワンスインナムーンが準オープンに勝利

人気に応えて連勝でオープン入りを決める。

快速馬を多数送り出し続けるアドマイヤムーン。週末のJRA開催では、ワンスインナムーンがサンライズSを逃げ切って勝利。連勝でオープン入りを決めた。 1月8日 (日)、中山競馬場で行われたサンライズS (4歳上・1600万下・芝1200m) に出走したワンスインナムーン。このクラス初挑戦ながら1番人気に推されたワンスインナムーンは、持ち味のテンのスピードを生かしハナを奪いレースを運ぶ。直線入り口で外から並びかけられるも、スピードに任せた走りをみせたワンスインナムーンは、直線の坂で後続勢を引き離すレースぶりで後続を振り切り、2着に1馬身と1/4差をつけ勝利し、連勝でオープン入りを決めた。 ワンスインナムーンは新ひだか町・岡田スタッド生産。母の父ヘクタープロテクターという血統の4歳牝馬。母ツーデイズノーチスは2009年のアネモネSに勝利したスピード馬。ワンスインナムーンは初仔。半弟のディバインコードはJRA2勝、ジュニアC (OP) 2着、京王杯2歳S (G2) 3着の活躍をみせている。 ワンスインナムーン (2013年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス 母の父ヘクタープロテクター 馬主 諸江 幸祐 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 新ひだか町 岡田スタツド 生産      G1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。 ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、現4歳世代からはセイウンコウセイが出現。


アドマイヤムーン産駒、セイウンコウセイが淀短距離Sを快勝

新たなリステッドウィナーに。

スピードあふれる産駒を次々送り出し続けているアドマイヤムーン、週末のJRA開催では、セイウンコウセイが淀短距離Sに勝利し、新たなリステッドウィナーとなった。 1月7日 (土)、京都競馬場で行われた淀短距離S (4歳上・オープン・芝1200m) に出走したセイウンコウセイ。スタート直後から激しい先行争いとなったレースで、セイウンコウセイは好位2番手で道中を運び最終コーナーを回る。直線で追い出されたセイウンコウセイは、残り200mで内の逃げ馬を交わして先頭に立つと、力強い走りで後続を突き放し2着に1馬身と1/4差をつけ勝利した。 セイウンコウセイは新ひだか町・桜井牧場生産。母オブザーヴァント、母の父Capoteいう血統の4歳牡馬。本馬のきょうだいハイッカクウ、メイショウグラハム、アステュートはJRA勝ち馬。また、叔父には1996年のNHKマイルC (G1) などに勝利し種牡馬となったタイキフォーチュン、近親には2015年のNHKマイルC (G1) などに勝利したクラリティスカイなどがいる。このファミリーには名種牡馬Known Fact、Gone Westなどが名を連ねている。 セイウンコウセイ (2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母オブザーヴァント 母の父Capote 馬主 西山 茂行 様 美浦 上原 博之 厩舎 新ひだか町 桜井牧場 生産 G1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのハクサンムーン、 G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、現4歳世代からはセイウンコウセイが出現。


キングズベスト産駒、ヤマニンベリンダが新馬戦に勝利

先週、産駒のアンタガシャチョウがJRAで新馬戦に勝利したキングズベスト、今週はヤマニンベリンダが新馬戦に勝利し、2週連続で2歳勝ち馬を送りだした。

12月17日 (土)、阪神競馬場で行われたメイクデビュー阪神 (2歳新馬・芝・1200m) にヤマニンベリンダが出走。スタートから積極的に好位を狙ったヤマニンベリンダは前2頭を見ながら3番手で向こう正面を運ぶ。絶好の位置で最終コーナーを回ったヤマニンベリンダは外に持ち出して追い出すと、直線では4頭の追い比べをきっちり制する見事な末脚で勝利した。 ヤマニンベリンダは新冠町・錦岡牧場生産。母マダニナ、母の父Sadler's Wellsという血統の2歳牝馬。母マダニナはJRAで特別2賞を含め3勝。きょうだいにはヤマニンウイスカー (JRA6勝・キャピタルS、京都金杯 (G3) 3着等) 、ヤマニンファラオ (JRA2勝・ゆきやなぎ賞、ラジオNIKKEI賞 (G3) 2着等) など、多数の活躍馬がいる。 ヤマニンベリンダ (2014年生・めす・黒鹿) 父キングズベスト 母マダニナ 母の父Sadler's Wells 馬主 土井 肇 様 栗東 河内 洋 厩舎 新冠町 錦岡牧場 生産 キングズベストは、日本ダービーおよび天皇賞の覇者エイシンフラッシュや英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬ワークフォースなど偉大な競走馬を送り出す、世界的名種牡馬。本邦初年度産駒が、2016年待望のデビューを迎え、既に5頭のデビュー勝ちを含め8頭の産駒がJRAで勝ち名乗りを上げている。


ダーレー種牡馬2017年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2017年シーズンに6頭の種牡馬をご提供いたします。

来シーズンから日本で供用開始されることになったアメリカの人気種牡馬で、日本でも既に重賞勝ち馬エアハリファを送り出しているディスクリートキャットは150万円に決定いたしました。その他、高い勝ち馬率で成功種牡馬としての地位を確立したパイロが250万円となったのを筆頭に、本邦初年度産駒が本年デビューし、順調に勝ち馬を送り出しているキングズベストが200万円、上級馬を多数送り出し芝のサイアーランキングでトップ10入りを果たしているアドマイヤムーンが150万円、供用開始から3シーズンで300頭以上の牝馬を集め、高評価を得た初年度産駒が来年デビューを迎えるモンテロッソが150万円、そして、今年産駒がデビューを迎えた新種牡馬の中で最も多くの勝ち馬を送り出し、現在地方ファーストシーズンサイアーランキング首位を独走する注目のフリオーソは、今シーズン同様の50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「これまで供用されてきた5頭は、今や不動の人気を誇るパイロをはじめ、産駒の活躍や血統的背景からますます注目される存在となりました。これらに加え、アメリカの人気種牡馬で、既に日本でも実績を残しているディスクリートキャットを新たに導入したことで、これまで以上に層の厚いラインナップとなりました。発表を前に、多くのお申し込みを頂いておりますことをお礼申し上げます。来シーズンも多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2017年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:250万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <キングズベスト> 種付料:200万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ディスクリートキャット> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <モンテロッソ>