Latest news

アドマイヤムーン産駒、ブラックムーンが西宮Sを完勝、ドーヴァーも木更津特別を制す

産駒に確実にスピードを伝えるアドマイヤムーン。週末の開催ではブラックムーン、ドーヴァーの2頭が特別戦に勝利する活躍をみせた。

9/11 (日)、阪神競馬場で行われた西宮S (3歳上・1600万下・芝1800m) に出走したブラックムーン。休み明けながらも1番人気に推されたブラックムーンはスローペースの流れの中、最後方の位置取りで自身のペースでレースを運ぶ。最後方のまま残り800mを切りペースを上げたブラックムーンは、大外を回して直線へ。直線では大外のままメンバー中最速の末脚を繰り出し一完歩ごとに前との差をつめ、残り100mを切ってから一気に前3頭を差し切って勝利、自身にとっての5勝目をあげた。 ブラックムーンは日高町・タバタファーム生産。母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統の4歳牡馬。本馬の半兄ゴールデンアタック、カリスマアキラはともにJRAで2勝を上げている。 ブラックムーン (2012年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ロイヤルアタック 母の父ジェネラス 馬主 Him Rock Racing 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 日高町 タバタファーム 生産 同日の中山競馬場で開催された木更津特別 (3歳上・1000万下・芝1600m) に出走したドーヴァー。これまでの実績から1番人気に推されたドーヴァーは、向こう正面では控えて中団7番手での競馬。4コーナーでじわりと位置を押し上げ、一団となった馬群の2番手外目に持ち出したドーヴァーは、直線に入ると鋭い末脚で坂を上り、内との追い比べをきっちり制し、自身にとっての3勝目を上げた。 ドーヴァーは母オルダニー、母の父Elusive Qualityという血統の3歳牡馬。本馬の半姉にはJRAで貴船S、UHB杯など4勝のブルーストーン。近親には、95年のフィーニクスS (G1)、愛ナショナルS (G1) などに勝利し、種牡馬としても成功を収めるDanehill Dancerがいる。 ドーヴァー (2013年生・牡・栗)


キングズベスト産駒、ミヤビベストが新馬戦を逃げ切り勝ち

本邦初年度産駒がデビューを迎えたキングズベスト。週末のJRA開催ではミヤミベストが、豊富なスピードを生かし、新馬戦に勝利した。

9/11 (日)、中山競馬場で行われた2歳新馬 (芝2000m) に出走したミヤビベスト。スタートを決めたミヤビベストは、1コーナー入口でハナに立ちレースのペースを握る。ゆったりとした流れのレースで馬群を率いたミヤビベストは、時折幼さをのぞかせながらも、うまく折り合いをつけ道中を運ぶ。直線での追い比べとなったレース展開の中、先頭のまま4コーナーを回り直線を向いたミヤビベストは、抜群のスピードを発揮して後続を引き離し、直線半ばで外との追い比べに決着をつけ、2着に1馬身半差をつける逃げ切り勝ちでデビュー戦を飾った。 ミヤビベストは新ひだか町・高橋修氏の生産。母ミヤビキララ、母の父スペシャルウィークという血統の2歳牡馬。母ミヤビキララはJRA3勝、香取特別、土湯温泉特別などに勝利した活躍馬。半兄のミヤビジャスパーはJRAで3勝。野分特別、アルメリア賞に勝利し、若駒S (OP) 2着の実績馬。 ミヤビベスト (2014年生・牡・鹿) 父キングズベスト 母ミヤビキララ 母の父スペシャルウィーク 馬主 村上 義勝 様 栗東 笹田 和秀 厩舎 新ひだか町 高橋 修 生産 キングズベストは、日本ダービーおよび天皇賞の覇者エイシンフラッシュや英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬ワークフォースなど偉大な競走馬を送り出す、世界的名種牡馬。日本での供用開始から3シーズンにわたり、名牝、名血からのサポートを受ける。本邦初年度産駒は2016年、待望のデビューを迎え、既に4頭が勝ち馬となっている。


キングズベスト産駒ナムラアイドル、新馬戦を逃げ切り勝ち

先日、本邦初産駒世代がJRAの新馬戦に勝利したキングズベスト。週末のJRA開催では、産駒ナムラアイドルが芝1200mの新馬戦に勝利した。

7月30日 (土)、小倉競馬場で行われた2歳新馬 (芝1200m) に出走したナムラアイドル。抜群のスタートを切ったナムラアイドルは、テンのスピードを生かしてハナを狙う。道中から2頭でハナを争う形で4コーナーを回った本馬は、直線に向くと豊富なスピードを発揮して残り200mで抜け出し、ゴール前では内からの猛追をしのぎ切る勝負強さをみせ、逃げ切りで勝利した。レース後、鞍上からは「最後もしっかりと伸びてくれました。さらに良くなると思います」とのコメントが発せられた。 ナムラアイドルは日高町・いとう牧場生産。母ナムラミーティア、母の父サクラバクシンオーという血統の2歳牝馬。母ナムラミーティアは2008年のラベンダー賞勝ち馬で、同年の函館2歳S (G3) 2着の実績馬。 ナムラアイドル (2014年生・めす・鹿) 父キングズベスト 母ナムラミーティア 母の父サクラバクシンオー 馬主 奈村 睦弘 様 栗東 目野 哲也 厩舎 日高町 いとう牧場 生産 キングズベストは、日本ダービーおよび天皇賞の覇者エイシンフラッシュや英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬ワークフォースなど偉大な競走馬を送り出す、世界的名種牡馬。日本での供用開始から3シーズンにわたり、名牝、名血からのサポートを受ける。本邦初年度産駒は2016年、待望のデビューを迎え、既に3頭が勝ち馬となっている。


キングズベスト産駒タケショウベスト、新馬戦に快勝

世界的名種牡馬キングズベスト、その本邦初産駒世代のタケショウベストが新馬戦に勝利、本邦産駒初のJRA勝ち馬となった。

7月9日 (日)、福島競馬場で行われた2歳新馬 (芝1200m・牝馬) に出走したタケショウベスト。スタートこそ出遅れたものの、抜群の二の脚で中団に取りついたタケショウベストは、3コーナー入口から鞍上が抑えきれない程の手応えで前を射程に収め直線へ。直線に向いて外に出したタケショウベストは、残り200m手前から鋭い末脚を繰り出し、あっさりと前を掴まえ、そのまま後続を寄せ付けない走りで勝利した。 タケショウベストは浦河町・富菜牧場生産。母タケショウレジーナ、母の父ダンスインザダークという血統の2歳牝馬。母タケショウレジーナは、JRAでサロマ湖特別など特別レース3勝を含め5勝をあげ、アネモネS (OP) 3着の実績馬。 タケショウベスト (2014年生・めす・鹿) 父キングズベスト 母タケショウレジーナ 母の父ダンスインザダーク 馬主 (有) ナイト商事 様 美浦 田中 清隆 厩舎 浦河町 富菜牧場 生産 キングズベストは日本ダービーと天皇賞の覇者、エイシンフラッシュ。英ダービーをレコードで制した凱旋門賞馬、ワークフォース。偉大な2頭を送り出す、世界的名種牡馬。日本での供用開始から3シーズンにわたり、名牝、名血からのサポートを受ける。本邦初年度産駒は2016年、待望のデビュー。


パイロ産駒、週末4勝の活躍

ラーナアズーラが新馬戦を快勝、アフターバーナーも新たな2歳勝ち馬となる。

産駒の高い勝ち上がり率で注目を集めているパイロ。週末のJRA開催では、ラーナアズーラが新馬戦に勝利、アフターバーナーも新たな2歳勝ち馬となった。さらに、古馬のパイロキシン、シンダーズも勝利して、今週末だけで計4勝を上げる活躍ぶりであった。芝、ダート、世代不問の万能な走りをみせるパイロの注目度は高まるばかりだ。 7月9日 (土)、函館競馬場で行われた2歳新馬 (芝1200m) に出走したラーナアズーラ。内枠からスタートし好位置3番手の内でレースを運んだ本馬は3〜4コーナーで馬群に包まれ窮屈になる場面もあったが、焦らずに好機をうかがって直線へ。直線で外に持ち出され、ジョッキーの指示に鋭く反応したラーナアズーラは、残り150m付近で前2頭をあっさりと交わし、ゴール前は抑える余裕すらみせる走りでデビュー戦に勝利した。レース後、陣営からは「函館2歳Sを視野に入れて調整します」とのコメントが出されている。 ラーナアズーラは日高町・アイズスタッド生産。母グロッタアズーラ、母の父フジキセキという血統の2歳牝馬。母グロッタアズーラは、競走年齢に達した産駒全てがJRA勝ち馬となっている。 ラーナアズーラ (2014年生・牝・栗) 父パイロ 母グロッタアズーラ 母の父フジキセキ 馬主 (株) グランデオーナーズ 様 美浦 畠山 吉宏 厩舎 日高町 アイズスタッド 生産 翌、7月10日 (日) 、福島競馬場で行われた2歳未勝利戦 (ダート1150m) ではアフターバーナーが勝利し、新たな2歳勝ち馬となった。前走のデビュー戦を2着としたアフターバーナーは、圧倒的な1番人気に推されての出走。スタートから押して積極的に好位を狙ったアフターバーナーは逃げ馬を前にみながら2番手で道中を運ぶ。直線に入り追い出しに入ったアフターバーナーは力強い末脚で一完歩ごとに前に迫り、ゴール手前で差し切ると最後は抑える余裕をみせ、デビュー2戦目で勝ち馬となった。 アフターバーナーは日高町・ダーレー生産。母ファダラン、母の父Cherokee Runという血統の2歳牡馬。本馬の半兄にはJRAで2勝をあげたボウマンミル、叔父には1991年のBCジュヴェナイル (G1)、グランクリテリヨム (G1) などに勝利し、同年のカルティエ賞年度代表馬となったアラジ


パイロ産駒ワディ、1番人気でシドニートロフィーを制しオープン馬に

産駒の高い勝ち上がり率が熱い注目を集めているパイロ。

週末のJRA開催では、ワディが1番人気に応えてシドニートロフィーに勝利してオープン入りを果たし、イクラトロは1000万下で勝利をあげ、準オープン入りを決めた。 5月21日 (土)、京都競馬場で行われたシドニートロフィー (4歳上・1600万下・ダート1200m) に出走したワディ。1番人気に推された同馬は大外からのスタートとなったものの、外からスムーズで無理ないレース運びをみせ、残り800m付近で好位につけると最終コーナー出口では先頭に並びかけて直線へ。直線で力強く末脚を伸ばし一足早く抜け出たワディは、後続の追撃を振り切って勝利。通算5勝目をあげ、見事オープン入りを果たした。 日高町・ダーレー生産のワディは、母フラグラントオアシス、母の父Rahyという血統の5歳牝馬。半兄デザートオアシスは特別勝ちを含むJRA5勝。また、アドマイヤムーン産駒の半姉フィリラはJRA3勝馬。 ワディ (2011年生・めす・栗) 父パイロ 母フラグラントオアシス 母の父Rahy 馬主 H. H. シェイク・モハメド 栗東 野中 賢二 厩舎 日高町 ダーレー 生産 翌5月22日 (日) の京都競馬場ではイクラトロが4歳上・1000万下・ダート1400mに出走。直線に入り3番手から末脚を繰り出して前を交わしたイクラトロは2着にクビ差をつけ勝利、準オープン入りを決めた。 日高町・目黒牧場生産のイクラトロは、母グランプリオーロラ、母の父ウォーニングという血統の5歳牡馬。半弟モズライジンは師走S (OP) 2着、名古屋大賞典 (Jpn3) 3着の活躍馬。また、母の半妹には函館スプリントS (G3)


アドマイヤムーン産駒、プリンセスムーンが連勝で韋駄天Sを制す

産駒は週末4勝の活躍。

先週に続き、アドマイヤムーン産駒が好調な走りをみせている。週末のJRA開催で産駒が4勝をあげる活躍をみせたアドマイヤムーンは、プリンセスムーンが連勝で韋駄天S (OP) に勝利した他、ヘイジームーンは1000万下で4勝目をあげ、マエストロ、ファインニードルが新たに勝ち馬となった。 5月22日 (日)、新潟競馬場で開催された韋駄天S (4歳上・オープン・芝1000m) に出走したプリンセスムーン。前走、同距離を勝ってここに臨んだ同馬は人気の一角を担い、大外枠からの出走となった。スタート直後の行き脚こそ一息だったものの、鞍上が気合いをつけるとすんなりと流れに乗り、勝負所では進路を探る、余裕あるレース運び。持ち前のスピードと末脚の切れを存分に発揮したプリンセスムーンは、メンバー中最速の上がりで並み居る牡馬を交わして初挑戦となったオープンを見事連勝で勝利した。 浦河町・三嶋牧場生産のプリンセスムーンは、母スクービドゥー、母の父Johan Cruyffという血統の6歳牝馬。ドイツ産の母スクービドゥーはドルメロ賞 (G3) の勝ち馬。そして、半兄タイキプレミアムは江坂特別を含むJRA3勝。また、半妹のメイショウメイゲツはアネモネS (OP) 2着の実績を持つ現役のJRA3勝馬。 プリンセスムーン (2010年生・めす・栗) 父アドマイヤムーン 母スクービドゥー 母の父Johan Cruyff 馬主 玉腰 勇吉 様 栗東 安田 隆行 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 週末のJRA開催ではプリンセスムーンの他にも、5月21日 (土)