Latest news

アドマイヤムーン産駒、ワンスインナムーン、朱鷺ステークスを制し新たなステークスウィナーとなる

産駒が好調な走りを続けるアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではワンスインナムーンが朱鷺ステークスを1番人気で勝利し、新たなステークスウィナーとなった。また、ワンアフターが別府特別に勝利した。 8月27日(日)、新潟競馬場で開催された朱鷺ステークス(3歳上・OP・芝1400m)に出走したワンスインナムーン。単勝1.9倍、圧倒的な1番人気に支持されたワンスインナムーンは、スタート後ほどなく初速の違いを見せつけるかのような走りでハナに立つ。程なく外から被せられ、プレッシャーを受け続ける厳しい展開での逃げとなったワンスインナムーンだが、直線入り口で同型馬との争いに決着をつけると、ゴール前では後続の追い上げをきっちりと封じて2着をクビ差退け、連勝でステークスウィナーとなった。 ワンスインナムーンは新ひだか町・岡田スタッド生産。母ツーデイズノーチス、母の父ヘクタープロテクターという血統の4歳牝馬。母ツーデイズノーチスはJRA2勝、アネモネS (L)に勝利しクラシックに駒を進めた活躍馬。本馬は母の初仔。半弟のディバインコードは現役のJRA3勝馬、橘S (OP)などに勝利し、京王杯2歳S (G2)、アーリントンC (G3)で3着の実績馬。 ワンスインナムーン(2013年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス 母の父ヘクタープロテクター 馬主 いとはんホールディングス 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 新ひだか町 岡田スタッド 生産 また、同日の小倉競馬場で開催された別府特別(3歳上・1000万下・芝1200m)にはワンアフターが出走。外枠からスタートしたワンアフターは道中、先団馬群を前に見ながら、10番手付近の位置取りで好機を伺う。4コーナーを回り直線を向いてから、外から追い上げるワンアフターは、残り200mを切ってから他馬と一頭だけ全く異なる脚色で、前をまとめて交わす鮮やかな走りで2着を3/4馬身差し切って勝利した。 ワンアフターは新ひだか町・土田農場生産。母エキゾチックエレガンス、母の父Storm Catという血統の4歳牡馬。本馬の半兄のGran Profetaはペルー19勝の現役馬で、2014年のアメリカ賞(G2)、ヴェロシダド賞(G3)でともに3着の実績馬。また、祖母のExotic Woodはアメリカで11勝、98年のサンタマリアH (G1)、サンタモニカH (G1)、96年のゴーフォーワンドS (G1)など3つのG1を含む5つの重賞に勝利している。 ワンアフター(2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母エキゾチックエレガンス 母の父Storm Cat 馬主 薪浦 亨 様


アドマイヤムーン産駒、世代を問わない好調な走りで2歳戦、特別戦に勝利

世代を問わない走りで成績を伸ばし、リーディングトップ10サイアーとなったアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではリンシャンカイホウが新たに2歳勝ち馬となり、4歳のルネイション、5歳のミスズダンディーが特別戦に勝利した。 8月19日(土)、札幌競馬場で行われた2歳未勝利(芝1200m)に出走したリンシャンカイホウ。最内からスタートを決めたリンシャンカイホウは、スピードを生かしてハナを奪うと、そのまま軽快な走りで後続を引き連れて4コーナーを回り直線へ。直線では、残り100m付近で後続をさらに突き放す走りをみせたリンシャンカイホウは、2着に3馬身差で勝利し2歳勝ち馬となった。 リンシャンカイホウは母トリプルアクト、母の父Theatricalという血統の2歳牡馬。本馬の半兄Crew Leaderは北米7勝、2011年のSWランダルプレイトなどに勝利した他、2010年のブリティッシュコロンビアダービー(G3)で2着の実績馬。また、同じく半兄のジャイロスコープ、ヒトノワドリームはともにJRA勝ち馬。 リンシャンカイホウ(牡・鹿・2015年生) 父アドマイヤムーン 母トリプルアクト 母の父Theatrical 馬主 (株)KTレーシング 様 美浦 田中 剛 厩舎 新冠町 パカパカファーム 生産 同日の札幌競馬場で行われた、富良野特別(3歳上・500万下・芝1800m)には5歳馬ミスズダンディーが出走。ミスズダンディーはスタートで後手に回るものの、道中は8、9番手の内でレースを運ぶ。勝負所手前で他馬が早めに動きだし、レースのペースが変わる中、直線で外に持ち出したミスズダンディーは、ゴール手前での追い比べから力強くクビ差抜け出して勝利した。 ミスズダンディーは母ティコティコタック、母の父サツカーボーイという血統の5歳牡馬。本馬の母ティコティコタックは2000年の秋華賞(G1)勝ち馬、また半兄のコモノドラゴンはJRAで特別レース2勝の活躍馬。 ミスズダンディー(牡・鹿・2012年生) 父アドマイヤムーン 母ティコティコタック 母父サツカーボーイ 馬主 永井 啓弍 様 栗東 加藤 敬二 厩舎 浦河町 バンブー牧場 生産 8月20日(日)、新潟競馬場で行われた村上特別(3歳上・500万下・芝1600m)に出走したルネイション。内枠からスタートを切ったルネイションは道中、好機をうかがいながら10番手の内でレースを運ぶ。ほぼ全馬が一団となって最終コーナーを回る展開となる中、ルネイションは迷わずインを選択し追い出されると、残り200mでは上手く外に進路を変え、メンバー中最速の末脚で追い比べを制し、2着に半馬身差で勝利した。 ルネイションは母パラフレーズ、母の父Pivotalという血統の4歳牝馬。本馬の叔父Ultraは2015年のジャンリュクラガルデール賞(G1)などに勝利している。また叔母には2007年のミネルヴ賞(G3)に勝利したSynopsisなどがいる。母系を遡ると日本で種牡馬として一時代を築いたヘクタープロテクター、シャンハイなどが出ている。 ルネイション(めす・黒鹿・2014年生) 父アドマイヤムーン 母パラフレーズ 母父Pivotal 馬主 H.H. シェイク・モハメド 美浦 栗田 徹 厩舎 日高町 Darley 生産


アドマイヤムーン産駒、ストーミーシーが古町特別に勝利

産駒にスピードを確実に伝えるアドマイヤムーン。リーディングサイアーランキング(芝)でトップ10入りを果たした後も、産駒は引き続き好調な走りをみせている。週末のJRA開催ではストーミーシーが古町特別に勝利した。 7月29日(土)、新潟競馬場で行われた古町特別に出走したストーミーシー。2番人気に推されたストーミーシーは外枠からスタートを切ると、道中は8、9番手の中団外目でレースを運ぶ。4コーナーを回り直線に向いて残り500mで外に持ちだしたストーミーシーは、残り200mから爆発的な末脚を繰り出し、ゴール前でまるで図ったかのようにハナで差し切り、鮮やかに勝利した。 ストーミーシーは母リーベストラウム、母の父ゼンノエルシドという血統の4歳牡馬。母のリーベストラウムはJRAで3勝の特別勝ち馬でマリーゴールド賞(OP) 3着のスピード馬。本馬自身もスピードに富み、3歳時はニュージーランドT (G2) 2着などの実績がある。 ストーミーシー(2013年生・牡・栗)  父アドマイヤムーン 母リーベストラウム 母の父ゼンノエルシド 馬主 (有)ミルファーム 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


アドマイヤムーン産駒、フミノムーンがバーデンバーデンCに勝利

今春、待望のG1ウィナーを送り出し、産駒が毎週のようにJRAで勝利するなど、勢いに乗るアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではフミノムーンがバーデンバーデンC (L)に勝利した。 7月16日(日)、福島競馬場で行われたバーデンバーデンC (L)に出走したフミノムーン。休み明けにもかかわらず1番人気に推されたフミノムーンは、スタートを決めると、二の脚を生かしてすんなりと好位へ。道中は4~5番手でしっかり折り合いをつけたフミノムーン。直線を向き、追い比べのレース展開の中、外から自慢の末脚を一気に繰り出したフミノムーンは、ゴール前で内から並びかけた馬に負けじと、さらに末脚を伸ばし、2着に頭差をつけ勝利した。 フミノムーンは母フミノシンデレラ、母の父サンダーガルチという血統の5歳牡馬。母はJRA2勝。本馬の半弟にはJRAで特別2勝、札幌日経オープン(L) 3着のフミノヤマビコ。また、いとこにあたるテイエムダイパワーは、JRAで特別2勝、京都2歳S (L) 3着。そして近親の種牡馬Includeは、ピムリコスペシャルH (G1)を含む重賞3勝の活躍馬。 フミノムーン(2012年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母フミノシンデレラ 母の父サンダーガルチ 馬主 谷 ニ 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 浦河町 斉藤英牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーンが出現。


モンテロッソ産駒、ビリーバーが勝利し、父の産駒として最初の勝ち馬となる

世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を受け継ぐドバイワールドカップ勝ち馬モンテロッソ。本年デビューを迎えた初年度産駒から初の勝ち馬が誕生した。 モンテロッソ産駒として最初の勝ち馬となったビリーバーは、7月9日(日)に福島競馬場で行われた2歳未勝利戦(芝1200m)に出走。これまでの好走から人気の一角に推されたビリーバーは、抜群のスタートを決めハナを奪いレースのペースを握る。スピードあふれる走りで、後続を3/4馬身程離して4コーナーを回ったビリーバーは直線入り口で後続に並びかけられると、そこからさらに力強く末脚を伸ばして追撃を退け、2着に半馬身差をつけて勝利し、モンテロッソ産駒として最初の勝ち馬となった。 ビリーバーは浦河町・ミルファーム生産。母デイドリーマー、母の父ネオユニヴァースという血統の2歳牝馬で母の初仔。母デイドリーマーはJRA勝ち馬。本馬の近親には2016年のシンザン記念(G3)に勝利したロジクライなどがいる。ネオユニヴァースを母父に持つビリーバー。サンデーサイレンス系繁殖牝馬との配合で勝ち馬となったことは、モンテロッソの今後の可能性を占う上で、興味深い存在といえそうだ。 ビリーバー(2015年生・めす・黒鹿) 父モンテロッソ 母デイドリーマー 母の父ネオユニヴァース 馬主 (有) ミルファーム 様 美浦 石毛 善彦 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィの貴重な後継種牡馬。2014年の供用開始から4シーズンで400頭を超える繁殖牝馬と交配。


フリオーソ産駒、ガウラミディが新馬戦に勝利

2016年の勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーとなったフリオーソ。週末のJRA開催では、その2世代目産駒となるガウラミディが新馬戦に勝利した。 7月8日(土)、函館競馬場で行われた新馬戦(2歳・ダート1000m)に出走したガウラミディ。雄大な馬体から繰り出す大きなフットワークで、道中3番手を追走したガウラミディ。レースは直線に入ると前3頭の激しい追い比べとなり、外から差を詰めたガウラミディが、熾烈な追い比べをハナ差制する勝負強さをみせ、デビュー戦に勝利した。 ガウラミディは新ひだか町・岡田牧場生産。母ロメラ、母の父サクラバクシンオーという血統の2歳牝馬。5代血統表内にサンデーサイレンスを含まない血統構成が印象的なガウラミディ。近親には、2014年のアンタレスS (G3) などに勝利し、同年のチャンピオンズC (G1)でも2着となったナムラビクターなどがいる。 ガウラミディ(2015年生・めす・栗) 父フリオーソ 母ロメラ 母の父サクラバクシンオー 馬主 村上 憲政 様 栗東 佐藤 正雄 厩舎 新ひだか町 岡田牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。初年度産駒は既に53頭が勝ち馬となり、2世代目産駒は早くも7頭が勝ち馬となる。供用初年度から5シーズンを経て、各シーズンとも100頭以上の牝馬を集める。産駒はセリでも高い評価を得て、供用開始2世代の平均落札価格は、種付料の約6倍を記録。


パイロ産駒、パッセが新馬戦を快勝

 産駒の高い勝ち上がり率が注目を集めるパイロ。

週末のJRA開催ではパッセが芝の新馬戦に勝利、この世代のJRA所属パイロ産駒として初の2歳勝ち馬となった。 7月2日(日)、福島競馬場で行われた新馬戦(2歳・芝1200m)に出走したパッセ。好馬体と好仕上がりから人気の一角に推されたパッセは、滑らかなスタートから抜群の手応えで2番手につけ、向こう正面から3コーナーへ。残り400mから追い出したパッセは、直線に入ると残り200mであっさり抜け出すスピードあふれる走りで後続に3馬身差をつけ、芝でのデビュー戦を勝利で飾った。 パッセは浦河町・ミルファーム生産。母パドブレ、母の父ホワイトマズルという血統の2歳牝馬。母パドブレはJRA2勝、新馬戦と2008年のダリア賞(OP)に勝利したスピード馬。 パッセ(2015年生・めす・栗) 父パイロ 母パドブレ 母の父ホワイトマズル 馬主 (有)ミルファーム 様 美浦 蛯名 利弘 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。初年度世代の勝ち上がり率は驚異の80%を記録。ステークスを制したシゲルカガ、ビービーバーレルを筆頭に、数多くの勝ち馬を世に送り出している。


アドマイヤムーン産駒、ワンスインナムーンがテレビユー福島賞に勝利しオープンに返り咲き

レオナルドは御在所特別を制す。

アドマイヤムーン産駒が好調な走りをみせている。今週のJRA開催ではワンスインナムーンがテレビユー福島賞を、レオナルドは御在所特別に勝利した。 7月1日(土)、福島競馬場で行われたテレビユー福島賞(3歳上・1600万下・芝1200m)に出走したワンスインナムーン。1番人気に推されたワンスインナムーンは、スタートから自慢のテンのスピードを生かして前へ。逃げ馬をぴったりマークし、2番手で道中を運んだワンスインナムーンは、3コーナーで早くも前に並びかけて直線へ。直線ではしっかりとした脚色で抜け出し、そのまま後続の追撃を封じて2着に半馬身差をつけ勝利し、最短で再びオープン馬への仲間入りを果たした。 ワンスインナムーンは新ひだか町・岡田スタッド生産。母ツーデイズノーチス、母の父ヘクタープロテクターという血統の4歳牝馬。母ツーデイズノーチスはJRA2勝、アネモネS (L)に勝利しクラシックに駒を進めた活躍馬。本馬は母の初仔。半弟のディバインコードは現役のJRA3勝馬、橘S (OP)などに勝利し、京王杯2歳S (G2)、アーリントンC (G3)で3着の実績馬。 ワンスインナムーン(2013年生・めす・鹿) 父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス 母の父ヘクタープロテクター 馬主 (有)いとはんホールディングス 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 新ひだか町 岡田スタッド 生産 同日の中京競馬場で行われた御在所特別(3歳上・500万下・芝1600m)に出走したレオナルド。圧倒的1番人気に推されたレオナルド。大外からスタートしたレオナルドは、縦長のレース展開で中団後方12~13番手の外目でレースを運ぶ。4コーナーを回り直線に向くとレオナルドは、馬場の真ん中を外から追い上げ、次々と前を交わし、格の違いを見せつけるかのような走りで後続に2馬身半差をつけ勝利した。 レオナルドは、母リオズスターレット、母の父Galileoという血統の4歳牡馬。本馬の母は仏3勝、2008年のクレオパトル賞(G3)勝ち馬で、同年のマルレ賞(G2) 2着。また祖母のPremiere Creationは2000年のデルマーオークス(G1) 3着、同年のクロエ賞(G3) 2着の実績馬。 レオナルド(2013年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母リオズスターレット 母の父Galileo 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 藤原 英昭 厩舎 日高町 ダーレー 生産


パイロ産駒、クインズサターンが青梅特別に勝利、産駒が週末4勝の活躍をみせる

産駒の活躍でその評価をますます高めているパイロ。週末のJRA開催では、クインズサターンが青梅特別に勝利、オーマイガイ、アフターバーナー、ハヤブサナンデダロも勝利するなど産駒が4勝の活躍をみせた。 6月18日(日)、東京競馬場で開催された青梅特別(3歳上・1000万下・ダート1600m)に出走したクインズサターン。大外枠からスタートを切ったクインズサターンは、道中は後方外目でレースを運ぶ。4コーナーを回り直線に入ると、クインズサターンは外からしっかりとした脚どりで前を交わし、残り200mからは目を見張る末脚を繰り出して前を猛追すると、ゴール前できっちり差し切る勝負強さを発揮して勝利した。 クインズサターンは新ひだか町・佐竹学氏の生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の4歳牡馬。本馬の半兄にはJRA特別勝ち馬クインズストーム、また3代母は93年のマイルCS (G1)などに勝利し、93年の最優秀4歳以上牝馬のタイトルを獲得した名牝シンコウラブリイ。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 健二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 また、週末のJRA開催では、パイロ産駒のオーマイガイ、アフターバーナー、ハヤブサナンデダロが勝ち星を重ねる活躍をみせている。 オーマイガイ(2013年生・牡・栗) 父パイロ 母リスティアアスリー 母の父スピニングワールド 馬主 廣崎 利洋 様 栗東 河内 洋 厩舎 新冠町 川上牧場 生産 アフターバーナー(2014年生・牡・鹿) 父パイロ 母ファダラン 母の父Cherokee Run 馬主 H.H. シェイク・モハメド 美浦 伊藤 圭三 厩舎 日高町 ダーレー 生産 ハヤブサナンデダロ(2014年生・牡・鹿) 父パイロ 母グランドホイッスル 母の父シアトルスズカ