Latest news

ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


モンテロッソ、初年度産駒からブラックタイプホース、ラセットが登場

産駒ラセットがきさらぎ賞 (G3) で3着と好走、ブラックタイプホースとなる。

モンテロッソ産駒からブラックタイプホースが誕生した。2月4日(日)京都競馬場で開催された、きさらぎ賞(3歳・G3・芝1800m) に出走したラセットは、好位でレースを運び直線では外に持ち出すと、メンバー中最速の末脚で3着となり、父の産駒として初のブラックタイプホースとなった。 ラセットは母ナンヨーサフラウア、母の父アグネスタキオンという血統の3歳牡馬。母系を遡ると、3代母には報知4歳牝馬特別(G2)などJRA4勝のダイナシユガーがおり、一族には阪神大賞典(G2)など3つの重賞に勝利し、天皇賞春(G1) 3着、種牡馬となったムッシュシェクル、毎日杯(G3)に勝利し皐月賞(G1) 3着のシクレノンシェリフなどがいる。 ラセット(2015年生・牡・鹿) 父モンテロッソ 母ナンヨーサフラウア 母の父アグネスタキオン 馬主 桂土地(株)様 栗東 庄野 靖志 厩舎 浦河町 三好牧場 生産 現3歳世代が初年度産駒となるモンテロッソ産駒はこれまでに42頭が出走、既にJRA勝ち馬8頭を含め、15頭が勝ち馬となっている。 モンテロッソは、祖父のドバイミレニアムを彷彿とさせる走りで、ドバイワールドカップをレコードで制覇。生涯に破ったG1馬は20頭。世界的名種牡馬ドバウィが送る傑作。サンデーサイレンス系牝馬との配合では、理想的なアウトクロスを実現。種牡馬入りから4シーズンで400頭以上の繁殖牝馬と配合。産駒は均整のとれた馬体を有し、パワーと高い運動能力を兼ね備え、芝・ダート、距離を問わない活躍をみせている。


モンテロッソ産駒、芝・ダートを問わない走りで、リュヌルージュ、フェリーチェが新たな勝ち馬となる

今季、初年度産駒がデビューしたモンテロッソ。産駒は距離、馬場を問わない活躍をみせている。週末のJRA開催では、モンテロッソ産駒のリュヌルージュが芝で、フェリーチェがダートで勝利し、新たに勝ち馬となった。この週末の勝利でモンテロッソ産駒の勝ち上がり頭数は、JRA勝ち馬6頭を含め11頭となった。 12月9日(土)、阪神競馬場で行われた未勝利戦(2歳・芝・2000m)に出走したリュヌルージュは最内からのスタート。滑らかにゲートを出たリュヌルージュは、無理なくハナに立ちレースのペースを握る。向こう正面では早めのスパートを切った馬に外から被せられたものの、ハナを譲り番手で3コーナーから4コーナーを回ったリュヌルージュは、直線ではしっかりした末脚で抜け出し、後続を1馬身差退け勝利した。 リュヌルージュは日高町・坂東牧場生産。母ムーンハウリング、母の父メジロマックイーンという血統の2歳牝馬。本馬の母ムーンハウリングは2歳勝ち馬。母の父メジロマックイーン、2代母父カコイーシーズ、3代母父ボールドラツドという血統の本馬は母の2番仔、5代血統表内にインブリードを全く含まない特徴的な配合で生まれている。 リュヌルージュ(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母ムーンハウリング 母の父メジロマックイーン 馬主 窪田 康志 様 栗東 斉藤 崇史 厩舎 日高町 坂東牧場 生産 翌日の12月10日(日)、中山競馬場で行われた未勝利戦(2歳・ダート・1200m)にはフェリーチェが出走。スタートから、先頭集団を前に見ながら内目の6、7番手で向こう正面を運んだフェリーチェ。最終コーナーを回り、直線で上手く外に持ち出したフェリーチェは、先に抜け出した前2頭を、余裕残しの楽な手応えであっさり交わす余裕あふれる走りで、2着に2馬身差をつけ勝利した。 フェリーチェは浦河町・ビクトリーホースランチ生産。母タイキキララ、母の父キングヘイローという血統の2歳牝馬。祖母タイキステラはJRA6勝、湘南Sなど4つの特別レースに勝利したオープン馬。本馬の母系からは、1993年のマイルチャンピオンシップ(G1) など重賞4勝、93年のJRA最優秀4歳以上牝馬のタイトルを獲得した名牝シンコウラブリイ、2012年の東スポ杯2歳S (G3)など2つの重賞を制し、2013年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなど多数の活躍馬が出ている。 フェリーチェ(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母タイキキララ 母の父キングヘイロー 馬主 (有)大樹ファーム 様 美浦 菊沢 隆徳 厩舎 浦河町 ビクトリーホースランチ 生産 父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成したモンテロッソ。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。供用開始から2シーズン、200頭を超える繁殖牝馬と交配。初年度産駒は、JRA勝ち馬6頭を含め、既に11頭が勝ち馬となる。


モンテロッソ産駒、ハトホルが新馬戦に勝利、トキノパイレーツも新たな勝ち馬となる

今季、初年度産駒がデビューしたモンテロッソ、週末のJRA開催でハトホルが新馬戦に勝利し、トキノパイレーツも新たに勝ち馬となった。 11月5日(日)、東京競馬場で行われた新馬戦(2歳牝馬・芝1400m)でデビューしたハトホル。スタートをポンと出たハトホルは、抜群の行きっぷりを抑えて中団の6、7番手で道中を運ぶ。直線を向いて追い出されると、鋭く反応して末脚を伸ばしたハトホルは、残り200mを切ってからは内との追い比べをゴール前でハナ差制する勝負強さを見せ、デビュー戦に勝利した。 ハトホルは浦河町・中脇満氏生産、母フローズンムーン、母の父アドマイヤムーンという血統の2歳牝馬。母の初子にあたるハトホル、近親には有馬記念(G1) 2回、天皇賞・秋(G1)を2回勝利し、2002年、2003年のJRA年度代表馬に選出されたシンボリクリスエスがいる。 ホトハル(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母フローズンムーン 母の父アドマイヤムーン 馬主 高瀬 真尚 様 美浦 本間 忍 厩舎 浦河町 中脇 満 氏 生産 また、同日の東京競馬場で行われた2歳未勝利(ダート1600m)にはトキノパイレーツが出走、3戦目となったレースで2着に1馬身と1/4差をつけ勝利、新たな勝ち馬となった。 トキノパイレーツ(2015年生・牡・鹿)  父モンテロッソ 母エルサフィール 母の父タヤスツヨシ 馬主 田中 準市 様 美浦 相沢 郁 厩舎 新冠町 川上牧場 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。これまでに33頭のG1馬を送り出した世界を席巻する種牡馬ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。


モンテロッソ産駒、ユイノシンドバッドが新たな2歳勝ち馬に

今季、2歳が待望のデビューを迎えたモンテロッソ、週末のJRA開催ではユイノシンドバッドが勝利し、父の産駒として新たな2歳勝ち馬となった。 9月23日(土)、中山競馬場で行われた2歳未勝利(ダート・1800m)に出走したユイノシンドバッド。3戦目で初のダート戦に出走したユイノシンドバッドは、外枠から滑らかにスタートを切ると道中は抜群の手応えで4、5番手を追走。3コーナーでペースを上げたユイノシンドバットは先頭に並びかけて直線へ。直線ではしっかりした末脚で2着以下を寄せ付けず、残り200m付近で早々に決着をつけたユイノシンドバッドは2着に2馬身差、3着以下を5馬身差以上引き離し勝利した。父の産駒として5頭目の勝ち馬となったユイノシンドバッド、母の父はダンスインザダーク。サンデーサイレンス系繁殖牝馬とモンテロッソとの相性を探る上でも興味深い存在といえる。 ユイノシンドバッドは日高町、下河辺牧場生産。母マドリガルスコア、母の父ダンスインザダークという血統の2歳牡馬。本馬の3代母ロイヤルコスマーは1985年のトパーズS勝ち馬で同年の桜花賞(G1) 2着などがある活躍馬。また、近親のグレイスティアラは2005年の全日本2歳優駿(G1)、兵庫ChS (G2)など重賞3勝を上げている。 ユイノシンドバッド(2015年生・牡・青鹿) 父モンテロッソ 母マドリガルスコア 母の父ダンスインザダーク 馬主 由井 健太郎 様 美浦 竹内 正洋 厩舎 日高町 下河辺牧場 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。父は世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。


モンテロッソ産駒、ビリーバーが勝利し、父の産駒として最初の勝ち馬となる

世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を受け継ぐドバイワールドカップ勝ち馬モンテロッソ。本年デビューを迎えた初年度産駒から初の勝ち馬が誕生した。 モンテロッソ産駒として最初の勝ち馬となったビリーバーは、7月9日(日)に福島競馬場で行われた2歳未勝利戦(芝1200m)に出走。これまでの好走から人気の一角に推されたビリーバーは、抜群のスタートを決めハナを奪いレースのペースを握る。スピードあふれる走りで、後続を3/4馬身程離して4コーナーを回ったビリーバーは直線入り口で後続に並びかけられると、そこからさらに力強く末脚を伸ばして追撃を退け、2着に半馬身差をつけて勝利し、モンテロッソ産駒として最初の勝ち馬となった。 ビリーバーは浦河町・ミルファーム生産。母デイドリーマー、母の父ネオユニヴァースという血統の2歳牝馬で母の初仔。母デイドリーマーはJRA勝ち馬。本馬の近親には2016年のシンザン記念(G3)に勝利したロジクライなどがいる。ネオユニヴァースを母父に持つビリーバー。サンデーサイレンス系繁殖牝馬との配合で勝ち馬となったことは、モンテロッソの今後の可能性を占う上で、興味深い存在といえそうだ。 ビリーバー(2015年生・めす・黒鹿) 父モンテロッソ 母デイドリーマー 母の父ネオユニヴァース 馬主 (有) ミルファーム 様 美浦 石毛 善彦 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィの貴重な後継種牡馬。2014年の供用開始から4シーズンで400頭を超える繁殖牝馬と交配。


ダーレー種牡馬2017年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2017年シーズンに6頭の種牡馬をご提供いたします。

来シーズンから日本で供用開始されることになったアメリカの人気種牡馬で、日本でも既に重賞勝ち馬エアハリファを送り出しているディスクリートキャットは150万円に決定いたしました。その他、高い勝ち馬率で成功種牡馬としての地位を確立したパイロが250万円となったのを筆頭に、本邦初年度産駒が本年デビューし、順調に勝ち馬を送り出しているキングズベストが200万円、上級馬を多数送り出し芝のサイアーランキングでトップ10入りを果たしているアドマイヤムーンが150万円、供用開始から3シーズンで300頭以上の牝馬を集め、高評価を得た初年度産駒が来年デビューを迎えるモンテロッソが150万円、そして、今年産駒がデビューを迎えた新種牡馬の中で最も多くの勝ち馬を送り出し、現在地方ファーストシーズンサイアーランキング首位を独走する注目のフリオーソは、今シーズン同様の50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「これまで供用されてきた5頭は、今や不動の人気を誇るパイロをはじめ、産駒の活躍や血統的背景からますます注目される存在となりました。これらに加え、アメリカの人気種牡馬で、既に日本でも実績を残しているディスクリートキャットを新たに導入したことで、これまで以上に層の厚いラインナップとなりました。発表を前に、多くのお申し込みを頂いておりますことをお礼申し上げます。来シーズンも多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2017年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:250万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <キングズベスト> 種付料:200万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ディスクリートキャット> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <モンテロッソ>


昨年から種牡馬として初供用となったモンテロッソ。自身は壮健で逞しい馬体に加え、強靭な筋肉とその収縮力を持ち合わせているが、2015年となった今年、その長所を非常に良く受け継いだ待望の初年度産駒が誕生し話題となっている。

その中の1頭、ダーレー生産の牡馬は、母がSingspiel産駒のフランス2勝馬アドニータで、その母であるCaerleon産駒のAnna Palarivaは、フランスのG3、オマール賞 (芝1600m) の勝ち馬という良血ファミリーに属する。


2012年のドバイワールドカップ勝ち馬モンテロッソの初年度産駒第一号が、浦河町にある (有) ミルファームにて誕生した。

ネオユニヴァース産駒のデイドリーマーが出産したこの鹿毛の牝馬は、非常に健康で、初仔とは思えないほど骨量豊かな好馬体に恵まれた。


ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:三嶋 健一郎) は、2015年シーズンに5頭の種牡馬をご提供いたします。

イギリスそして日本でダービー馬を送り出し、成功種牡馬としての地位を確立しているキングズベスト250万円、安