Latest news

フリオーソ産駒、タイキフェルヴールが師走ステークスを快勝しリステッドウィナーに

毎世代、多数の2歳勝ち馬を送り出し続け、年々ダート界での存在感を高めているフリオーソ。週末のJRA開催では産駒のタイキフェルヴールがリステッドレースを快勝し、本産駒として5頭目のブラックタイプホースとなった。 12月12日 (土)、中山競馬場で行われた師走ステークス (L) (3歳上・ダート1800m) に出走したタイキフェルヴール。1年半にわたる長期休養を経て、叩き2戦目となった本馬はスタートで後手を踏み後方からのレースに。16頭立ての最後方で1コーナーを周ったタイキフェルヴールは、向こう正面残り1000m付近から位置取りを徐々に押し上げると、3コーナーから4コーナーにかけ抜群の手応えで外から一気に進出。直線に入るとさらに加速し、圧倒的な末脚で他馬をまとめて交わし去り優勝。上がりタイムは、他馬よりも0.5秒以上速い37.3秒。3歳時にはUAEダービーに出走するなど期待された大物が、メンバー最速の末脚を繰り出す完璧な内容で、見事復帰を果たした瞬間であった。 タイキフェルヴールは浦河町・ビクトリーホースランチ生産。母アッシュベリー、母の父Any Given Saturdayという血統の5歳牡馬。半姉エヴェリーナはJRAで芝2000mの2歳新馬戦の勝ち馬。曾祖母Cinnamon SugarはロングルックH (G2) 勝ち馬で、エイコーンS (G1)、マザーグースS (G1)、ガゼルH (G1) 2着の実績馬。 タイキフェルヴール (2015年生・牡・栗) 父フリオーソ 母アッシュベリー 母の父Any Given Saturday 馬主 大樹ファーム 様 栗東 牧浦 充徳 厩舎 浦河町 ビクトリーホースランチ 生産


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


フリオーソ産駒、テルペリオンが仁川ステークスに勝利しリステッドウィナーに

産駒の躍進が著しいフリオーソから、リステッドウィナーが誕生した。 週末のJRA開催ではテルペリオンが仁川ステークスに勝利、父の産駒として初のリステッドウィナーとなった。 2月23日 (土)、阪神競馬場で行われた仁川ステークス (4歳上・L・ダート2000m) に出走したテルペリオン。スタート直後から、好位2番手につけ、レースのペースを握り道中を運んだテルペリオンは、終始落ち着いたレース運びで、最終コーナーを回り直線入り口で先頭に立つと、力強い脚色を保ったまま後続を引き離し、2着に2馬身差をつけ勝利。父の産駒として初のリステッドウィナーとなった。 テルペリオンは母エルベレス、母の父ダンスインザダークという血統の5歳牡馬。本馬のきょうだいには、JRAで皆生特別など3勝のレムミラスや、JRA勝ち馬のガラドリエルなどがいる。 テルペリオン (2014年生・牡・栗) 父フリオーソ 母エルベレス 母父ダンスインザダーク 馬主 (株) ダイリン 様 栗東 寺島 良 厩舎 浦河町 谷川牧場 生産 2歳・3歳ダートチャンピオンのフリオーソ。NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけて、G1レース6勝。初年度産駒がデビューすると28頭の2歳勝ち馬を送り出し、勝ち馬数でリーディングファーストシーズンサイアーに輝く。さらに、セカンドクロップから29頭、サードクロップから24頭の2歳勝ち馬が誕生。活躍馬を続々と送り出し、種牡馬としても大成功の予感。


フリオーソ産駒、タイキフェルヴールが舞鶴ステークスに勝利

近年屈指のダートチャンピオン、フリオーソ。種牡馬としても大きな可能性を広げつつ、週末のJRA開催ではタイキフェルヴールが舞鶴ステークスに勝利し、オープン馬となった。 1月20日 (日)、京都競馬場で開催された舞鶴ステークス (4歳上・1600万下・ダート1800m) に出走したタイキフェルヴール。1番人気に支持されたタイキフェルヴールは、スローペースとなった道中を、ほぼ一団となった馬群の中団やや後ろでレースを運ぶ。抜群の手応えを保ったまま外に持ち出し、最終コーナーを回ったタイキフェルヴールは、直線では他馬を圧倒する末脚を繰り出しで、前をまとめて鮮やかに差し切り、後続に1馬身と3/4差をつけ勝利した。 タイキフェルヴールは母アッシュベリー、母の父Any Given Saturdayという血統の4歳牡馬。本馬の半姉エヴェリーナはJRA勝ち馬、曾祖母Cinnamon Sugarは94年のロングルックH (G3) などに勝利、エイコーンS (G1)、マザーグースS (G1)、ガゼルH (G1) 2着の実績がある。 タイキフェルヴール (2015年生・牡・栗)  父フリオーソ 母アッシュベリー 母の父Any Given Saturday 馬主 (有) 大樹ファーム 様 栗東 牧浦 充徳 厩舎 浦河町 ビクトリーホースランチ 生産


フリオーソ産駒、フリビオンが西日本ダービーに勝利

近年屈指のダートチャンピオン、フリオーソ。その初年度産駒のフリビオンが西日本ダービーに勝利した。さらに、週末のJRA開催ではタイキフェルヴールが新たに2歳勝ち馬となり、3歳馬テルペリオンが3勝目を上げた。昨年のNARファーストシーズンサイアーランキングで首位となったフリオーソが、各地で勝ち馬を送り出し続けている。 10月22日(日)、佐賀競馬場で行われた西日本ダービー(3歳・ダート2000m)に出走したフリビオン。圧倒的1番人気に支持されたフリビオンは、道中4、5番手でレースを運ぶ。向こう正面でやや置かれ気味となるも、直線では外から一気に差し切る豪快な走りで、2着に2馬身差をつけ勝利した。 フリビオンは新冠町、オリエント牧場生産。母ビオンディーナ、母の父エンドスウィープという血統の3歳牡馬。本馬の祖母アランヴァンナは英国産、91年の伊1000ギニー(G2)など重賞6勝の活躍馬。 フリビオン(2014年生・牡・栗) 父フリオーソ 母ビオンディーナ 母の父エンドスウィープ 馬主 西森 鶴 様 高知 中西 達也 厩舎 新冠町 オリエント牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。初年度産駒は既に57頭が勝ち馬となり、2世代目産駒は早くも24頭が勝ち馬となる。供用初年度から5シーズンを経て、各シーズンとも100頭以上の牝馬を集める。現2歳リーディングサイアーランキング(勝ち上がり頭数部門)で2位を記録。


フリオーソ産駒、ガウラミディが新馬戦に勝利

2016年の勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーとなったフリオーソ。週末のJRA開催では、その2世代目産駒となるガウラミディが新馬戦に勝利した。 7月8日(土)、函館競馬場で行われた新馬戦(2歳・ダート1000m)に出走したガウラミディ。雄大な馬体から繰り出す大きなフットワークで、道中3番手を追走したガウラミディ。レースは直線に入ると前3頭の激しい追い比べとなり、外から差を詰めたガウラミディが、熾烈な追い比べをハナ差制する勝負強さをみせ、デビュー戦に勝利した。 ガウラミディは新ひだか町・岡田牧場生産。母ロメラ、母の父サクラバクシンオーという血統の2歳牝馬。5代血統表内にサンデーサイレンスを含まない血統構成が印象的なガウラミディ。近親には、2014年のアンタレスS (G3) などに勝利し、同年のチャンピオンズC (G1)でも2着となったナムラビクターなどがいる。 ガウラミディ(2015年生・めす・栗) 父フリオーソ 母ロメラ 母の父サクラバクシンオー 馬主 村上 憲政 様 栗東 佐藤 正雄 厩舎 新ひだか町 岡田牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。初年度産駒は既に53頭が勝ち馬となり、2世代目産駒は早くも7頭が勝ち馬となる。供用初年度から5シーズンを経て、各シーズンとも100頭以上の牝馬を集める。産駒はセリでも高い評価を得て、供用開始2世代の平均落札価格は、種付料の約6倍を記録。


フリオーソ産駒、ホーリーブレイズが新馬戦を快勝、32頭目の勝ち馬となる

先日のJRA開催で2頭の勝ち馬を新たに送り出したフリオーソ。その勢いは止まることなく、週末のJRA開催では、ホーリーブレイズが新馬戦を快勝し、父の産駒として32頭目の勝ち馬となった。 1月21日 (土)、京都競馬場で開催された新馬戦 (3歳・ダート1800m) に出走したホーリーブレイズ。滑らかにスタートを切ったホーリーブレイズは、縦長の展開となったレースで中団の内でレースを運ぶ。3コーナーで上手く外に持ち出したホーリーブレイズは直線に入ると、鋭い末脚で先行勢を一気に差し切り、2着に1馬身と3/4差をつけ、デビュー戦に勝利した。 ホーリーブレイズは母スキャニングジョイ、母の父スキャンという血統の3歳牡馬。本馬の母スキャニングジョイはJRA勝ち馬で、本馬は母の8番仔になる。 ホーリーブレイズ (2014年生・牡・鹿) 父フリオーソ 母スキャニングジョイ 母の父スキャン 馬主 村上 憲政 様 栗東 佐藤 正雄 厩舎 新ひだか町 岡田牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。初年度産駒は早くも32頭が勝利。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。供用初年度から4シーズンともに、100頭以上の牝馬を集める。産駒はセリでも高い評価を得て、供用開始2世代の平均落札価格は、種付料の約6倍を記録。


フリオーソ産駒、新春の快走で勝利を重ねる

2016年ファーストシーズンサイアー中、最多となる28頭の勝ち馬を送り出し、ファーストシーズンサイアーランキング (勝ち馬数・勝利数) で首位となったフリオーソ。産駒は年明けも好調な走りをみせている。週末からのJRA開催では、マイネルルミノーソ、スズカフリオーソが新たにJRA勝ち馬となった。 1月14日 (土)、中山競馬場で開催された3歳未勝利 (ダート・1800m) に出走したマイネルルミノーソ。スタートから積極的にハナを奪ったマイネルルミノーソは、思惑通りの逃げを打ち、自らのペースでレースを運び最終コーナーを回る。気分よく道中を運んだマイネルルミノーソは、最後の直線で追い出されると、その逃げ脚をさらに伸ばし、残り150m付近で早くもセーフティリードを保ち、後続に3馬身半差をつけ勝利した。 マイネルルミノーソは母シンハルカジョウ、母の父ブラックタキシードという血統の3歳牡馬。母シンハルカジョウはJRAで2勝。祖母ダイナボンダーはJRA7勝、福島RC70周年記念 (OP) の他、立夏賞、新潟日報賞など4つの特別レースに勝利している。 マイネルルミノーソ (2014年生・牡・黒鹿) 父フリオーソ 母シンハルカジョウ 母の父ブラックタキシード 馬主 サラブレッドクラブ・ラフィアン 様 美浦 小野 次郎 厩舎 別海町 野付ライディングファーム 生産 1月16日 (月)、中京競馬場で開催された 3歳未勝利 (ダート・1800m) に出走したスズカフリオーソ。これまでの実績から1番人気に推されたスズカフリオーソは、滑らかなスタートから好位2番手につける絶好の競馬運びで、前をマークしたまま直線へ。直線では残り200m付近から力強い末脚で抜け出すと、余裕を残した走りで、2着に3馬身半差をつけ勝利した。 スズカフリオーソは母フランチェスカ、母の父ブラックタイアフェアーという血統の3歳牡馬。本馬の半姉ハピシンはJRA2勝の特別レース勝ち馬。また、叔父にはJRAで4勝をあげ、2002年の京成杯 (G3) に勝利したローマンエンパイアがいる。


ダーレー種牡馬2017年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2017年シーズンに6頭の種牡馬をご提供いたします。

来シーズンから日本で供用開始されることになったアメリカの人気種牡馬で、日本でも既に重賞勝ち馬エアハリファを送り出しているディスクリートキャットは150万円に決定いたしました。その他、高い勝ち馬率で成功種牡馬としての地位を確立したパイロが250万円となったのを筆頭に、本邦初年度産駒が本年デビューし、順調に勝ち馬を送り出しているキングズベストが200万円、上級馬を多数送り出し芝のサイアーランキングでトップ10入りを果たしているアドマイヤムーンが150万円、供用開始から3シーズンで300頭以上の牝馬を集め、高評価を得た初年度産駒が来年デビューを迎えるモンテロッソが150万円、そして、今年産駒がデビューを迎えた新種牡馬の中で最も多くの勝ち馬を送り出し、現在地方ファーストシーズンサイアーランキング首位を独走する注目のフリオーソは、今シーズン同様の50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「これまで供用されてきた5頭は、今や不動の人気を誇るパイロをはじめ、産駒の活躍や血統的背景からますます注目される存在となりました。これらに加え、アメリカの人気種牡馬で、既に日本でも実績を残しているディスクリートキャットを新たに導入したことで、これまで以上に層の厚いラインナップとなりました。発表を前に、多くのお申し込みを頂いておりますことをお礼申し上げます。来シーズンも多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2017年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:250万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <キングズベスト> 種付料:200万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ディスクリートキャット> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <モンテロッソ>


フリオーソ産駒、トロピカルスパートが2歳戦に勝利

この勝利でフリオーソ産駒の勝ち上がり頭数は27頭となり、ファーストシーズンサイアーランキング (勝ち上がり頭数部門)で首位に立っている。

初年度産駒が次々と勝ち上がり、注目を集めているフリオーソ。週末のJRA開催では産駒のトロピカルスパートが、JRA所属馬として待望の初勝利をあげた。 12月3日、中山競馬場で行われた2歳未勝利 (ダート・1200m) に出走したトロピカルスパート。スタートを決めたトロピカルスパートは無理をせず後方から競馬を運ぶ。4コーナー入口の勝負どころで一気に位置取りを上げ、前を射程に捕えたトロピカルスパートは、直線では外から次々と前を交す強烈な終いの末脚で、先団馬群を一気に差し切り、2着に1馬身半差をつけ勝利した。 トロピカルスパートは新ひだか町・坂本健一氏生産。母タヒチアンメモリ、母の父コマンダーインチーフという血統の2歳牝馬。本馬の母系を遡ると、2013年の日本ダービー (G1)、ニエル賞 (G2) などに勝利したキズナ、1994年にクラシック三冠を制したナリタブライアンにたどり着く。 トロピカルスパート (2012年生・めす・栗) 父フリオーソ 母タヒチアンメモリ 母の父コマンダーインチーフ 馬主 日向 均 様 美浦 高橋 文雅 厩舎 新ひだか町 坂本 健一 生産 2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。 2歳から7歳にかけてG1レース6勝。 父ブライアンズタイムは、ダービー馬タニノギムレット、 ナリタブライアン、そして、サニーブライアンら、歴史に名を刻む3頭のダービー馬を送り出した、大種牡馬ブライアンズタイムの傑作。自身は供用初年度から3シーズン連続で100頭以上と交配。