Latest news

ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


ホークビル供用のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、3歳時にエクリプスS (G1) を制覇し、2018年のドバイシーマクラシック (G1) において逃げ切り勝ちを収めたホークビル (Hawkbill) を2020年シーズンより日本で供用することを決定いたしました。 ホークビルは2歳の7月に初勝利を挙げるとそこから3連勝、3歳初戦となったニューマーケットS (L) に優勝すると、ロイヤルアスコット開催におけるターセンテナリーS (G3) で重賞初制覇。その次走サンダウンパーク競馬場で迎えたエクリプスSでは、仏2000ギニー (G1) 勝ち馬で、後にサセックスS (G1) を勝利することとなるザグルカとの壮絶な叩き合いを制し、破竹の6連勝でG1制覇を成し遂げました。その後も第一線で活躍を続けた本馬は、2018年のドバイシーマクラシック (G1) において生涯最高のパフォーマンスを演じました。世界各国から参戦した7頭ものG1勝ち馬を相手に果敢に逃げ、最後は2着のポエッツワードに3馬身差を付ける圧勝劇で世界を震撼させました。 ホークビルはイギリスのダルハムホールスタッドで本シーズンより種牡馬入りしました。その父はアメリカのリーディングサイアー、そしてチャンピオンターフサイアーに輝くこと6回を誇るキトゥンズジョイです。アメリカで大成功を収めるメダーリアドーロと同じエルプラドのサイアーラインに属し、今や世界中で影響力を強めています。また、本馬の母トレンザ (Trensa) はジャイアンツコーズウェイ産駒で、ホークビルの他にも2017年の米2歳G1ブリーダーズフューチュリティの勝ち馬で、現在はアメリカのスペンドスリフトファームで種牡馬生活を送るフリードロップビリー (Free