Latest news

アドマイヤムーン産駒プリンセスムーン、駿風ステークスを制しオープン入り

スピードあふれた産駒を送り続けるアドマイヤムーン。週末のJRA開催では産駒のプリンセスムーンが駿風ステークスに勝利してオープン入りを決めた。

5月7日 (土)、新潟競馬場で開催された駿風ステークス (4歳上・1600万下・芝1000m直線) に出走したプリンセスムーン。これまでの実績から2番人気に推されたプリンセスムーンは、外枠からスタートを切ると前に馬を置いて好位で脚をため、抜群の手応えを保ったまま、スパートのタイミングをうかがいながら道中を運ぶ。残り400mを過ぎてから、内に開いた進路を見逃さず鋭く切り込んだプリンセスムーンは、自慢の末脚を繰り出して一気に先頭に立ち、内外離れた3頭の追い比べを1馬身と1/4差制して勝利し、オープン入りを決めた。 プリンセスムーンは浦河町・三嶋牧場生産。母スクービドゥー、母の父Johan Cruyffという血統の6歳牝馬。母スクービドゥー(Scoubidou) はドイツ産で2006年のドルメロ賞 (G3) 勝ち馬。本馬の半兄タイキプレミアムはJRA3勝、江坂特別などに勝利しており、半妹のメイショウメイゲツは現役のJRA3勝馬で隅田川特別に勝利、アネモネS (OP) 2着などの実績がある。 プリンセスムーン (2010年生・めす・栗) 父アドマイヤムーン 母スクービドゥー 母の父Johan Cruyff 馬主 玉腰 勇吉 様 栗東 安田 隆行 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アドマイヤムーンは現役時、国内外でG1レースを3勝しJRA年度代表馬にも輝いた名馬。種牡馬としてもスプリンターのハクサンムーン、マイラーのレオアクティブ、中距離のアルキメデスなど距離を問わず重賞勝ち馬を送り出し、貴重なエンドスウィープの血を着実に伝えている。


アドマイヤムーン産駒アットウィルが彦根ステークスを快勝、再びオープンへ

産駒はスピードにあふれ安定した走りをみせているアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではアットウィルが彦根ステークスに勝利し、再びオープン馬の仲間入りを果たした。

4月23日 (土)、京都競馬場にて彦根ステークスに出走したアットウィル。スタートから積極的に追っつけて、向こう正面半ばで3、4番手の好位につけたアットウィルは、手応えを保ったまま4コーナーを回ると、直線では力強い末脚で逃げ馬を捕える。ゴール前にて3頭の激しい追い比べをきっちりクビ差制して勝利し、オープン馬に帰り咲いた。 アットウィルは浦河町・富田牧場生産。母アフレタータ、母の父タイキシャトルという血統の6歳牡馬。本馬の全姉ファインチョイスは函館2歳S (G3) 勝ち馬、半弟のキャンディバローズはファンタジーS (G3)、に勝利するなど素晴らしい活躍をみせている。 アットウィル (2010年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母アフレタータ 母の父タイキシャトル 馬主 宮川 純造 様 栗東 高橋 義忠 厩舎 浦河町 富田牧場 生産 アドマイヤムーンは現役時、国内外でG1レースを3勝しJRA年度代表馬にも輝いた名馬。種牡馬としてもスプリンターのハクサンムーン、マイラーのレオアクティブ、中距離のアルキメデスなど距離を問わず重賞勝ち馬を送り出し、貴重なエンドスウィープの血を着実に伝えている。


アドマイヤムーン産駒ブラックムーンが、直線一気の末脚でスピカSを制しオープン入り

産駒にスピードとを瞬発力を確実に伝えているアドマイヤムーン。今週のJRA開催では、ブラックムーンが末脚を爆発させスピカSに勝利、見事オープンクラス入りを果たした。また、3歳馬ムーンクエイクが素質を感じさせるレース内容で新たに勝ち馬となった。

ブラックムーンは3月5日 (土)、中山競馬場で行われたスピカS (4歳上・1600万下・芝1800m) に1番人気に押されて出走。スタート後、行き脚がつかず後方2、3番手からの競馬となったブラックムーンは、あせらず折り合いに専念しレースを進める。絶好の手応えで4コーナーを周り、進路を外に取ってスパートを切ったブラックムーン。そこから目の覚めるような鋭い末脚で次々と前を交わし、先頭の馬をきっちり捉えたところがゴール。鮮やかな競馬で1番人気に応え、見事オープンクラス入りを決めた。 ブラックムーンは日高町・タバタファーム生産。母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統の4歳牡馬。本馬の半兄ゴールデンアタック、カリスマアキラはともにJRAで2勝。母の産駒は出走した3頭全てがJRAで勝ち馬となっている。 ブラックムーン (2012年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ロイヤルアタック 母の父ジェネラス 馬主 Him Rock Racing 様 栗東 西浦 勝一 厩舎 日高町 タバタファーム 生産 3月6日 (日)、中山競馬場で行われた3歳未勝利 (芝1800m) に出走したムーンクエイク。2着した初戦の内容から断然の1番人気に推されたムーンクエイクは、無難なスタートを切ると、縦長となった展開の7、8番手の位置取りでレースを運ぶ。3コーナーの勝負どころですんなり先頭集団にとりついたムーンクエイクは、直線に入り力強い末脚であっさり抜け出すと、一完歩ごとに後続を突き放し、最後は2着に3馬身差をつける圧勝で見事人気に応えた。 ムーンクエイクは安平町・ノーザンファーム生産。母リッチダンサー、母の父Hallingという血統の3歳牡馬。本馬の半兄Stubbs Artは08年の英2000ギニー (G1)、愛2000ギニー (G1) でともに3着。半姉のバウンスシャッセは16年の愛知杯 (G3)、2015年の中山牝馬S (G3)、14年のフラワーC


芝、ダート、距離不問の活躍で、その勢いは留まるところを知らないパイロ産駒

先週末はJRAのダート1700m以上で3勝をあげた。

産駒の高い勝ち上がり率で注目を集めている新進気鋭の種牡馬パイロ。今週のJRA開催では、ダート1700m以上の距離で3勝、世代、クラスを問わない走り、勝負強さ、距離適性の広さがパイロの種牡馬としての能力の高さを示している。 まずは、2月27日 (土) 、小倉競馬場で行われた4歳上・500万下 (ダート1700m) に出走したパイロキシン。惜敗が続いていた本馬だが、中団追走から直線抜け出すと、ゴール前の追い比べをきっちり制し、自身にとって2勝目をあげた。パイロキシンは母イシノスティール、母の父ラムタラという血統の4歳牡馬。母イシノスティールはJRA3勝。本馬の叔父には2005年の産経賞オールカマー (G2) 勝ち馬で2004年の菊花賞 (G1) 2着のホオキパウェーブがいる。 パイロキシン (2012年生・牡・栗) 父パイロ 母イシノスティール 母の父ラムタラ 馬主 加藤 徹 様 美浦 柴田 政人 厩舎 日高町 大狩部牧場 生産 続いて同日、阪神競馬場で行われた4歳上・1000万下 (ダート2000m) に出走したエンキンドル。2番手追走から、直線の壮絶な叩き合いを制し、4勝目をあげて見事、準オープン入りを果たした。エンキンドルは日高町・ダーレー生産。母ラヴィングプライド、母の父Quiet Americanという血統の5歳牡馬。母ラヴィングプライドは2002年のオマール賞 (仏・G3) 勝ち馬。半弟のラヴアンドポップは昨年のコスモス賞 (OP) に勝利している。


パイロ産駒、カネノイロが2勝目をあげオープン入り

産駒の高い勝ち上がり率で注目を集めているパイロ。今週のJRA開催ではカネノイロが自身2勝目をあげ、オープン入りを果たした。

カネノイロは2月21日 (日)、東京競馬場で行われた500万下 (3歳・ダート1400m) に出走。スタートでやや後手を踏んだものの、すぐさま先頭勢にとりつき、道中は馬群の中5番手あたりでレースを進めたカネノイロ。馬群の内目でしっかりと折り合い、手応えを残したまま4コーナーを周り直線へ。残り200m付近から狭い進路を一気に抜け出し先頭に立つと、迫りくる後続勢を振り切るしぶとい末脚をみせ勝利、見事2勝目を挙げた。レース後の「新馬戦での勝利は芝でしたが、ダートだと道中も走りがスムーズですし、最後までしぶといです。ダートはいいですね」という鞍上のコメントからも、オープン入り後はダート戦での活躍が期待される。 カネノイロは新冠町・川上牧場生産。母エルサフィール、母の父タヤスツヨシという血統の3歳牡馬。母エルサフィールはJRA勝ち馬、カネノイロはその初仔にあたる。母がサンデーサイレンス系でありながら、本馬の5代血統表に含まれるクロスは母方のBuckpasser 5 x 5のみという血統構成が印象的なカネノイロ。サンデーサイレンス系牝馬とのアウトブリードが可能な点も、パイロの魅力といえそうだ。 カネノイロ (2013年生・牡・鹿) 父パイロ 母エルサフィール 母の父タヤスツヨシ 馬主 江川 伸夫 様 美浦・佐藤 吉勝 厩舎 新冠町 川上牧場 生産 パイロの父プルピット (Pulpit) は、種付料30万ドルを誇るアメリカのトップスタリオンであるタピット (Tapit) や、2014年の米年度代表馬カリフォルニアクローム (California Chrome) の父ラッキープルピット (Lucky Pulpit)


アドマイヤムーン産駒、ミエノドリーマーが新馬戦に勝利

産駒に確実にスピードと仕上がりの早さを伝えるアドマイヤムーン。週末のJRA開催ではミエノドリーマーが新馬戦に勝利した。

ミエノドリーマーは1月23日 (土)、中山競馬場で行われたメイクデビュー中山 (3歳新馬・芝1600m) に出走。外枠からスタートを切ったミエノドリーマーは、やや縦長となった道中の10番手外でレースを運ぶ。4コーナーで抜群の手ごたえで外から好位に進出したミエノドリーマーは、直線に入り鞍上のステッキに鋭く反応し、末脚を伸ばし坂を上ると切れのある末脚をくりだして、前をあっさりと差し切り、2着に半馬身差をつけ勝利した。 ミエノドリーマーは母ドリームカムカム、母の父メジロライアンという血統の3歳牡馬。母ドリームカムカムはJRAで8勝。福島民友C (OP)、TV愛知OP (OP)、福島民報杯 (OP) などに勝利した活躍馬。 ミエノドリーマー (2013年生・牡・栗) 馬主  里見 美惠子 様 美浦・国枝 栄 厩舎 新ひだか町 千代田牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ (G1) では、不屈の精神で国内外の一流馬を撃破。産駒は距離を問わず活躍、G1スプリンターのハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。2015年には種牡馬ランキングで過去最高の順位に到達。現3歳世代はJRAにおいて既に14頭が勝ち馬となり、2016年のクラシックに向けては、ラヴアンドポップとボーダレスが躍進。


今週も勝ち馬を送り出したパイロ、エレメンツが新馬戦を制す

毎週のように勝ち馬を送り出し、勢いが止まらないパイロ。

週末のJRA開催ではエレメンツが2着に4馬身差をつける走りをみせ、新馬戦に快勝した。 エレメンツは1月23日 (土)、京都競馬場で行われたメイクデビュー京都 (3歳新馬・牝馬・ダート1400m) に出走。スタートで出遅れたエレメンツは後方からの競馬。3コーナー手前付近では中段まで位置取りを押し上げ、残り600mの勝負所で手ごたえよく外から追い上げたエレメンツは、直線に入ると残り200mから目の覚めるような他馬と全く異なる末脚で、一気に前の馬群を差し切ると、後続を置き去りにする圧倒的な走りで2着に4馬身差をつけ、完勝といえるレース内容で勝利した。 エレメンツは母アクアリスト、母の父Coronad's Quest (コロナドズクエスト)という血統の3歳牡馬。本馬の半姉にはJRAで2勝のスピリットレイク。近親には08年の2000ギニー (G1)、愛2000ギニー (G1)、セントジェイムズパレスS (G1)、サセックスS (G1) に勝利したHenrythenavigatorがいる。 エレメンツ (2013年生・牝・黒鹿) 馬主 H.H.シェイク・モハメド 栗東・西園 正都 厩舎 日高町 ダーレー 生産 パイロの父プルピット (Pulpit) は、種付料30万ドルを誇るアメリカのトップスタリオンであるタピット (Tapit) や、2014年の米年度代表馬カリフォルニアクローム (California


時代の到来を予感させる走りをみせたパイロ産駒

先日、産駒がフェアリーS (G3) に勝利、クラシック候補を送り出したパイロ。その勢いは止まることなく、週末のJRA開催でもチャーム、ブライスガウが新馬戦に勝利した。

チャームは1月16日 (土)、京都競馬場で行われたメイクデビュー京都 (3歳新馬・ダート1200m) に1番人気で出走。スタートこそ立ち遅れたものの、スピードあふれる行きっぷりで直ぐに好位2番手につけたチャームは、自分のペースで楽にレースを運び、手ごたえ十分で4コーナーを回る。直線では残り150m付近で逃げ馬を交わして先頭に立ち、内から急追する馬との追い比べでは、さらにもう一伸びするしぶとい走りと勝負強さを見せたチャームが、人気に応え勝利した。 チャームは、母ミスアドーラブル、母の父Mr. Prospectorという血統の3歳牝馬。本馬の半姉サマリーズは2012年の全日本2歳優駿 (Jpn1) 勝ち馬、曾祖母AdoredはサンタマルガリータH (G1)、デラウェアH (G1) など重賞7勝をあげている。 チャーム (2013年生・牝・栗) 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東・藤岡 健一 厩舎 日高町 ダーレー 生産 ブライスガウは1月17日 (日)、中京競馬場で行われたメイクデビュー中京 (3歳新馬・ダート1200m) に出走。外枠から揉まれることなく3番手につけたブライスガウは、道中はゆったりとレースを運び4コーナーで前との差を詰めると、直線では若さを見せながらも、大きなストライドから繰り出すスピードで前を捉え先頭に立つと、後は後続を一方的に置き去りにする走りで、2着に5馬身差をつけ、完勝といえる内容で勝利した。 ブライスガウは、母プリモスター、母の父サンデーサイレンスという血統の3歳牝馬。母は大倉山特別、朝里川特別などJRAで5勝、半兄スザクは2013年全日本2歳優駿 (Jpn1) で2着の活躍馬。