Latest news

アメリカンペイトリオット 合田直弘

 様々な魅力に満ち溢れているアメリカンペイトリオットだが、まず真っ先にご紹介したいのが、現役時代に見せたレース振りである。  競馬で勝つために重要な要素のひとつが「スピード」であることは言うまでもないが、ひと括りに「スピード」と言ってしまうと、その概念は非常に幅広く、解釈の齟齬が見解の相違を生むことになりかねない。  例えば、テンからガンガン飛ばして行くダッシュ力も「スピード」であり、競馬に勝つために必要な形質ではあるが、しかし、日本の競馬でことさらに有用なのは、こういうスピードではない。日本の競馬で勝つために求められるのは、溜めることが出来て、なおかつ、使いたいという局面で間髪を入れずに使うことが出来る、タクティカルなスピードである。  「瞬発力」あるいは「切れ味」という言葉に代弁されるスピードこそが、日本で勝ち抜く上で極めて重要な形質なのだ。今や、世界のトップと互角に渡り合えるようになった日本産馬だが、国際舞台においても、日本馬の特性は「瞬発力」というのが既に通り相場となっており、日本馬は「切れ味」を最大の武器として、海外の強豪たちと相まみえているのである。  アメリカンペイトリオットとは、類い稀なスピードをタクティカルに使える馬であった。同馬が制した、2017年4月14日にケンタッキー州のキーンランド競馬場で行われた、G1メイカーズ46マイル(芝8f)の映像を、ぜひご覧いただきたい。好スタートを切りながら、前半は中団後ろ目に待機。アメリカの競馬らしく3~4コーナー中間からペースが上がった中、ジワッと番手をあげながらも、直線残り300m付近でのアメリカンペイトリオットは、先頭から6馬身ほど後方の6番手というポジションだった。ギアをトップに入れたのは残り1fを切ってからで、そこから疾風怒涛の末脚を繰り出し、相手馬たちを一刀両断にして差し切り勝ちを演じたのである。極上の切れ味を持ち、なおかつそれを、ここぞという局面で使える競走馬がアメリカンペイトリオットであった。  創設時の1989年から1996年まではフォートハロッドS、1997年から2011年まではメイカーズマークマイルの名称で施行されたメイカーズ46マイルは、歴史こそ浅いものの、北米芝路線において極めて重要な位置にある一戦となっている。  それは、過去の勝ち馬の名を見れば一目瞭然で、そもそもからして1989年の第1回競走の勝ち馬が、3つのG1を制した他、ウッドバインのキングエドワードGCで、1分45秒4という芝9fのワールドレコードタイ記録をマークした実績のあった、名馬ヤンキーアフェアであった。  1991年の勝ち馬は、その年の秋にG1BCマイルを制することになるオープニングヴァーズであったし、1996年には前年のケンタッキーダービー2着馬テハノランが優勝を飾っている。  1999年には、欧州でG1ロッキンジS連覇を達成した後に北米に移籍してきたソヴィエトラインが優勝。2005年の勝ち馬アーティーシラー、2006年の勝ち馬ミエスクズアプルーヴァル、2007年の勝ち馬キップデヴィルは、いずれも、その年の秋にG1BCマイルを制している。  キップデヴィルは2008年のこのレースも制し、レース史上初の連覇を達成。そして、2013年・2014年とこのレースを制し、2頭目の連覇を達成したワイズダンは、2012年と2013年に2年連続で全米年度代表馬に選出された馬であった。  こうした錚々たる顔ぶれの一角に、アメリカンペイトリオットの名が記されているのである。  アメリカンペイトリオットが勝った2017年のメイカーズ46マイルも、非常に水準の高い顔触れが集まっていた。前年のこのレースの2着馬で、直前のG3カナディアンターフSで8度目の重賞制覇を果して参戦だったハートトゥハート。前年のG1フランクキルローマイル勝ち馬で、連覇を狙った前走のG1フランクキルローマイルは2着だったホワットアビュー。サンタアニタのG2アルケイディアHを2年連続制覇した後、前走G1フランクキルローマイルは3着だったボロなど、全米各地から集ったトップマイラーたちを相手に、前述したような大向こうを唸らせる勝ち方を、アメリカンペイトリオットは見せたのである。  そのメイカーズ46マイルと並ぶ、アメリカンペイトリオットの競走生活におけるもう1つのハイライトが、2016年7月16日にデラウェアダウンズで行われた、G3ケントS (芝9f) であった。このレースにおけるアメリカンペイトリオットは、3~4番手追走から、直線残り150m付近で先頭に立つという競馬を見せて優勝。勝ち時計の1分47秒19は、デラウェアパーク芝9ハロンのトラックレコードであった。  タクティカルなスピードを持っていたアメリカンペイトリオットの血統背景もまた、この新種牡馬が持つ実に魅力的な要素の1つである。  勝ち馬ライフウェルリヴドの2番仔となるアメリカンペイトリオットだが、母の4歳年上の全兄にあたるのが、2008年のG1グッドウッドS (AW9f) や2009年のG1ドバイワールドC (D2000m) を制したウェルアームドだ。このうち、G1ドバイワールドCで2着に退けたのは、その翌年にG1ドバイワールドCを勝つことになるグロリアデカンペオンであったが、同馬に付けた着差はレース史上最大となる14馬身という大差であった。ウェルアームドは更に、2008年にデルマーのG2サンンディエゴHを制しているが、その時の勝ち時計の1分41秒57は、デルマー8.5fのトラックレコードであった。アメリカンペイトリオットが持っていた爆発的スピードの根源のひとつは、叔父にあたるウェルアームドにあることは間違いなさそうである。  アメリカンペイトリオットの母ライフウェルリヴドの、3歳年上の半兄には、G1トラヴァーズSで3着となったヘルシンキもいるから、極めて活気ある牝系であることもまた、間違いのない事実だ。  更に近親には、2002年・2003年と、G1天皇賞秋、G1有馬記念をいずれも連覇し、年度代表馬にも2年連続で選ばれたシンボリクリスエスもいるから、日本適性も既に実証済みのファミリーを、アメリカンペイトリオットは背景に持っているのである。  そして、アメリカンペイトリオットの血統的魅力は、そのサイヤーラインにも見出すことが出来る。


アドマイヤムーン産駒、ストーミーシーが奥多摩Sを制し、オープンに返り咲き

ショートストーリーは福島放送賞に勝利。

アドマイヤムーン産駒が好調な成績を保ち続けている。週末のJRA開催では、ストーミーシーが奥多摩Sに勝利して再びオープン馬の仲間入りを果たし、ショートストーリーは福島放送賞に勝利した。 11月12日(日)、東京競馬場で行われた奥多摩S (3歳上・1600万下・芝1400m)に出走したストーミーシー。パドックで好気配を見せ状態は上向きのストーミーシーは、スタートで後手に回ったものの、道中は中団やや後方の11番手付近でスムーズにレースを運び直線へ。直線では追い出しを我慢して残り400mで外に持ち出すと、自身の武器である末脚をきっちり繰り出し、最後はゴール前2頭の追い比べをクビ差制して勝利。再びオープン馬に帰り咲いた。 ストーミーシーは浦河町・ミルファーム生産。オーナーブリーディングで生まれたストーミーシーは母リーベストラウム、母の父ゼンノエルシドという血統の4歳牡馬。母リーベストラウムは2歳勝ち馬で、JRA3勝の特別勝ち馬。母の2番仔にあたるストーミーシーは2歳時に勝ち上がり、3歳時にはニュージーランドT (G2)で勝ち馬とハナ差の2着の実績がある。 ストーミーシー(2013年生・牡・栗) 父アドマイヤムーン 母リーベストラウム 母父ゼンノエルシド 馬主 (有)ミルファーム 様 美浦 斎藤 誠 厩舎 浦河町 ミルファーム 生産 また、11月11日(土)、福島競馬場で行われた福島放送賞(3歳上・1000万下・ダート1700m)には同じくアドマイヤムーン産駒のショートストーリーが出走し、2着に1馬身と1/2差で勝利している。 ショートストーリー(2013年生・牡・黒鹿) 父アドマイヤムーン 母ライフストーリー 母父Capote 馬主 H.H. シェイク・モハメド 栗東 吉村 圭司 厩舎 日高町 Darley 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、重賞ウィナーのファインニードル、ステークス勝ち馬のワンスインナムーン。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、ムーンクレストが出現。


アメリカンペイトリオット 供用のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社(本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ)は、ウォーフロント(War Front)産駒のG1馬アメリカンペイトリオット(American Patriot)を2018年シーズンより日本で供用することを決定いたしました。 アメリカンペイトリオットは3歳時に、ケントS (G3)をコースレコードで制覇。そして4歳になり本格化を迎えると、キーンランド競馬場の芝1600mを舞台に行われたメーカーズマイルSにおいて、G1勝ち馬のワットアヴュー(What A View)らを破り見事G1制覇を果たしました。 本馬は、半兄にニッカボッカーS (G2) 2着のムクタサー(Muqtaser)、現3歳馬の半妹に2戦無敗のウェルヒューマード(Well Humored)を持ち、母の全兄がドバイワールドカップ(G1)勝ち馬のウェルアームド(Well Armed)という活力ある優秀な牝系の出身です。また、日本で種牡馬として大成功を収めるシンボリクリスエスも同ファミリーに名を連ねます。 アメリカンペイトリオットは、アメリカの成功種牡馬ウォーフロントが送る芝のG1勝ち馬として日本初供用となります。 ハリー・スウィーニィ(代表取締役) 「父のウォーフロントは産駒が世界中で活躍し、偉大なターフサイアーとしての地位を確立しています。その証拠に、産駒は本年だけで芝のG1レース8勝を挙げております。また、アメリカンペイトリオットは自身が素晴らしい馬体の持ち主です。このようなダンジグの孫を日本で供用できることを本当に嬉しく思います。皆様多数のご利用をお待ちしております」 なお、種付料は150万円(出生条件)となります。


モンテロッソ産駒、ハトホルが新馬戦に勝利、トキノパイレーツも新たな勝ち馬となる

今季、初年度産駒がデビューしたモンテロッソ、週末のJRA開催でハトホルが新馬戦に勝利し、トキノパイレーツも新たに勝ち馬となった。 11月5日(日)、東京競馬場で行われた新馬戦(2歳牝馬・芝1400m)でデビューしたハトホル。スタートをポンと出たハトホルは、抜群の行きっぷりを抑えて中団の6、7番手で道中を運ぶ。直線を向いて追い出されると、鋭く反応して末脚を伸ばしたハトホルは、残り200mを切ってからは内との追い比べをゴール前でハナ差制する勝負強さを見せ、デビュー戦に勝利した。 ハトホルは浦河町・中脇満氏生産、母フローズンムーン、母の父アドマイヤムーンという血統の2歳牝馬。母の初子にあたるハトホル、近親には有馬記念(G1) 2回、天皇賞・秋(G1)を2回勝利し、2002年、2003年のJRA年度代表馬に選出されたシンボリクリスエスがいる。 ホトハル(2015年生・めす・鹿) 父モンテロッソ 母フローズンムーン 母の父アドマイヤムーン 馬主 高瀬 真尚 様 美浦 本間 忍 厩舎 浦河町 中脇 満 氏 生産 また、同日の東京競馬場で行われた2歳未勝利(ダート1600m)にはトキノパイレーツが出走、3戦目となったレースで2着に1馬身と1/4差をつけ勝利、新たな勝ち馬となった。 トキノパイレーツ(2015年生・牡・鹿)  父モンテロッソ 母エルサフィール 母の父タヤスツヨシ 馬主 田中 準市 様 美浦 相沢 郁 厩舎 新冠町 川上牧場 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。これまでに33頭のG1馬を送り出した世界を席巻する種牡馬ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。


フリオーソ産駒、フリビオンが西日本ダービーに勝利

近年屈指のダートチャンピオン、フリオーソ。その初年度産駒のフリビオンが西日本ダービーに勝利した。さらに、週末のJRA開催ではタイキフェルヴールが新たに2歳勝ち馬となり、3歳馬テルペリオンが3勝目を上げた。昨年のNARファーストシーズンサイアーランキングで首位となったフリオーソが、各地で勝ち馬を送り出し続けている。 10月22日(日)、佐賀競馬場で行われた西日本ダービー(3歳・ダート2000m)に出走したフリビオン。圧倒的1番人気に支持されたフリビオンは、道中4、5番手でレースを運ぶ。向こう正面でやや置かれ気味となるも、直線では外から一気に差し切る豪快な走りで、2着に2馬身差をつけ勝利した。 フリビオンは新冠町、オリエント牧場生産。母ビオンディーナ、母の父エンドスウィープという血統の3歳牡馬。本馬の祖母アランヴァンナは英国産、91年の伊1000ギニー(G2)など重賞6勝の活躍馬。 フリビオン(2014年生・牡・栗) 父フリオーソ 母ビオンディーナ 母の父エンドスウィープ 馬主 西森 鶴 様 高知 中西 達也 厩舎 新冠町 オリエント牧場 生産 フリオーソは2歳・3歳ダートチャンピオン。 NAR年度代表馬に輝くこと、実に4回。2歳から7歳にかけてG1レース6勝。ステークスホース、バリスコアを筆頭に勝ち馬数におけるリーディングファーストシーズンサイアーに君臨。初年度産駒は既に57頭が勝ち馬となり、2世代目産駒は早くも24頭が勝ち馬となる。供用初年度から5シーズンを経て、各シーズンとも100頭以上の牝馬を集める。現2歳リーディングサイアーランキング(勝ち上がり頭数部門)で2位を記録。


アドマイヤムーン産駒、ハクサンルドルフが甲斐路Sを制してオープン入り

産駒の層が厚く、スピードあふれる走りの活躍馬を次々と送り出しているアドマイヤムーン。今週のJRA開催ではハクサンルドルフが甲斐路Sに勝利しオープン馬となった。 10月22日(日)、東京競馬場で行われた甲斐路S (3歳上・1600万下・芝1800m)に出走したハクサンルドルフ。不良馬場の中、2番人気に推されたハクサンルドルフ。スタート後、中団やや後方で道中を運んだハクサンルドルフは、最終コーナーを回り直線入口で馬場の悪さを嫌うそぶりを見せるも、外に持ち出されると持ち前の鋭い末脚を繰り出して前を急追し、ゴール前では2着に頸差をつけ勝利し、オープン入りを決めた。 ハクサンルドルフは新ひだか町、チャンピオンズファーム生産。母キングスミール、母の父Theatricalという血統の4歳牡馬。本馬の半兄ブルミラコロは室町S (OP)勝ちを含めJRA6勝、同じくエクストラゴールドは特別レース2勝を含めJRAで4勝の活躍馬。 ハクサンルドルフ(2013年生・牡・黒鹿) 父アドマイヤムーン 母キングスミール 母父Theatrical 馬主 河崎 五市 様 栗東 西園 正都 厩舎 新ひだか町 チャンピオンズファーム 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、重賞ウィナーのファインニードル、ステークス勝ち馬のワンスインナムーン。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、ムーンクレストが出現。


パイロ産駒、クインズサターンが人気に応え秋嶺Sに勝利、オープン馬となる

産駒の高い勝ち上がり率が注目のパイロ。今週のJRA開催ではクインズサターンが、人気に応えて秋嶺Sに勝利しオープン入りを決めた。 10月21日(土)、東京競馬場で行われた秋嶺S (3歳上・1600万下・ダート1600m)に出走したクインズサターン。馬場状態不良の中、1番人気に推されたクインズサターンは、ここ数戦で良績を残した後方からの競馬を選択し、道中は内の後方3番手を追走。最終コーナーを回り直線で、一気に内から外に持ちだして追い出したクインズサターンは、パイロの現役時代を髣髴とさせる爆発的な末脚で、前13頭を豪快に差し切り、2着に3馬身差をつけて勝利し、オープン入りを決めた。 クインズサターンは新ひだか町、佐竹学氏生産。母ケイアイベローナ、母の父クロフネという血統の4歳牡馬。本馬の曾祖母シンコウラブリイはマイルチャンピオンS (G1)など重賞6勝、93年の最優秀4歳以上牝馬に選出された名牝。一族からは近年も2016年のフローラS (G2)に勝利し、同年の優駿牝馬(G1) 2着のチェッキーノや、2012年の札幌2歳S (G3)など重賞2勝で朝日杯フューチュリティS (G1) 2着、翌年の皐月賞(G1) 3着のコディーノなどの活躍馬が続々と生まれている。 クインズサターン(2013年生・牡・芦) 父パイロ 母ケイアイベローナ 母の父クロフネ 馬主 クイーンズ・ランチ 様 栗東 野中 賢二 厩舎 新ひだか町 佐竹 学 氏 生産 アメリカのトップ種牡馬、タピット。その父プルピットが送る、トップクラスのG1マイラー。種牡馬となった今、産駒からは自身の資質を受け継ぎ、パワーとバランスを兼ね備えた素質馬が多数出現。初年度世代の勝ち上がり率は驚異の80%を記録。ステークスを制したシゲルカガ、ビービーバーレルを筆頭に、数多くの勝ち馬を世に送り出している。


アドマイヤムーン産駒、ムーンクレストがポートアイランドSを制し、新たなステークスウィナーとなる

アドマイヤムーン産駒から新たなステークスウィナーが誕生した。週末のJRA開催でムーンクレストがポートアイランドS (L)に勝利し、父の産駒として新たなステークスウィナーとなった。 10月1日(日)、阪神競馬場で行われたポートアイランドS (3歳上・L・芝1600m)に出走したムーンクレスト。滑らかにスタートを切ったムーンクレストは積極的なレース運びで2、3番手の好位でレースを運ぶ。4コーナー出口で手応えを保ったまま直線を向いたムーンクレストは、直線では一完歩ごとに前との差を詰めると、2着に1馬身と1/4差をつけ勝利し、父の産駒として新たなステークスウィナーとなった。 ムーンクレストは浦河町・三嶋牧場生産。母ビューティーコンテスト、母の父Singspielという血統の5歳牡馬。本馬の母ビューティーコンテストは愛国1勝。本馬のきょうだいにはJRAで湯川特別に勝利したジャニアリシックス、JRA3勝のフォルテ、ダノンマッキンレーなどがおり、叔母には2010年のクイーンズランドダービー(G1)勝ち馬Dariana、近親にはジュライC (G1)、ナンソープS (G1)、ミドルパークS (G1)などに勝利し種牡馬としても大成したOasis Dreamなどがいる。 ムーンクレスト(2012年生・牡・鹿) 父アドマイヤムーン 母ビューティーコンテスト 母の父Singspiel 馬主 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン様 栗東 本田 優 厩舎 浦河町 三嶋牧場 生産 アドマイヤムーンはG1レース3勝を誇る、JRA年度代表馬。ジャパンカップ(G1)では、不屈の精神で内外の一流馬を撃破。産駒は距離不問の活躍:G1スプリンターのセイウンコウセイ、ハクサンムーン、G1マイラーのレオアクティブ、2000mの強豪アルキメデス。現4歳世代からはG1ウィナーのセイウンコウセイ、重賞ウィナーのファインニードル、ステークス勝ち馬のワンスインナムーン。現5歳世代からはステークス勝ち馬のフミノムーン、ブラックムーン、ムーンクレストが出現。


モンテロッソ産駒、ユイノシンドバッドが新たな2歳勝ち馬に

今季、2歳が待望のデビューを迎えたモンテロッソ、週末のJRA開催ではユイノシンドバッドが勝利し、父の産駒として新たな2歳勝ち馬となった。 9月23日(土)、中山競馬場で行われた2歳未勝利(ダート・1800m)に出走したユイノシンドバッド。3戦目で初のダート戦に出走したユイノシンドバッドは、外枠から滑らかにスタートを切ると道中は抜群の手応えで4、5番手を追走。3コーナーでペースを上げたユイノシンドバットは先頭に並びかけて直線へ。直線ではしっかりした末脚で2着以下を寄せ付けず、残り200m付近で早々に決着をつけたユイノシンドバッドは2着に2馬身差、3着以下を5馬身差以上引き離し勝利した。父の産駒として5頭目の勝ち馬となったユイノシンドバッド、母の父はダンスインザダーク。サンデーサイレンス系繁殖牝馬とモンテロッソとの相性を探る上でも興味深い存在といえる。 ユイノシンドバッドは日高町、下河辺牧場生産。母マドリガルスコア、母の父ダンスインザダークという血統の2歳牡馬。本馬の3代母ロイヤルコスマーは1985年のトパーズS勝ち馬で同年の桜花賞(G1) 2着などがある活躍馬。また、近親のグレイスティアラは2005年の全日本2歳優駿(G1)、兵庫ChS (G2)など重賞3勝を上げている。 ユイノシンドバッド(2015年生・牡・青鹿) 父モンテロッソ 母マドリガルスコア 母の父ダンスインザダーク 馬主 由井 健太郎 様 美浦 竹内 正洋 厩舎 日高町 下河辺牧場 生産 モンテロッソは父系祖父ドバイミレニアムに続き、ドバイワールドカップをレコードで制する偉業を達成。生涯を通じて、G1馬20頭を撃破。父は世界を席巻する種牡馬、ドゥバウィ。その血を導入する貴重な機会を提供。また、サンデーサイレンスの血脈とも理想的なアウトクロスを実現。