ディスクリートキャット

150万円 鹿毛 2003 16.1HH (1.65M)
Forestry – Pretty Discreet (Private Account)
出生条件(産駒誕生後30日以内支払) Standing at Darley Japan

2、3歳時は6戦無敗、同世代のチャンピオン。

シガーマイルH (G1) では他馬に影をも踏ませず、
伝説のイージーゴアに並ぶレコードタイムで走破。

カーターH (G1) 連覇のダッズキャップスを筆頭に、
これまでにG1勝ち馬5頭、80頭以上の
重賞・ステークスホースを送り出す。

本邦産駒は2世代がデビュー、期待通りの活躍。
全日本2歳優駿 (Jpn1)、
兵庫ジュニアグランプリ (Jpn2) 2着の
コンバスチョンは、世代トップクラスに君臨。
さらに、グランデ、ルチェカリーナ、クムシラコ、
プルスウルトラら5頭がブラックタイプホースとなる。

芝・ダートを問わない産駒の活躍で、
評価は年々高まり、来日からの5シーズン
全てにおいて100頭以上の牝馬を集める。

さらに、セールにおける過去の売却率は80%を超え、
平均落札価格は600万円に迫る実績。

確かな成績に裏付けされた、
圧倒的なスピード。
その勢いは、誰にも止められない。

2、3歳時は6戦無敗、
同世代のチャンピオン。

シガーマイルH (G1) では
他馬に影をも踏ませず、
伝説のイージーゴアに並ぶ
レコードタイムで走破。

カーターH (G1) 連覇の
ダッズキャップスを筆頭に、
これまでにG1勝ち馬5頭、80頭以上の
重賞・ステークスホースを送り出す。

本邦産駒は2世代がデビュー、
期待通りの活躍。
全日本2歳優駿 (Jpn1)、
兵庫ジュニアグランプリ (Jpn2) 2着の
コンバスチョンは、
世代トップクラスに君臨。
さらに、グランデ、ルチェカリーナ、
クムシラコ、プルスウルトラら
5頭がブラックタイプホースとなる。

芝・ダートを問わない産駒の活躍で、
評価は年々高まり、来日からの5シーズン
全てにおいて100頭以上の牝馬を集める。

さらに、セールにおける
過去の売却率は80%を超え、
平均落札価格は600万円に迫る実績。

確かな成績に裏付けされた、
圧倒的なスピード。
その勢いは、誰にも止められない。

ニュース

ニュース

ディスクリートキャット産駒、コンバスチョンがヒヤシンスS (L) をレースレコードで勝利!

芝・ダートを問わない産駒の走りで注目を集めているディスクリートキャット。週末のJRA開催では、コンバスチョンがヒヤシンスS (L) に勝利し新たなリステッドウィナーとなった。 2月20日 (日)、東京競馬場で開催された3歳・ダート1600m戦のヒヤシンスS (L) に出走したコンバスチョン。前走の全日本2歳優駿 (Jpn1)、前々走の兵庫ジュニアGP (Jpn2) ともにあと一歩のところで勝利を逃し2着に甘んじた本馬は雪辱を期してこのレースに臨んだ。 コンバスチョンは、スタートを決めると内枠を生かして程なく内の3、4番手の好位につけ危なげなく道中を運ぶ。比較的速いペースで淀みなく流れるレース展開にきっちり対応したコンバスチョンは、ロスのないレース運びで最内の好位につけたまま最終コーナーを回り直線へ。直線に入り残り400mを切り満を持して追い出されたコンバスチョンは、残り200m付近であっさりと前を交わして抜け出す末脚を披露し、ゴール前では外から追い上げてきた2着馬をきっちりとクビ差退けて勝利、リステッドウィナーとなった。勝利タイムの1:35.3はヒヤシンスSが現行の距離となった1997年以降最速を記録した。 念願のリステッドウィナーとなったコンバスチョンの通算成績はこれで5戦3勝2着2回。今回の勝利で今後の展望を大きく広げた本馬。父譲りのスピードを武器にさらなる飛躍が期待されている。 ダーレーの自家生産馬であるコンバスチョンは母スモーダリング、母の父パイロという血統の3歳牡馬。母スモーダリングはJRAで3勝をあげており、本馬のいとこには2020年のJBCレディスクラシック (Jpn1) などに勝利したファッショニスタ、近親には2013年のBCターフ (G1)、愛2000ギニー (G1) などに勝利した種牡馬Magician、2008年の英愛2000ギニーなどG1レース4勝の種牡馬Henrythenavigator、2007年のフィリーズマイル (G1) などに勝利し日本に輸入されたリッスンなどの活躍馬がいる。 コンバスチョン (2019年生・牡・鹿) 父ディスクリートキャット 母スモーダリング 母の父パイロ 馬主 ゴドルフィン

ダーレー種牡馬2022年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社は、2022年シーズンに全10頭の種牡馬をご提供いたします。 パイロは、本年のJBCクラシック (Jpn1) において地方所属馬初制覇という快挙を成し遂げたミューチャリー、みやこS (G3) で重賞初制覇を果たしたメイショウハリオらの活躍で、次世代のダート界を担う種牡馬として存在感を示し、その種付料を300万円に設定いたしました。ドバイワールドC連覇などG1・4勝、今年誕生した初産駒が高い評価を得ているサンダースノー、そして初産駒が来年いよいよデビューを迎える短距離王ファインニードル、その種付料はいずれも250万円です。デルマーで開催されたBCターフの覇者で、壮健な初産駒が来年デビューを迎えるタリスマニックは、180万円。本年デビューした初産駒が順調に勝ち上がり、注目を浴びるアメリカンペイトリオット、芝・ダートを問わない産駒の活躍で益々勢いを増すディスクリートキャット、世界的名門ファミリーから出現した大物スプリンターとして供用初年度から優秀な牝馬を多数集めたタワーオブロンドンは、それぞれ150万円です。エクリプスSを3歳時に制覇、ドバイシーマクラシックでは圧巻の逃げ切り勝ちで世界を震撼させたホークビル、産駒の高い勝ち馬率で年々成績を上げ、ダート界におけるトップスタリオンの仲間入りを果たしたフリオーソが100万円。そして、秀でたスピードを伝え続けるアドマイヤムーンの種付料は、50万円となります。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「産駒が既にデビューしている種牡馬はそれぞれが良績を残し、お陰様で発表前から多くのお問い合わせを頂いております。これらに加え、2022年はファインニードル、タリスマニックと欧州におけるホークビルの初産駒デビューや、タワーオブロンドンの初産駒誕生などを控える重要なシーズンとなります。皆様からのこれまでの強力なサポートに心から感謝申し上げると共に、来シーズンもご期待に添う魅力的な条件とサービスのご提供に努めて参ります。皆様のご利用、そしてご来場を心よりお待ち申し上げます」 =2022年度種牡馬ラインナップ= 種付料 出生条件 <パイロ> 300万円   産駒誕生後30日以内支払  <ファインニードル> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <サンダースノー> 250万円   産駒誕生後30日以内支払 <タリスマニック>


ダーレー種牡馬2020年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2020年シーズンに10頭の種牡馬をご提供いたします。 ドバイワールドカップ連覇という史上初の快挙を成し遂げたサンダースノーは、来シーズンより日本で種牡馬入りすることが決定し、その種付料は250万円となります。3歳時に破竹の6連勝でエクリプスSを制覇、5歳時にはドバイシーマクラシックを逃げ切るなど世界を股にかけ活躍したホークビルは、競走成績のみならずアメリカのチャンピオンターフサイアーとして名を馳せるキトゥンズジョイの後継種牡馬としても貴重であり、その種付料は100万円です。安定した種牡馬成績、セールにおける高い平均取引価格、売却率で関係者からの絶大な支持を得るパイロ、そして、2018年のJRA賞最優秀短距離馬に選出され、本年より種牡馬入りし多くの優秀な繁殖牝馬を集めたファインニードルがそれぞれ250万円。アメリカのブリーダーズカップターフを制し、血統背景や馬体の良さから種牡馬入り初年度から高い評価を得たタリスマニックは180万円です。また、日本での供用開始から3シーズンで450頭もの繁殖牝馬を集め、本邦初年度産駒が2020年にデビューを迎えるディスクリートキャット、本年誕生した初年度産駒が父を彷彿させるパワフルな馬体で、関係者の間で話題となったアメリカンペイトリオットはともに150万円です。スプリントG1を制覇したファインニードルやセイウンコウセイなど大物を毎年送り出し、傑出したスピードを産駒に伝えるアドマイヤムーン、デビュー3世代における産駒のほぼ8割が勝ち上がり、NARにおいて既に10頭以上の重賞勝ち馬を送るフリオーソは100万円となりました。そして、産駒が芝・ダート、距離を問わず活躍し支持を得るモンテロッソは50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「来シーズンは海外からの大物2頭を加えた強力なラインナップとなり、自信をもってご提供いたします。皆様からのこれまでの絶大なサポートに感謝し、引き続き安心してご利用いただけるようなサービスの提供に努めます。多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2020年度種牡馬ラインナップ= NEW<サンダースノー> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払)  <パイロ> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ファインニードル> 種付料:250万円 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <タリスマニック> 種付料:180万円


ディスクリートキャット産駒、オーロリンチェ、新馬戦を快勝

今春から日本での供用となった2006年の3歳ワールドチャンピオン・ディスクリートキャット。週末のJRA開催で産駒のオーロリンチェが将来性あふれる走りをみせ、新馬戦を快勝した。 12月9日(土)、中山競馬場で行われた新馬戦(2歳・ダート・1200m)をデビューに選んだオーロリンチェ。1番人気に推されたオーロリンチェは、抜群のテンのスピードで早々にハナに立つと、道中は自身のペースでレースを運び、最終コーナーを回り直線へ。直線では前2頭の一騎打ちとなったが、オーロリンチェは余裕ある手応えで2着に3/4馬身差をつけ、また、3着以下を大きく引き離して勝利した。 オーロリンチェは米国産、母It'schemistrybaby、母の父Meadowlakeという血統の2牝馬。2016年のキーンランド・セプテンバー・イヤリングセールで購買されたオーロリンチェ。本馬の半兄Majestic Cityは2015年のローンスターパークH (G3)など重賞2勝、ブリーダーズフュチュリティ(G1) 2着、デルマーフュチュリティ(G1) 3着の活躍馬。 オーロリンチェ(2015年生・めす・栗) 父Discreet Cat 母Pretty Discreet 母の父Meadowlake 馬主 岡田 牧雄 様 美浦 高木 登 厩舎 生産者 米国 Trackside Farm & Tenlane Farm 年度代表馬インヴァソールを破り、UAEダービーを6馬身差で圧勝したディスクリートキャット。アケダクトのマイル戦で樹立したコースレコードは、あのイージーゴアに並ぶ快挙。カーターH (G1)を連覇したダッズキャップスを筆頭に、これまでに送り出したG1ホースは6頭、G1勝ち馬3頭。そして、ステークス勝ち馬率は7%を記録。


ダーレー種牡馬2017年度種付料のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社 (本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役:ハリー・スウィーニィ) は、2017年シーズンに6頭の種牡馬をご提供いたします。

来シーズンから日本で供用開始されることになったアメリカの人気種牡馬で、日本でも既に重賞勝ち馬エアハリファを送り出しているディスクリートキャットは150万円に決定いたしました。その他、高い勝ち馬率で成功種牡馬としての地位を確立したパイロが250万円となったのを筆頭に、本邦初年度産駒が本年デビューし、順調に勝ち馬を送り出しているキングズベストが200万円、上級馬を多数送り出し芝のサイアーランキングでトップ10入りを果たしているアドマイヤムーンが150万円、供用開始から3シーズンで300頭以上の牝馬を集め、高評価を得た初年度産駒が来年デビューを迎えるモンテロッソが150万円、そして、今年産駒がデビューを迎えた新種牡馬の中で最も多くの勝ち馬を送り出し、現在地方ファーストシーズンサイアーランキング首位を独走する注目のフリオーソは、今シーズン同様の50万円に設定いたしました。 加治屋 正太郎 (ノミネーション マネージャー) 「これまで供用されてきた5頭は、今や不動の人気を誇るパイロをはじめ、産駒の活躍や血統的背景からますます注目される存在となりました。これらに加え、アメリカの人気種牡馬で、既に日本でも実績を残しているディスクリートキャットを新たに導入したことで、これまで以上に層の厚いラインナップとなりました。発表を前に、多くのお申し込みを頂いておりますことをお礼申し上げます。来シーズンも多数のご利用、そしてご来場を心からお待ちしております」 =2017年度種牡馬ラインナップ= <パイロ> 種付料:250万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <キングズベスト> 種付料:200万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <アドマイヤムーン> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <ディスクリートキャット> 種付料:150万 出生条件 (産駒誕生後30日以内支払) <モンテロッソ>


種牡馬成績

産駒の活躍

レース映像

Watch him go: see him at his best

シガーマイルH (G1)、アケダクト、1600m、2006年11月25日
ジェロームH (G2)、ベルモントパーク、1600m、2006年10月1日
UAEダービー (G2)、ナドアルシバ、1800m、2006年3月25日
Maiden、サラトガ、1200m、2005年8月27日

Watch THEM go: big wins by his offspring

シークレットスパイス
ビホールダーマイルS (G1)、サンタアニタ、1600m、2019年3月30日
ダッズキャップス
カーターH (G1)、アケダクト、1400m、2015年4月4日
ダッズキャップス
カーターH (G1)、アケダクト、1400m、2014年4月5日
シークレットコンパス
シャンデリアS (G1)、サンタアニタ、1700m、2013年9月28日
ディスクリートマーク
デルマーオークス (G1)、デルマー、1800m、2013年8月17日

血統

ディスクリートキャット
DISCREET CAT
鹿毛 2003 165cm

フォレストリー
FORESTRY
鹿毛 1996

ストームキャット
STORM CAT
青鹿毛 1983

STORM BIRD

NORTHERN DANCER

SOUTH OCEAN

TERLINGUA

SECRETARIAT

CRIMSON SAINT

シェアードインテレスト
SHARED INTEREST
鹿毛 1988

PLEASANT COLONY

HIS MAJESTY

SUN COLONY

SURGERY

DR FAGER

BOLD SEQUENCE

プリティディスクリート
PRETTY DISCREET
鹿毛 1992

プライヴェートアカウント
PRIVATE ACCOUNT
鹿毛 1976

DAMASCUS

SWORD DANCER

KERALA

NUMBERED ACCOUNT

BUCKPASSER

INTRIGUING

プリティパースエイシヴ
PRETTY PERSUASIVE
鹿毛 1988

BELIEVE IT

IN REALITY

BREAKFAST BELL

BURY THE HATCHET

TOM ROLFE

CHRISTMAS WISHES

父・母系成績

父:フォレストリー FORESTRY (1996) キングズビショップS (G1)、ドゥワイアS (G2) など。代表産駒:*ディスクリートキャット DISCREET CAT、シャックルフォード SHACKLEFORD、ディプロマットレディ DIPLOMAT LADY、ティートンフォーレスト TETON FOREST、エッチド ETCHED、クイズキッド QUIZ KID、フォーレストデンジャー FOREST DANGER など。

1代母:プリティディスクリート PRETTY DISCREET (Private Account) 米3勝 (6f-10f)、アラバマS (G1)、米メイトロンS (G1) 2着、フリゼットS (G1) 3着、Turnback The Alarm H (L) 3着。11頭の母、出走馬9頭、勝ち馬7頭;

*ディスクリートキャット DISCREET CAT (牡 Forestry) チャンピオン、競走成績参照

ディスクリートリーマイン DISCREETLY MINE (牡 Mineshaft) 米5勝 (6f-8.5f)、キングズビショップS (G1)、リズンスターS (G2)、アムステルダムS (G2)、ジャージーショアS (G3)、米シャンペンS (G1) 2着 [種牡馬]

プリティワイルド PRETTY WILD (牡 Wild Again) 米7勝 (6f-8f)、Frisk Me Now S、Mr Prospector S、米ホープフルS (G1) 2着、米フューチュリティS (G1) 2着、ジェロームH (G2) 3着 [種牡馬]

ディスクリートトレジャー Discreet Treasure (牡 El Prado) 米4勝 (7f-8f)、ウエストチェスターS (G3) 2着、Lord Of The Night S 2着

レディディスクリート Lady Discreet (牝 Boundary) 米入着。産駒;

*コーテサン COURTESAN (牝 *ストリートセンス) 米3勝、Keertana S、Juvenile Filly Turf S、Ladies Marathon S (L) 2着、ジェサミーンS (G3) 3着、ビウィッチS (G3) 3着

チャリー CHARY (牝 Montbrook) 米3勝、Calder Oaks (L)。産駒;

ウォーカーストーカー WALKER STALKER (セン Stroll) 米3勝、Duke City Sprint S、Zia Park Derby (L) 3着

チャリーライド Chary Ride (牝 Excessive Passion) 米1勝、New Mexico Classic Cup Lassie Championship S 3着

レディカーロッタ LADY CARLOTTA (牝 Montbrook) 米1勝。産駒;

ブロードウェイラン BROADWAY RUN (牝 Prospective) 米2勝、Coronation Cup S (L)、License Fee S (L) 2着、Caress S (L) 3着

ディスクリートリーオーサム Discreetly Awesome (牝 Awesome Again) 不出走。産駒;

オーサムマリア AWESOME MARIA (牝 Maria's Mon) 米9勝、オグデンフィップスH (G1)、同3着、米メイトロンS (G2)、シュヴィーH (G2)、ランパートS (G3) 2回、サビンS (G3) 2回、フリゼットS (G1) 2着

プリティバウンダリー Pretty Boundary (牝 Boundary) 米出走。産駒;

コンコーズエッジ CONCORDE'S EDGE (牡 Concorde's Tune) 米4勝、Gilded Time S

バウンドノートブック Bound Notebook (セン Notebook) 米3勝、Eillo S (L) 2着、Vincent A Moscarelli Memorial S (L) 3着

2代母:プリティパースエイシヴ Pretty Persuasive (Believe It) 米出走。勝ち馬2頭の母;

プリティディスクリート PRETTY DISCREET (牝 Private Account) G1勝ち馬、上記参照

3代母:バリーザハチェット Bury The Hatchet (Tom Rolfe) 不出走。勝ち馬7頭の母;

バリーユアビリーフ BURYYOURBELIEF (牝 Believe It) 米3勝、ケンタッキーオークス (G1)、サンタアニタオークス (G1) 2着

写真

競走成績

競走成績

年度 馬齢 出走 1着 2着 3着 4着
2005 2 1 1 - - -
2006 3 5 5 - - -
2007 4 3 - - 2 -
合計   9 6 - 2 -

タイムフォームレーティング 127

2歳時

1着
Maiden、サラトガ、D1200m、2着Superflyとの着差3 1/2馬身。さらに、Ivanovsky、Calculated Risk、Thorn Song、Quahadaに先着。
 

3歳時 3歳ワールドチャンピオン

1着
シガーマイルH (G1)、アケダクト、D1600m、1:32.46のコースレコードタイで走破。2着Badge Of Silverとの着差3 1/4馬身。さらに、Silver Train、Dixie Meister、Sharp Humorに先着。
 
1着
ジェロームH (G2)、ベルモントパーク、D1600m、2着Valid Notebookとの着差10 1/4馬身。さらに、Nar、Quietly Go、Noonmarkに先着。
 
1着
UAEダービー (G2)、ナドアルシバ、D1800m、2着Testimonyとの着差6馬身。さらに、フラムドパシオン、Invasor、Dominguin、Simpatico Bribon、*ガブリン、Where's That Tiger、Kzelevn、Gold For Sale、Well Armed、Jackson、Unificationに先着。
 

4歳時

3着
ヴォスバーグS (G1)、ベルモントパーク、D1200m、Fabulous Strike、Talent Searchに続く3着。Mach Ride、E Z Warrior、Park Avenue Ball、First Defence、Will He Shineに先着。
 
3着
Breeders' Cup Dirt Mile (L)、モンマスパーク、D1600m、Corinthian、Gottcha Goldに続く3着。Wanderin Boy、Lewis Michael、Xchanger、Park Avenue Ball、High Financeに先着。
ディスクリートキャット’s progeny at the races