フリオーソ供用のお知らせ

ダーレー・ジャパン株式会社(本社所在地:北海道沙流郡日高町、代表取締役社長:三嶋健一郎)は、2013年度からフリオーソの供用を開始いたします。

NAR年度代表馬に4度輝くフリオーソが、ストリートセンスキングズベストに続き、ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックスに2013年度より加わることになりました。 

フリオーソは、これまでに帝王賞2回、全日本2歳優駿、ジャパンダートダービーなどG1レースを6勝しています。2歳から7歳までは、毎年NARチャンピオンの称号を獲得、NAR年度代表馬にも4度選出されました。さらに本馬は、地方所属馬としては歴代最高額となる賞金を獲得しています。 

本馬の母系にはG1レース9勝のクラシックホース、トリプティクが名を連ねます。父のブライアンズタイムは、3頭の日本ダービー馬タニノギムレット、ナリタブライアン、サニーブライアンの他、数々のG1を制覇したマヤノトップガンなど多数の活躍馬を送り出しました。ブライアンズタイムズはさらに、種牡馬入りから16シーズンの間に、リーディングトップ3に14回も入るという素晴らしい功績も残しております。 

フリオーソは、12月29日 (土) に大井競馬場にて行われる東京大賞典 (G1) での出走をラストランとして予定しております。  

三嶋 健一郎(代表取締役社長)

「ストリートセンス、キングズベストに続き、フリオーソを来年度から種牡馬入りさせることになりました。フリオーソは、皆様ご存じの通り、地方所属馬としてG1レースを6勝するなど大活躍、数々の称号を獲得し、ダーレーに大きな貢献をもたらしました。本馬の存在は、競走馬としてはもちろんのこと、リーディングサイアーであるブライアンズタイムの後継馬としても貴重で、当然、種牡馬として大きな期待が掛けられます。今後は、その期待に応えられるよう素晴らしい産駒を送り出して欲しいと願っております」

なお、種付け料に関しましては後日発表させて頂きます。

お問い合わせ先: ダーレー・ジャパン株式会社 ノミネーションオフィス 

TEL: 01456-3-1166